内田百けんのおすすめランキング

内田百けんのおすすめランキングのアイテム一覧

内田百けんのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ノラや (中公文庫)』や『百鬼園随筆 (新潮文庫)』や『第一阿房列車 (新潮文庫)』など内田百けんの全187作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ノラや (中公文庫)

1562
3.83
内田百けん 1997年1月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

百閒はふとした縁から野良猫「ノラ」を世話をするようになる。老夫婦を癒し、心の拠りどころにもなっていたノラは、ある日突然姿を見せなくなる。ノラを懸命に探し数... もっと読む

百鬼園随筆 (新潮文庫)

1328
3.70
内田百けん 2002年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんというか、金策に走る話までもなんだかのんきな感じがして、くすっとしてしまった。 新聞の広告を見て高利貸しの家を訪ねていく話が特におかしい。 大真面目な... もっと読む

第一阿房列車 (新潮文庫)

1175
3.81
内田百けん 2003年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分がなんにもしないのに、その自分が大変な速さで走って行くから、汽車は文明の利器である。 もっと読む

御馳走帖 (中公文庫)

853
3.77
内田百けん 1996年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

百けん先生の食べものエッセイ。贅沢なものを食べるのではなく、戦前・戦中・戦後を通して食べる娯しみ、食べさせる愉しみを綴った一冊。現代日本では失われて久しい... もっと読む

冥途・旅順入城式 (岩波文庫)

739
3.83
内田百けん 1990年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

冥途:1921年(大正10年)。 じわりと滲み出る不穏な気配。風景がひび割れて、そこから得体の知れないものが漏れ出して、足元からひたひた浸されてゆく感じ... もっと読む

アンソロジー おやつ

726
3.42
阿川佐和子 2014年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おやつの記憶って幸せ感を伴っているものが多い、ような気がする。 このおやつについてのアンソロジーも文章の向こうに嬉しい顔が見えそうなものが多く、読んでい... もっと読む

アンソロジー お弁当。

643
3.52
武田百合子 2013年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ここ数年、テレビや新聞で食育の大切さを説くニュースや記事を目にする機会が多い。 そのたびに、「なんでぇ、子育てってのは両親揃ってするもんだろ。母の手作り... もっと読む

内田百けん (ちくま日本文学 1)

524
3.68
内田百けん 2007年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

百閒を堪能!幻想的な『山高帽子』『東京日記』『件』『波止場』『冥途』等が好み。『餓鬼道肴〜』『無恒債者〜』は後年の『阿房列車』『ノラや〜』につながる自らを... もっと読む

ノラや―内田百けん集成〈9〉 ちくま文庫

496
3.87
内田百けん 2003年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

猫虐待をする著者が、なぜか愛情を傾ける羽目になった猫に固執するさまがおかしい。猫の喪失に嘆く姿は、転化された過剰な自己愛に他ならない。 もっと読む

冥途―内田百けん集成〈3〉 ちくま文庫

474
3.77
内田百けん 2002年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夢を見ているような、薄暗く少し怖い荒唐無稽な短編集。 文章がそれほど読みやすいというわけでもないが、夢で見る風景を描写させたらこの人にまさる人はいないの... もっと読む

サラサーテの盤―内田百けん集成〈4〉 (ちくま文庫)

469
3.92
内田百けん 2003年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題作は鈴木清順の映画『ツィゴイネルワイゼン』の原作にもなった短編小説。映画を先に観ているので、どうしても中砂さんの顔が原田芳雄で浮かんでしまいます(苦笑... もっと読む

東京日記 他六篇 (岩波文庫)

458
3.66
内田百けん 1992年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

百閒先生の描き出す、得体の知れなさが好きです。 表題作「東京日記」の、現実にある場所を舞台にしているのに、ひゅっと異界に引き込まれている感じ。 そして... もっと読む

阿房列車―内田百けん集成〈1〉 ちくま文庫

440
3.84
内田百けん 2002年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

目的地に用事がない旅のお話。 そこに行くまでに乗る列車、汽車が目的。 その方面にはあまり興味がないので、列車の説明はさらりと読み飛ばしてしまった。 注目し... もっと読む

第二阿房列車 (新潮文庫)

403
3.84
内田百けん 2003年10月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第一阿房列車に続き第二阿房列車。雨男のヒマラヤ山系君と用事のない鉄道旅をするのは変わらず。自分が旅行する時に、宿などで「もう今日は何もする必要はないなぁ…... もっと読む

つやつや、ごはん (おいしい文藝)

360
3.13
出久根達郎 2014年9月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人は同情する事が大好きだから 嘘を言って騙せば 簡単に<むすび>がもらえる。 嘘の話に うんうんと頷き 「さぞや大変だったろう。」 「これ... もっと読む

第三阿房列車 (新潮文庫)

338
3.86
内田百けん 2004年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

相変わらず、「用事はないが、列車に乗る」先生。 相棒・ヒマラヤ山系くんとのとぼけた掛け合いも良い。 個人的には、八代を贔屓にしてくれるのが嬉しい。 もっと読む

アンソロジー ビール

322
3.32
東海林さだお 2014年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

明治生まれの文豪や料理研究家、平成の今をときめく人気小説家まで、41名の手になる、ビールにまつわるエッセイ集。 書き手も様々なら、内容も様々。 うまいビ... もっと読む

ぷくぷく、お肉 (おいしい文藝)

303
3.09
阿川佐和子 2014年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元気のない時、弱っている時、そんな時はお肉だー! ……と言いたいけれど、実はあまりお肉=牛肉が得意ではない。豚は牛より食べられる。鶏は大好物。 この本... もっと読む

贋作吾輩は猫である―内田百けん集成〈8〉 ちくま文庫

247
3.76
内田百けん 2003年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『贋作我輩は猫である』はおもしろい。 夏目漱石の『我輩は猫である』は語り手の名無し猫がビール飲んで酔っ払い、甕に落ちて死に一巻の終わりになるのだが、... もっと読む
全187アイテム中 1 - 20件を表示

内田百けんに関連する談話室の質問

ツイートする
×