円居挽のおすすめランキング

プロフィール

1983年生まれ。京大ミス研出身。2009年『丸太町ルヴォワール』(講談社)で、デビュー。同作は「ミステリが読みたい! 2010年版」で国内編2位、「このミステリーがすごい! 2010年版」で国内編11位を獲得する。以後、「烏丸」「今出川」「河原町」と続く「ルヴォワール」シリーズを発表。他著作に「シャーロック・ノート」シリーズ(新潮文庫nex)、「キングレオの冒険」(文藝春秋)など。今後の新本格ミステリ界を担う逸材。

「2018年 『京都なぞとき四季報 古書と誤解と銀河鉄道』 で使われていた紹介文から引用しています。」

円居挽のおすすめランキングのアイテム一覧

円居挽のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『丸太町ルヴォワール (講談社文庫)』や『シャーロック・ノート: 学園裁判と密室の謎 (新潮文庫nex)』や『丸太町ルヴォワール (講談社BOX)』など円居挽の全85作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

丸太町ルヴォワール (講談社文庫)

700
3.67
円居挽 2012年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

森見登美彦や万城目学みたいな少しの読みにくさと独特の空気と魅力のある作品でした。ただ、ページをめくる手が止まらない!とか読んでいてドキドキする!とかには個... もっと読む

シャーロック・ノート: 学園裁判と密室の謎 (新潮文庫nex)

452
3.42
円居挽 2015年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

倒叙やサスペンスと章ごとに姿を変え、一つ一つは薄くなったのかもしれないが、それ以上によい体験を生んでくれる本でした。 特殊な世界観とライトな読み心地は非... もっと読む

丸太町ルヴォワール (講談社BOX)

311
3.78
円居挽 2009年11月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

残念ながらノれませんでした。 仕掛けとしては結構すごい事をいろいろやっていて、途中「あっ」と驚かされたり、ページを遡って読み返したりという事が何度も... もっと読む

日曜は憧れの国 (創元推理文庫)

255
3.30
円居挽 2016年5月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

引っ込み思案で事なかれ主義の日和見の千鶴。 計画性はないけど気遣い屋でムードメーカーの桃。 要領がよく、損得勘定で学校生活を円満に過ごす真紀。 進学校でも... もっと読む

クローバー・リーフをもう一杯 今宵、謎解きバー「三号館」へ

226
3.46
円居挽 2014年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

京都の大学生がミステリーの謎を解いていくお話。 軽めのミステリーでさくさくっと読めるカンジ。 複雑なものでは無いのでミステリー好きには物足りないかもで... もっと読む

烏丸ルヴォワール (講談社文庫)

218
3.56
円居挽 2013年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最初にお断りしておきますが、以下のレビューには、少なくとも前作「丸太町ルヴォワール」を読んでいないとわからない表現が幾つか出てきます。 解説の冒頭で法月... もっと読む

シャーロック・ノートII: 試験と古典と探偵殺し (新潮文庫nex)

201
3.66
円居挽 2016年2月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 学園ミステリっぽくなってきた第二弾。探偵学校というあまりにもな架空の設定にも慣れてきて違和感なく読める。今回の主題は正典たるシャーロック・ホームズ譚につ... もっと読む

キングレオの冒険

166
3.48
円居挽 2015年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

“赤影連盟”だとか“なんたらの紐”だとか、ホームズ譚見立てとは言っても砕け過ぎなタイトルでしたが、なかなかしっかりした推理物でした。途中からルヴォワールシ... もっと読む

烏丸ルヴォワール (講談社BOX)

158
3.88
円居挽 2011年10月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者は、大学の後輩です。良くも悪くも、彼の個性が出た文章だと思います。(私は、実は、苦手…。) もっと読む

今出川ルヴォワール (講談社文庫)

158
3.96
円居挽 2014年8月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

時折、読んでいて、ふと今読み進めている部分の時間と空間がわからなくなる、足元がおぼつかなくなる雰囲気を味わう時がある、このシリーズのそんなところがとても好... もっと読む

京都なぞとき四季報 町を歩いて不思議なバーへ (角川文庫)

126
3.12
円居挽 2017年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

京都が舞台の本を見つけると、つい手に取ってしまう。 一浪して京都大学に入った、遠近倫人(とおちかりんと)は友人の誘いでお散歩サークル『賀茂川乱歩』に... もっと読む

その絆は対角線 (日曜は憧れの国) (創元推理文庫)

123
3.30
円居挽 2017年10月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一巻より四人の個性が受け取れた。ねじくれた真紀が強烈だけれど、それを受けて大人しい千鶴まで遠慮せずに言い合ったりするのは進展なのかな。貧乏な桃の朗らかさに... もっと読む

今出川ルヴォワール (講談社BOX)

119
3.76
円居挽 2012年11月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 序盤の叙情的な男子の初恋部分さえ乗り越えればあとはさくさくと読めるって言うか、ほぼ話芸。語り口が軽妙でえっ?って思うようなネタもさくさくと読み進められる... もっと読む

河原町ルヴォワール (講談社文庫)

111
4.25
円居挽 2015年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 いやいや、こんなはずないでしょう? 嘘でしょう? 信じられない……から始まるシリーズ最後の双龍会。読んでるうちにだんだんわけがわからなくなるのに、読み終... もっと読む

河原町ルヴォワール (講談社BOX)

110
4.05
円居挽 2014年3月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ第4作目で最終巻。前回の終わり衝撃から今作冒頭の衝撃…そして毎度どんでん返しすごいな〜(安心したけど)論語と撫子は幸せになれ…みんな好きになったな... もっと読む

語り屋カタリの推理講戯 (講談社タイガ)

96
3.65
円居挽 2018年2月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

メタ的に本格ミステリを考えるって好きです。 面白かったです。 小説としての評価は難しくて、個人的に好きだけど、折角ならミステリになじみのない人が楽... もっと読む

キングレオの冒険 (文春文庫 ま 41-1)

83
3.75
円居挽 2018年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あんまりこういう本は読まないのだけどたまに息抜きがてら出来心で読んでしまう。たまに「アタリ」もあるけど今回は微妙…。明治時代から警察と協力して「推理」だけ... もっと読む

京都なぞとき四季報 古書と誤解と銀河鉄道 (角川文庫)

73
3.50
円居挽 2018年8月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

京都の大学の散歩サークル「加茂川乱歩」の遠近倫人の周りには、つねに謎が寄ってくる。 もっと読む

逆転裁判 時間旅行者の逆転 (ハヤカワ文庫JA)

63
3.38
円居挽 2017年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 ルヴォワールシリーズを読んでいて、この展開逆転裁判っぽいなぁって思ってたらノベライズである。  感想としては、むしろ逆転裁判っぽさは少ない。なんだ... もっと読む
全85アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする