内田洋子のおすすめランキング

プロフィール

内田洋子(うちだ ようこ)
1959年、神戸市生まれのジャーナリスト。東京外国語大学イタリア語学科卒業。通信社ウーノ・アソシエイツ代表。
2011年『ジーノの家 イタリア10景』で日本エッセイスト・クラブ賞、講談社エッセイ賞をダブル受賞。近刊に『対岸のヴェネツィア』(集英社)がある。

内田洋子のおすすめランキングのアイテム一覧

内田洋子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ジーノの家―イタリア10景 (文春文庫)』や『モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語』や『イタリア人の働き方 (光文社新書)』など内田洋子の全39作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ジーノの家―イタリア10景 (文春文庫)

236
4.23
内田洋子 2013年3月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

30年以上イタリアで生きる女性が出会った、イタリア人の様々な人間模様。あとがきに書かれていたのは、今まで読んだどの本よりもやさしくて強い言葉だった。以下に... もっと読む

モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語

203
4.12
内田洋子 2018年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヴェネツィアの古書店主が「行ってみることですね」と言った モンテレッジォという場所。人口30人の過疎の村。 そこは本の行商人たちの原点の地。 遥かな... もっと読む

イタリア人の働き方 (光文社新書)

199
3.34
内田洋子 2004年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本に感化されて活動を始めたという人たちに 出会って購入した一冊。 労働人口のほとんどが事業主という国民全員が社長と言えるような国の 人々にとって... もっと読む

ミラノの太陽、シチリアの月

186
4.10
内田洋子 2012年10月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『カーブに気を取られていると、うっかり植木店を通り越してしまう。道幅は狭く脇道も少ないので、簡単には引き戻せない。臍をかむ思いで、曲がりくねる街道をそのま... もっと読む

ジーノの家―イタリア10景

134
4.28
内田洋子 2011年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内田さんの豊富な表現力で、イタリアの風景、人々が活き活き描かれる。ドラマ仕立ての様な日常を、柔軟に、しかし、しぶとく生きる内田さんの姿が見えるよう。 もっと読む

ミラノの太陽、シチリアの月 (小学館文庫)

118
4.38
内田洋子 2015年10月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どれも、半端なくドラマチックなエッセイ。最高です。 もっと読む

カテリーナの旅支度 イタリア二十の追想

116
4.03
内田洋子 2013年10月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内田洋子さんが綴ったものをはじめて読む。しんと静かで、ゆっくり心穏やかにページをめくった。どんよりとした曇りの日が似合うなと思う。ここ数日で一気に冷え込ん... もっと読む

イタリアのしっぽ

93
3.81
内田洋子 2015年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

相変わらずぴりっと辛い話が多くて良かった。動物関連の話と言いつつそこまで関係のない話が多かったのは、人間も動物だからか。犬の飼い主同士のつながりって強いな... もっと読む

対岸のヴェネツィア

86
3.60
内田洋子 2017年11月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヴェネツィア、35年ぶりに行ってみたくなった。 もっと読む

皿の中に、イタリア

78
4.00
内田洋子 2014年2月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館で。 友人が面白いよ、というのでリクエストして借りたのですがハードカバーだった… 通勤のお供にはちょっと重たかった。 そう言えばイタリアとか... もっと読む

トマトとイタリア人 (文春新書)

69
3.26
内田洋子 2003年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

トマトにまつわる雑学。イタリアでのトマトの歴史はさほど古くないというのは驚き。 イタリアの田舎では自家製トマトソースを大量に作り、保存して食べるそうだ。... もっと読む

イタリアの引き出し (FIGARO BOOKS)

68
3.10
内田洋子 2013年5月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一つ一つの話は短いけど、写真が掲載されているのが嬉しい。特に食べ物が良い。文庫にする時はどうするんだろう。ヴァレリアの話が特に好きだった。 もっと読む

三面記事で読むイタリア (光文社新書)

66
3.48
内田洋子 2002年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

10/11/30 イタリアの様子はわかるが、期待した面白さはなかっ      た。 もっと読む

どうしようもないのに、好き イタリア 15の恋愛物語

66
3.41
内田洋子 2014年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

恋愛を軸にしたエッセイだけれど、ベタベタ甘々の話ではなく切ない物語が多かった。 でも決して喉が乾くような感じではなくなんとなく心がしっとりする感じ。 人間... もっと読む

皿の中に、イタリア (講談社文庫)

59
4.18
内田洋子 2016年10月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

みんなの感想にあるようにお腹がすいてくる一冊、味付けはオリーブオイルにニンニクに塩コショウ、パンとチーズ、そしてワインも欲しくなります。 本の食事を日々... もっと読む

十二章のイタリア

59
3.71
内田洋子 2017年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

必要な情報だけを見つけ切り取り、商人たちは物資以外のそれらを運んだ。 〈(村には)濃厚な人間関係があるのかもしれない〉 本屋はなくても、情報は口から口へと... もっと読む

イタリアからイタリアへ

57
3.63
内田洋子 2016年2月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018年9月18日読了 もっと読む

ボローニャの吐息

56
3.25
内田洋子 2017年2月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

雰囲気を味わうべき本なのだろうと思う。 備忘メモ@ミラノの髭「横から見て、上から見て、下からも見る。見えないところも想像し、触れ合ったときに鳴る音を... もっと読む

カテリーナの旅支度 イタリア 二十の追想 (集英社文庫)

47
4.20
内田洋子 2016年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 須賀敦子を思わせる、イタリアでの日々を綴ったエッセイ。イタリアの一癖ある友人たちとの日々がとても魅力的だ。日本とは違う、イタリアの生活が鮮やかに描かれる... もっと読む
全39アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする