円地文子のおすすめランキング

円地文子のおすすめランキングのアイテム一覧

円地文子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『女坂 (新潮文庫)』や『かぐやひめ (復刊・日本の名作絵本2)』や『食卓のない家 (新潮文庫)』など円地文子の全339作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

女坂 (新潮文庫)

186
3.98
円地文子 1961年4月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

去年読んだ中でベスト3に入るかなという小説。円地文子初読みであったが予想以上に素晴らしい小説だった。 倫を中心として、その夫や息子、嫁、夫の妾など様... もっと読む

かぐやひめ (復刊・日本の名作絵本2)

65
3.83
円地文子 2002年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小学1年の娘が学校で「童話」を読む宿題が出たといい、その中に入っていた一冊。リストの中の本を図書館で数冊借りて、読んであげる。その他、ブレーメンの音楽隊、... もっと読む

食卓のない家 (新潮文庫)

59
3.27
円地文子 1982年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

連赤事件テーマ もっと読む

(010)季 (百年文庫)

51
3.47
円地文子 2010年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古今東西の名短篇を漢字一文字で編んだアンソロジー、今回は初めて収録の三篇全て日本人作家のものを選んでみた。 「白梅の女」 以前から読んでみたいと思って... もっと読む

なまみこ物語・源氏物語私見 (講談社文芸文庫)

49
3.62
円地文子 2004年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 ドナルド・キーン氏の自伝に出てきたものである。タイトルの「なまみこ」という音にとても新鮮な、そして不思議な響きを感じた。「なまみこ」とはいったい何であろ... もっと読む

古典夜話: けり子とかも子の対談集 (新潮文庫)

49
3.64
円地文子 2013年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

けり子とかも子こと、円地文子さんと白州正子さん。 この二人が縦横無尽に古典作品について語った対談集。 話題はもちろん伊勢や源氏といった古典文学、能... もっと読む

なまみこ物語 (新潮文庫 え 2-6)

47
4.08
円地文子 1972年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一条天皇に愛された中宮詮子の一生が描かれていて、女性としての幸福をいろいろ考えさせられます。 もっと読む

妖・花食い姥 (講談社文芸文庫)

36
3.00
円地文子 1997年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

老いるということ。老いてもなお消えない性というもの。それが渾然一体となって創り出す一種のファンタジー。そんな作品ばかりの重たい短篇集。この本に収録されてい... もっと読む

食卓のない家 (戦後ニッポンを読む)

26
3.50
円地文子 1997年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

成人に達した我が子が犯罪を犯したとき親はどう対処するのか、というのがテーマになっている小説でした。 ずばり、タイトルどおりに、一つの家庭が息子の犯した事... もっと読む

源氏物語 1 円地文子の (わたしの古典シリーズ) (集英社文庫)

24
3.73
円地文子 1996年1月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『源氏物語』の現代語訳をおこなった円地文子氏が、若い人に向けて改めて『源氏』のストーリーを語りなおした本。 原作から当時の儀式・行事・宴などの情景描... もっと読む

ちいさこべ・山月記 (少年少女日本文学館17)

23
3.50
山本周五郎 1986年11月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「山月記」が読みたくて借りた、児童書。 さすが、児童書、難しそうな語句にほとんど意味が付いてるので読みやすい。 反面、知ってる言葉にも意味が付いてるの... もっと読む

源氏物語 2 円地文子の (わたしの古典シリーズ) (集英社文庫)

18
3.75
円地文子 1996年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第2巻は、「絵合」から「幻」まで、栄華の絶頂を迎えた源氏と、その愛を一身に受ける紫上が、女三の宮の降嫁と柏木の密通という運命に翻弄される晩年の物語が収録し... もっと読む

源氏物語―光源氏と女たちの王朝絵巻 (ビジュアル版日本の古典に親しむ (1))

18
3.60
円地文子 2005年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【状態】 展示中 【内容紹介】 このシリーズでは、『源氏物語』の円地文子先生、『百人一首』の大岡信先生など、豪華執筆陣の原稿をあますところなく収録してい... もっと読む

千姫春秋記 (角川文庫 緑 201-8)

16
3.20
円地文子 1969年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 私が持っているこの本は、小中学時代に通いまくっていた地元の図書館の、多分文化祭みたいなのがあった時に、その図書館の破棄処分品を10円とか格安で売っていた... もっと読む

源氏物語私見 (新潮文庫)

16
3.33
円地文子 1985年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

円地文子 「 源氏物語 私見 」 源氏物語論。 俗な源氏物語論とは違い、源氏物語の古典性(なぜ読み継がれるか)、文学性(男女の性を超えた 人間的テーマは... もっと読む

源氏物語 (学研M文庫)

16
4.33
円地文子 2001年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

数多い現代語訳の中でも円地文子さんの作品がいちばん好きなので(ハードカバー全10巻で読んだけど)、このダイジェスト版は嬉しい。 もっと読む

味覚小説名作集 (光文社文庫)

16
3.25
大河内昭爾 2016年1月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 多くの作家はこの人の評価に一喜一憂したのではないか。大河内昭爾。文学界、同人誌評の人である。彼が選んだ「味覚小説」だが、芋粥以外、本当に素晴らしかった。... もっと読む

円地文子の源氏物語〈3〉 (集英社文庫―わたしの古典)

15
4.00
円地文子 1996年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第3巻は、「宇治十帖」。浮舟をめぐる薫と匂宮のドラマが収録されています。 もっと読む
全339アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする