八幡和郎のおすすめランキング

プロフィール

1951年、滋賀県大津市に生まれる。東京大学法学部を卒業後、通商産業省(現・経済産業省)に入省。北西アジア課長、大臣官房情報管理課長、国土庁長官官房参事官などを歴任。在職中にフランスの国立行政学院(ENA)に留学。現在は徳島文理大学大学院教授を務めるほか、作家、評論家として活躍中。著書は150冊を超え、ベストセラー『江戸三〇〇藩 最後の藩主』(光文社新書)のほか、近著に『365日でわかる世界史』(清談社Publico)、『令和日本史記』(ワニブックス)、『日本人のための日中韓興亡史』(さくら舎)、『歴史の定説100の嘘と誤解 世界と日本の常識に挑む』(扶桑社新書)、『本当は謎がない「古代史」』(SB新書)、『「日本の祭り」はここを見る』(祥伝社新書、共著)、『誤解だらけの韓国史の真実』『誤解だらけの平和国家・日本』『誤解だらけの京都の真実』『誤解だらけの皇位継承の真実』『誤解だらけの沖縄と領土問題』(イースト新書)、『消えた都道府県名の謎』『消えた市区町村名の謎』『消えた江戸300藩の謎 明治維新まで残れなかった「ふるさとの城下町」』『消えた国家の謎』(イースト新書Q)など、日本史、西洋史、東洋史から政治、経済、文化など多方面でリベラル・アーツを重視する斬新な視点で話題となる。

「2021年 『365日でわかる日本史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

八幡和郎のおすすめランキングのアイテム一覧

八幡和郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『江戸三〇〇藩 最後の藩主 (光文社新書)』や『365日でわかる世界史 世界200カ国の歴史を「読む事典」』や『本当は謎がない「古代史」 (SB新書)』など八幡和郎の全277作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

江戸三〇〇藩 最後の藩主 (光文社新書)

202
3.10
八幡和郎 2004年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この作者は、河井継之介が嫌いなのか、作者の主観が酷くて、見苦しい。わざわざ、繰り返す必要はないのでは。 もっと読む

365日でわかる世界史 世界200カ国の歴史を「読む事典」

190
3.83
八幡和郎 2020年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

国ごとに書かれてます。少し読みづらいけど、勉強になる。 もっと読む

本当は謎がない「古代史」 (SB新書)

136
3.21
八幡和郎 2010年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

普通に考えると、古代史に謎などない。謎があるといってるのは、古代史をビジネスにしたがってる連中のしわざ、という本。おもしろかった。 もっと読む

歴代総理の通信簿 間違いだらけの首相選び (PHP新書)

114
3.14
八幡和郎 2006年8月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

明治の内閣制度以前からの歴代首相と首脳を評価する一冊。 まだ評価が確定してない現代を評価したり、明治時代と戦後を一緒に述べることは中々難しいと思うが... もっと読む

日本史が面白くなる「地名」の秘密 (歴史新書)

91
2.83
八幡和郎 2013年11月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ちょっとなぁ。 もっと純粋に「地名」を語って欲しかったんだけど、 所々に、著者の思想が入っていて、イマイチ。 著者の思想をいれこむのは自由ですけ... もっと読む

歴史ドラマが100倍おもしろくなる 江戸300藩 読む辞典 (講談社+α文庫)

89
2.33
八幡和郎 2015年8月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

時代劇、時代小説が100倍楽しめることウケあいの超うんちく話が満載! 明治以来の近代日本には、300年もの徳川幕府の太平が先立ち、日本は300の藩に分か... もっと読む

江戸三〇〇年「普通の武士」はこう生きた―誰も知らないホントの姿 (ベスト新書)

77
2.75
八幡和郎 2005年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

サムライ。 侍は忠実な企業戦士サラリーマンか。 そして、日和見主義もいれば窓際もいて。 武士道について、読むなら新渡戸稲造よりも井原西鶴か。 まあ、確... もっと読む

本当は恐ろしい江戸時代 (SB新書)

77
2.78
八幡和郎 2009年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【目次】(「BOOK」データベースより) はじめに 江戸時代は北朝鮮そっくりの“地上の楽園”だった/第1章 餓死者が続出し、はげ山だらけ/第2章 サドマゾ... もっと読む

江戸300藩 県別うんちく話 (講談社+α文庫)

73
2.59
八幡和郎 2003年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

八幡和郎 著「江戸300藩県別うんちく話」、2003.6発行です。現在47都道府県ですが、地域性といいますか文化や風土のまとまりは、今なお昔の藩のまとまり... もっと読む

愛と欲望のフランス王列伝 (集英社新書)

70
3.44
八幡和郎 2010年12月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

歴代の王それぞれの簡潔な紹介、父母妻子、年表、家系図、とにかくよくまとまったデータが豊富で素晴らしい! もっと読む

世界と日本がわかる 最強の世界史 (扶桑社新書)

70
3.31
八幡和郎 2016年12月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

八幡和郎が書く世界史。 わかりやすいかった反面、特に新規性はなく。 知らなかったエピソードなどはあったが。 もっと読む

江戸三○○藩 バカ殿と名君 うちの殿さまは偉かった? (光文社新書)

69
3.07
八幡和郎 2004年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

気になった何人かの殿様の本を別途読んでみよう。 もっと読む

日本と世界がわかる 最強の日本史 (扶桑社新書)

68
3.15
八幡和郎 2017年3月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古代から現代までまとまった日本史。同時代の世界史ともリンクしている。 もっと読む

戦国大名 県別国盗り物語―我が故郷の武将にもチャンスがあった!? (PHP新書)

66
3.11

感想・レビュー

概説のように、時代区分を簡単に言い切ることは大切だな 県別は土地に根差したのが戦国大名だから大事な話 もっと読む

「領土」の世界史 (祥伝社新書)

61
2.50
八幡和郎 2015年11月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おもしろいが、、、 当然だが、馴染みのないカタカナが多く(笑)、 その辺が、取っ付きにくかった。 もっと読む

武士語でござる

60
3.19
八幡和郎 2008年5月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

■ 1562. 〈読破期間〉 2015/4/27~2015/4/30 もっと読む

本当は誤解だらけの「日本近現代史」 世界から賞賛される栄光の時代 (SB新書)

58
2.82
八幡和郎 2013年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

若槻礼次郎の東大の成績は現在でも破られていない。といった著名人の小ネタも多々あり、皮肉も程よく雑学的に楽しめる内容になっている。 全く期待していなかった... もっと読む

新書688世界の王室うんちく大全 (平凡社新書)

58
3.00
八幡和郎 2013年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たしかにうんちく大全。ヨーロッパの王室間の関係が分かればなぁ〜と思ったのが、なんせ名前が同じだったり変名したり…なかなか難しいですね。 もっと読む

世界の国名地名うんちく大全 (平凡社新書)

54
2.81
八幡和郎 2010年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あの国名の由来は意外なもの? その現地の国名の由来と、日本での呼ばれ方にも言及。確かになぜ、と思うものも。現地での呼ばれ方と国際的に異なるものはとも... もっと読む

本当は間違いばかりの「戦国史の常識」 (SB新書)

53
2.95
八幡和郎 2012年4月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

八幡史観による戦国編。 氏の中では秀吉が一番評価が高いように見受けられる。 もっと読む
全277アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×