光野桃のおすすめランキング

プロフィール

作家・エッセイスト。東京生まれ。小池一子氏に師事した後、女性誌編集者を経て、イタリア・ミラノに在住。帰国後、執筆活動を始める。1994年のデビュー作『おしゃれの視線』(婦人画報社)がベストセラーに。主な著書に『おしゃれのベーシック』(文春文庫)、『実りの庭』(文藝春秋)、『感じるからだ』(だいわ文庫)、『おしゃれの幸福論』(KADOKAWA)などがある。2008年より五感をひらく時空間をテーマにしたイベント『桃の庭』を主宰。

「2018年 『これからの私をつくる 29の美しいこと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

光野桃のおすすめランキングのアイテム一覧

光野桃のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『おしゃれの視線 (新潮文庫)』や『おしゃれの幸福論』や『実りの庭』など光野桃の全51作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

おしゃれの視線 (新潮文庫)

193
3.54

感想・レビュー

ハンカチ、ストッキング、口紅 おしゃれ 「彼女たちはきっぱりという、 私の肌にはこれが似合う、 私のいいところはここなの、と。 その自信と客... もっと読む

おしゃれの幸福論

176
3.43
光野桃 2013年7月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

年相応って何だ?!とおしゃれに迷った時にまた手に取りたい本。 「自分自身と、自分をとりまくあらゆるものに対し、愛を持って日々を丁寧に歩むこと―それが美意... もっと読む

実りの庭

137
3.51
光野桃 2011年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ファッションジャーナリストでもある著者のエッセイ。 家族のこと、海外生活のこと、介護の果てに見送った母親のこと、遺品整理のこと、巣立った娘のこと…など、... もっと読む

私のスタイルを探して (新潮文庫)

129
3.54

感想・レビュー

自分のスタイルを確立するにはまず自分を知る事というファッションジャーナリストの光野さんのエッセイ。 光野さんがスタイル確立するまでに、色々挑戦しながらも... もっと読む

あなたは欠けた月ではない

106
3.41
光野桃 2011年11月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

欠けることもあれば満ちることもあるのが月。 あなたは欠けた月なのではなく、 ただ、月なのだと素敵なメッセージ。 こんな風に歳を重ねたい。 もっと読む

着ること、生きること (新潮文庫)

101
3.47

感想・レビュー

この本に15年前に出会って、住宅の仕事をしようと思った いまでも、ときどき繰り返し読む わたしの夢がつまった本 着ることは生きること ファッションは人... もっと読む

可愛らしさの匂い (新潮文庫)

99
3.57

感想・レビュー

大人の男、あるいは女の、ふとした瞬間に見せる魅力。 あるいは、老い、衰えが見える瞬間。 ワインの味わい、花の造形の美しさ。 こういったものが、切り取... もっと読む

実りを待つ季節 (新潮文庫)

98
3.65

感想・レビュー

もう二十年近く前の本。 たしかにその頃、書店でもよく見かけた記憶がある。 読む前から、おしゃれ系エッセイ(インスタもブログもない時代、おしゃれで素... もっと読む

おしゃれのベーシック (文春文庫)

96
3.06
光野桃 2009年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

建築とファッションの流行とはリンクしている シルエット重視、鏡の前で自分のシルエットを見つめる、そして正確に記憶する。自分が最も生かしたい部分を確認。歩... もっと読む

おしゃれのベーシック

93
3.53
光野桃 2006年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ブランド学には興味ありません。 もっと読む

森へ行く日

89
3.42
光野桃 2010年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前書きの「人生には森が必要」というタイトルに惹かれて読んでみました。 恥ずかしながら著者のお名前は本書で初めて知りました。 文章からは、若い頃から... もっと読む

妹たちへの贈り物 (集英社文庫)

83
3.62
光野桃 2000年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

すごく面白かった。 線を引いて読み返したいと思ったからいずれ購入したい本だ。 ああ、悩んでいるのは私だけではないんだとわかり、すごく共感を覚え安心した... もっと読む

おしゃれの階段 (新潮文庫)

82
3.63

感想・レビュー

この人のシリーズはよい、がまだまだ子供です。わたしがね。 もっと読む

光野桃コレクション おしゃれの視線・私のスタイルを探して (文春文庫)

81
3.82
光野桃 2009年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館で借りて読み。 10年近く前にどこかで紹介されてたのを読んで、なんとなく読みたい本リストに入れていたのだった。 私自身はあまり女性性を意識し... もっと読む

個人生活―イタリアが教えてくれた美意識 (幻冬舎文庫)

74
3.69

感想・レビュー

友達から借りて読みました。 インテリアはその人そのもの。 ないがしろにすまいと思いました。 最後のパトリス・ジュリアンさんの解説で日本の現実が深く的確に述... もっと読む

白いシャツは、白髪になるまで待って

70
2.40
光野桃 2018年5月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

白シャツ好きとしては、白髪になるまで待てるか!という反発心からこの本を手に取った。 この本を読み終え、タイトルから感じた少しの嫌悪感は正しかった。スッキリ... もっと読む

感じるからだ

66
3.50
光野桃 2009年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近、自分の体から柔らかさ、しなやかさが失われつつあると思ったので、再読。初めに読んだ時は好きなエッセイストの書かれた本だけれど、ふーんというぐらいにしか... もっと読む

スランプ・サーフィン (文春文庫)

65
2.96

感想・レビュー

スランプに入った私もオシャレみたいな人に向いてると思う。 同じファッション系でも、石川三千花のほうが好きだな。あ、ジャンル違うか。 もっと読む

これからの私をつくる 29の美しいこと (講談社の実用BOOK)

63
3.20
光野桃 2018年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

社会のなかではなく、心のなかだけに存在する、あなただけの「平安のサンクチュアリ(聖地)」を持つのです。 それはなんでもいい。音楽でも、誰かの言葉でも、... もっと読む

感じるからだ ~からだと心にみずみずしい感覚を取り戻すレッスン~ (だいわ文庫)

58
3.63
光野桃 2016年4月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

仕事一筋、自分の身体についてはコンプレックスからずっと目を背けてきた筆者。 そんな筆者が自分の身体を真剣に向き合い始めた。 自分の身体を五感全... もっと読む
全51アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×