倉本聰の新刊情報

プロフィール

1935年東京都に生まれる。東京大学文学部美学科を卒業後、ニッポン放送入社。1963年に脚本家として独立。テレビドラマは『赤ひげ』『勝海舟』(以上、NHK)、『前略おふくろ様』『昨日、悲別で』(以上、日本テレビ)、富良野3部作『北の国から』『優しい時間』『風のガーデン』(以上、フジテレビ)など。2017年放送のテレビ朝日『やすらぎの郷』も大きな話題を呼んだ。映画でも『冬の華』『駅 STATION』等名作の脚本を執筆。『時計 Adieu lHiver』では監督も兼務した。1977年富良野に移住し、役者とライターを養成する「富良野塾」を主宰。26年間に育て上げた卒業生と創作集団「富良野GROUP」を立ち上げ、舞台公演を中心に活動している。また2006年より「NPO法人富良野自然塾」を主宰し、閉鎖されたゴルフ場を元の森に返す自然返還事業と、そのフィールドを使った環境教育プログラム活動を行なう。著書には『見る前に跳んだ 私の履歴書』(日本経済新聞出版社)、『昭和からの遺言』『ヒトに問う』(以上、双葉社)、『聞き書き 倉本聰 ドラマ人生』(北海道新聞社)、『北の人名録』(新潮文庫)などがある。

「2018年 『「北の国から」異聞 黒板五郎 独占インタビュー!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

倉本聰の新刊情報のアイテム一覧

倉本聰の新刊一覧です。発売日順に並んでいます。
2018年12月13日発売予定の『愚者が訊く』や2018年6月7日発売『「北の国から」異聞 黒板五郎 独占インタビュー!』や2018年6月7日発売『「北の国から」異聞 黒板五郎 独占インタビュー!』など倉本聰の全161作品から、発売日が近い順番で作品がチェックできます。

「北の国から」異聞 黒板五郎 独占インタビュー!

9
3.75
倉本聰 2018年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カテゴリは実際に会ったことに基づく話、なのですが、虚実入り乱れる倉本聰センセイのれっきとした創作です。 黒板五郎も齢80を超えました。トイレが近くてイン... もっと読む

もうすぐ絶滅するという煙草について

82
3.30
芥川龍之介 2018年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古今東西42人の作家によるタバコ論。喫煙家でも嫌煙家でもないが禁煙が広まることは歓迎。だがしかし愛煙家の理屈を超えた思考は理解しておくとよい。 もっと読む

愚者が訊く その2

19
3.60
倉本聰 2018年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

20180227 愚者と賢者違いは知識量、同じなのは大切なことは何か知っていること。どんなに知識を持っていても大切な事を理解していない人は愚者にも劣ると思... もっと読む

人生の流儀

23
2.75
萩本欽一 2016年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

281.04 もっと読む

見る前に跳んだ 私の履歴書

16
4.00
倉本聰 2016年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者の歩みがすっきりまとめてある。 もっと読む

昭和からの遺言

33
4.00
倉本聰 2015年12月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「卑怯」といわれるのが、何よりも怖かった 卑怯な振舞は「恥」 しかし戦後、卑怯は死語になりつつある 「卑怯」が世間に蔓延 ITの発達がそれを後押し... もっと読む

富良野風話 日本人として

13
3.00
倉本聰 2015年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

富良野の話はあまり出てきません。 それよりも、3.11のあとのことが辛辣に書かれています。 「人工的スピードに馴れてしまった我々は、何となくせっかちになり... もっと読む
全161アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする