内田洋子のおすすめランキング

プロフィール

1959年神戸市生まれ。東京外国語大学イタリア語学科卒業。株式会社ウーノアソシエイツ代表。主にヨーロッパの報道機関、記者、カメラマンをネットワーク化して、ニュース・写真を配信。2011年『ジーノの家 イタリア10景』(文藝春秋)で日本エッセイスト・クラブ賞と講談社エッセイ賞を同時受賞。また2019年日伊両国に関する報道の業績を評価され「ウンベルト・アニェッリ記念 ジャーナリスト賞」、2020年イタリア版の本屋大賞・第68回露天商賞(Premio Bancarella)の授賞式にて、「金の籠賞(GERLA DORO)」を受賞。近著に『サルデーニャの蜜蜂』(小学館)がある。

「2021年 『クジオのさかな会計士』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田洋子のおすすめランキングのアイテム一覧

内田洋子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語』や『パパの電話を待ちながら (講談社文庫)』や『ジーノの家 (文春文庫)』など内田洋子の全59作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語

747
3.99
内田洋子 2018年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イタリア在住の筆者は、ヴェネツィアの居心地の良い古書店で、店主がもともと本の行商人だったと聞き、興味を持つ。根を辿ると、トスカーナ州のモンテレッジォという... もっと読む

パパの電話を待ちながら (講談社文庫)

671
3.62

感想・レビュー

週6日家を空けるセールスパーソンのビアンキさんが、幼い娘からの要望で、毎晩娘の就寝前に電話でお話をひとつする、という設定。そしてそのお話56編が収められた... もっと読む

ジーノの家 (文春文庫)

425
4.20
内田洋子 2013年3月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イタリア在住の内田洋子さんがイタリア生活を綴るエッセイ。 でもエッセイという括りでいいのか悩ましい。 確かに内田さんがイタリアで出会った人々の話という意味... もっと読む

ミラノの太陽、シチリアの月 (小学館文庫)

273
4.33
内田洋子 2015年10月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内田洋子さんの本は、「ジーノの家」に続いて2冊目。前作に負けず劣らず、とても楽しい読書ができた。 エッセイとなっているが、短編小説のよう。というか、エッセ... もっと読む

イタリア人の働き方 (光文社新書)

247
3.34
内田洋子 2004年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本に感化されて活動を始めたという人たちに 出会って購入した一冊。 労働人口のほとんどが事業主という国民全員が社長と言えるような国の 人々にとって... もっと読む

ミラノの太陽、シチリアの月

222
4.14
内田洋子 2012年10月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『カーブに気を取られていると、うっかり植木店を通り越してしまう。道幅は狭く脇道も少ないので、簡単には引き戻せない。臍をかむ思いで、曲がりくねる街道をそのま... もっと読む

パパの電話を待ちながら

192
3.47

感想・レビュー

ジャンニ・ロダーリは、イタリアでは有名な児童文学者ということですが、私はこの作品で初めて知りました。 ビアンキさんが、毎日9時に電話で娘に語るお話しとい... もっと読む

緑の髪のパオリーノ (講談社文庫)

173
3.38

感想・レビュー

イタリアの児童文学の巨匠のショートショート ページ数はあとがき含めて200ページ! いつでも気軽に読めるぐらいの長さ! 表題作の『緑の髪のパオリーノ』... もっと読む

対岸のヴェネツィア

158
3.63
内田洋子 2017年11月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヴェネツィアでも、ジュデッカ島に住むというのはなかなかの事。 住んでみて初めてわかる事が沢山。日常の何気ない出来事がサラリと書かれているのが素敵! もっと読む

ジーノの家―イタリア10景

155
4.25
内田洋子 2011年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内田さんの豊富な表現力で、イタリアの風景、人々が活き活き描かれる。ドラマ仕立ての様な日常を、柔軟に、しかし、しぶとく生きる内田さんの姿が見えるよう。 もっと読む

カテリーナの旅支度 イタリア 二十の追想

136
3.91
内田洋子 2013年10月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内田洋子さんが綴ったものをはじめて読む。しんと静かで、ゆっくり心穏やかにページをめくった。どんよりとした曇りの日が似合うなと思う。ここ数日で一気に冷え込ん... もっと読む

皿の中に、イタリア (講談社文庫)

129
3.97
内田洋子 2016年10月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文字だけなのにヨダレが出そうな文脈。 この本で改めて感じたのは 食事には5W1Hはかなり重要。 かなり、重要。 もっと読む

サルデーニャの蜜蜂

127
3.79
内田洋子 2020年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どなたかが、内田洋子さんの文章は上質な映画を観るようと表現していたのがよくわかる。 この本も、柔らかく優しい風のよう。 イタリアというとパスタとピザと伊... もっと読む

十二章のイタリア

122
3.55
内田洋子 2017年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イタリア生活のレジェンドともいえる彼女の特に思い出深い人々とのエピソードを綴る短編集。楽しみながら…もあるのではないかとは思いますが苦労されてきた... もっと読む

イタリアのしっぽ

121
3.90
内田洋子 2015年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2021年1月11日読了 もっと読む

イタリアの引き出し (朝日文庫)

101
3.93
内田洋子 2020年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イタリアの生活の中での穏やかな日常を語るエッセイ、60編。 単行本では写真が掲載されたそうですが、文庫版は無し。寂しい。 1~5ページの短いエッセイに... もっと読む

十二章のイタリア (創元ライブラリ)

99
4.22
内田洋子 2021年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内田洋子さんの本をはじめて読んだのは昨年の7月なので、ちょうど1年が経っている。このブグログでの感想を読んで面白そうだと思ったことが読み始めるきっかけだっ... もっと読む

皿の中に、イタリア

98
4.08
内田洋子 2014年2月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カラブリア島出身の魚屋三兄弟との出会いから始まり、料理を軸に広がっていく様々な人とのエピソード。 きれいな文章で読みやすく、読んでいるだけで温かくなる本。 もっと読む

カテリーナの旅支度 イタリア 二十の追想 (集英社文庫)

98
4.05
内田洋子 2016年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イタリアが大好きなので一度は内田洋子さんの本を読みたいと前々から思っていた イタリアがギュッと詰まった20篇のエッセイ(後ほど訂正を入れますが、とりあ... もっと読む
全59アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×