内館牧子のおすすめランキング

プロフィール

内館牧子(うちだて・まきこ)●1948年秋田市生まれ、東京育ち。武蔵野美術大学卒業後、13年半のOL生活を経て、1988年脚本家としてデビュー。テレビドラマの脚本は「ひらり」(1993年第1回橋田壽賀子賞)、「毛利元就」(1997年NHK大河ドラマ)、「小さな神たちの祭り」(2021年アジアテレビジョンアワード最優秀作品賞)など多数。小説家、エッセイストとしても活躍。2000年より10年間、女性初の日本相撲協会の横綱審議委員を務める。2003年、大相撲研究のために東北大学大学院に入学、2006年3月修了。著書に『終わった人』『すぐ死ぬんだから』『今度生まれたら』(すべて講談社)、『小さな神たちの祭り』(潮出版社)、『男の不作法』『女の不作法』(共に幻冬舎)、『消えた歌の風景PART1』(清流出版)など。

「2022年 『消えた歌の風景 PART2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内館牧子のおすすめランキングのアイテム一覧

内館牧子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『終わった人 (講談社文庫)』や『終わった人』や『すぐ死ぬんだから』など内館牧子の全293作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

終わった人 (講談社文庫)

1543
3.79
内館牧子 2018年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1.著者の内館牧子さんは、三菱重工で、約13年間社内報の編集を担当していました。妥協を嫌い、自分流を通しながらも、上司からも同僚からも可愛がられ慕われてい... もっと読む

終わった人

1448
3.71
内館牧子 2015年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

定年後時間を持て余し弱気になっていく自分の父の気持ちを理解する手助けになるのではと読んでみた。 女性の作家さんだけど、この年代の男性の心理がリアルに... もっと読む

すぐ死ぬんだから

1424
3.70
内館牧子 2018年8月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1.著者;内館さんは、三菱重工で、社内報の編集を約13年間担当。妥協を嫌い、自分流を通しながらも、上司や同僚に可愛がられ、慕われていたそうです。氏は、脚本... もっと読む

十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞 (幻冬舎文庫)

810
4.23
内館牧子 2014年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お腹の底から叫びたいくらい面白かったです! それだけでなく胸に熱いものが込み上げてくる、喪失から再生への物語でもありました。 『源氏物語』に興味の... もっと読む

アンソロジー おやつ

799
3.41
阿川佐和子 2014年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おやつの記憶って幸せ感を伴っているものが多い、ような気がする。 このおやつについてのアンソロジーも文章の向こうに嬉しい顔が見えそうなものが多く、読んでい... もっと読む

今度生まれたら

769
3.60
内館牧子 2020年12月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

痛快!! 私はまだ(41)のオバハンだけど、佐川夏江さん(70)と同じ悩みというかモヤモヤしたものを抱えているので、やたら共感してしまった。 いろいろ... もっと読む

アンソロジー カレーライス!!

611
3.41
阿川佐和子 2013年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カレーライスに纏わるエッセイを集めたアンソロジー。 寺山修司・小津安二郎などの大御所から、よしもとばなな・林真理子などの流行作家まで、バラエティに富んだ文... もっと読む

十二単衣を着た悪魔

599
4.00
内館牧子 2012年5月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公の雷(らい)が源氏物語の世界にスリップする。雷は源氏物語のあらすじ本を持っていたことから、未来がなんでも見える!と光源氏の兄・一宮とその母・弘徽殿女... もっと読む

すぐ死ぬんだから (講談社文庫)

360
3.70
内館牧子 2021年8月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者のことは、ワイドショーなどで見て、知っていましたが、正直、あまりいい印象はありませんでした。 今回、初めて著者の本を読んだら、めちゃくちゃ面白かったで... もっと読む

カネを積まれても使いたくない日本語 (朝日新書)

338
3.42
内館牧子 2013年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読後、テレビ番組の見方が変わりました。 「使いたくない日本語」本当に溢れてますね。 もっと読む

ぷくぷく、お肉 (おいしい文藝)

325
3.10
阿川佐和子 2014年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元気のない時、弱っている時、そんな時はお肉だー! ……と言いたいけれど、実はあまりお肉=牛肉が得意ではない。豚は牛より食べられる。鶏は大好物。 この本... もっと読む

ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)

302
3.19
椎名誠 2014年6月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「メンクイ」です。 といっても「麺食い」のほう。 だけどラーメンは苦手……。中華そば系はだいじょうぶ。インスタントは袋もカップもあまり食べないけど大好... もっと読む

夢を叶える夢を見た (幻冬舎文庫)

226
3.76
内館牧子 2005年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夢について語られるノンフィクション。インタビューを通して、それぞれの人生を切り取り、カテゴリー分けしている構成が面白い。どの生き方をとっても、自分の人生を... もっと読む

女の不作法 (幻冬舎新書)

186
3.10
内館牧子 2018年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

冒頭から数ページで、こんな視点で見ているかと思うと、あまり気分良くはありませんでした。 特に、飲食に関する不作法は結構あったと思います。何だか最終的にうん... もっと読む

エイジハラスメント

159
3.11

感想・レビュー

義理の妹がキツ過ぎる。 若い内はそれだけでチヤホヤされるけれど、歳を取って美貌が武器にならなくなると 何もない人は何も残らなくなってしまう。 蜜はまだ34... もっと読む

終わった人 (講談社文庫)

155
3.76
内館牧子 電子書籍 2018年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近読んだ中で、6月の中では一番面白かった話!かなり引き込まれてもっと読み勧めたくなった。 ちょっとこの主人公のだめおじさん感というか、仕事をしだすとい... もっと読む

エイジハラスメント (幻冬舎文庫)

150
3.33
内館牧子 2015年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

会社の同僚に借りて読みました。 ザ・内館作品という感じがして、面白いです。 男性こそ読んだ方が良いかなと思いました。 もっと読む

男の不作法 (幻冬舎新書)

150
3.22
内館牧子 2018年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

身が引き締まるおもいが、しました。 目次は以下 上に弱く下に強い 真面目をバカにする 時間を守らない 過剰に自慢話をする 間接的に自慢する ジジバカを... もっと読む

小さな神たちの祭り

130
3.37
内館牧子 2021年3月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今現在も震災の傷が癒えないまま過ごしている人がたくさんいるだろう。 この物語は、いちご農家を継ぐ気は無く東京の大学に進学することになった長男…。 アパー... もっと読む

週末婚 (幻冬舎文庫)

83
3.29

感想・レビュー

キャッチーだけどそこまで奥行きがない。 もっと読む
全293アイテム中 1 - 20件を表示

内館牧子に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×