倉知淳のおすすめランキング

プロフィール

1962年静岡県生まれ。日本大学藝術学部演劇学科卒業。1994年、『日曜の夜は出たくない』で倉知淳として小説家デビュー。2001年、『壺中の天国』で第1回本格ミステリ大賞(小説部門)受賞。

「2021年 『文庫 豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

倉知淳のおすすめランキングのアイテム一覧

倉知淳のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『星降り山荘の殺人 (講談社文庫)』や『日曜の夜は出たくない (創元推理文庫―現代日本推理小説)』や『新装版 星降り山荘の殺人 (講談社文庫)』など倉知淳の全142作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

星降り山荘の殺人 (講談社文庫)

2117
3.49
倉知淳 1999年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『猫丸先輩』の倉知淳が本格⁉と思いながらも評判高くて期待して読んだ。意外性よりも論理展開に痺れた。そう言えば『猫丸先輩』もまったりの中に論理光ってたなあ。 もっと読む

日曜の夜は出たくない (創元推理文庫―現代日本推理小説)

855
3.44
倉知淳 1998年1月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作者とシリーズ名はずっと前から知っていたけどずっと読む機会がなく、ようやく読みました。 最後まで読んで納得しましたが、猫丸先輩の魅力は伝わってこなかった... もっと読む

新装版 星降り山荘の殺人 (講談社文庫)

806
3.47
倉知淳 2017年7月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

王道のクローズドサークルでの殺人。 雪崩で閉じ込められたコテージ村でおこる殺人に、主人公達が現場検証やアリバイを調べていく。 その過程は確かにフェア。 所... もっと読む

幻獣遁走曲 (創元推理文庫)

566
3.41
倉知淳 2004年4月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

身の回りのちょっとした謎解き。手軽な一冊です。 もっと読む

猫丸先輩の推測 (講談社文庫)

487
3.31
倉知淳 2005年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

猫丸の頭脳に、日常の謎が追い付いていない  推理ではなく、あくまで推測なのですが、だからと言ってすっきりしないという訳ではありません。猫丸の推測は一応説... もっと読む

占い師はお昼寝中 (創元推理文庫)

357
3.29

感想・レビュー

霊感占い所を開業している占い師と、助手を務めるその姪が、依頼人が持ち込む不可思議な出来事を解明する、安楽椅子探偵ものの連作短編集です。 掴み所がなく... もっと読む

不条理な殺人

327
3.09
法月綸太郎 1998年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

父から貰った本。普段短編集を自分で手に取ることはないので、新しく作家さんを知る良い機会になった。『かぐわしい殺人』が一番好き。 もっと読む

豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件

314
3.05
倉知淳 2018年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

変奏曲・ABCの殺人 社内偏愛 薬味と甘味の殺人現場 夜を見る猫 豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件 猫丸先輩の出張 の六編。 一番興味... もっと読む

こめぐら (倉知淳作品集)

307
3.23
倉知淳 2010年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今日フィリピンより帰国。行き帰りの飛行機で2冊の文庫本を読了。普段はなるべく単行本を選んでいるが旅行の際は仕方なく文庫本を選択。家にあった三冊を持って行っ... もっと読む

大密室

290
3.17

感想・レビュー

ハードカバーでの出版が1999年ですからずいぶん前のアンソロになるのですが錚々たる顔ぶれですね。ストーリーも楽しみましたが全員が書いてくださっているエッセ... もっと読む

猫丸先輩の空論 (講談社ノベルス)

290
3.33
倉知淳 2005年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

※2007/4/14のblogより転載 「猫丸先輩の推測」の猫丸先輩が帰ってきた。  飄々とした風貌とは裏腹に、独特の視点から導き出される真相は、空論か... もっと読む

猫丸先輩の推測 (講談社ノベルス)

272
3.39

感想・レビュー

『病気、至急連絡されたし』手を替え品を替え、毎夜届けられる不審な電報、花見の場所取りを命じられた孤独な新入社員を襲う数々の理不尽な試練、商店街起死回生の大... もっと読む

猫丸先輩の空論 (講談社文庫)

264
3.47
倉知淳 2008年9月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

4- 前作『〜推測』の解説(怪説)で加納朋子に、短編タイトルに文字りネタ縛りを課していくことの苦しさを冗談まじりに指摘されていたが、本作ではその本人の作... もっと読む

壷中の天国 (角川文庫)

260
3.40
倉知淳 2003年5月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

架空の田舎の町で連続殺人が起こる。その度、宇宙の意思や電波に関する妄想に取り憑かれた怪文書が犯人より配布される。盆栽好きで近所のクリーニング屋のパートであ... もっと読む

ほうかご探偵隊 (ミステリーランド)

253
3.52
倉知淳 2004年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小学生の頃を思い出してニヤニヤしてしまう。 子供の独自の世界や一途さがどっと蘇るよう。 高時くんのたて笛のパーツが忽然と消えた。 これはこのところ連続で起... もっと読む

なぎなた (倉知淳作品集)

233
3.33
倉知淳 2010年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何が後味悪いのかわからなかった私はそもそも意味がわかっていないのか?嫌なことは特に追求はしないけど拍子抜けしてしまったので。 もっと読む

まほろ市の殺人 春―無節操な死人 (祥伝社文庫)

225
2.93
倉知淳 2002年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「幻想都市の四季」と題して4人の作家が同じ舞台で中編を一編ずつという企画のようです。倉知さんらしい軽さでサクサクっと読み進められます。ただ、ページ数の関係... もっと読む

シュークリーム・パニック (講談社文庫)

223
3.33
倉知淳 2017年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

勝手に長編作品だと思ってましたが、短編集でした。そしてこれは賛否両論の作品だなぁ(;^_^A倉知さんは好きな作家さんですが・・・。なんだか後出しじゃんけん... もっと読む

ほうかご探偵隊 (創元推理文庫)

210
3.63
倉知淳 2017年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小学5年生の4人が追いかける謎。教室に貼り出された絵が一枚だけ無くなる、ニワトリがいなくなる、バカでかいハリボテの貯金箱、縦笛の長い部分だけ無くなる。この... もっと読む
全142アイテム中 1 - 20件を表示

倉知淳に関連する談話室の質問

ツイートする
×