倉橋健一のおすすめランキング

プロフィール

詩人、文芸評論家。昭和9年、京都市生まれ。同人詩誌「山河」「白鯨」を経て、現在、総合文芸誌「イリプスⅡ」主宰。詩集に『区絵日』『暗いエリナ』『藻の未来』『異刻抄』『化身』(地球賞)『唐辛子になった赤ん坊』『現代詩文庫 倉橋健一詩集』など。評論に『抒情の深層』『世阿弥の夢』『詩が円熟するとき――詩的60年代還流』など。

「2020年 『人がたり外伝 大阪人物往来』 で使われていた紹介文から引用しています。」

倉橋健一のおすすめランキングのアイテム一覧

倉橋健一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『いま、漱石以外も面白い 文学作品にみる近代百年の人語り物語り』や『深層の抒情―宮沢賢治と中原中也 (宮沢賢治論叢書 (2))』や『失せる故郷』など倉橋健一の全31作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

全31アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする