出口裕弘のおすすめランキング

プロフィール

1928(昭和3)年東京生まれ。東京大学文学部仏文科卒業。フランス語講師として北海道大学、一橋大学で教鞭をとる。60年、旧制浦和高校の同級生・澁澤龍彦の世話によりモーリス・ブランショの『文学空間』を翻訳(共訳)。以後、ジョルジュ・バタイユ、E・M・シオランなどフランス現代思想を精力的に日本に紹介する。また、小説家として、『京子変幻』『越境者の祭り』などを上梓。92年、一橋大学を定年退官。99年の『辰野隆 日仏の円形広場』を皮切りに、自由な形式による評伝を次々に発表、2006年の『坂口安吾 百歳の異端児』で、伊藤整文学賞・蓮如賞を受賞。2015年、心不全のため逝去。

「2019年 『辰野隆 日仏の円形広場』 で使われていた紹介文から引用しています。」

出口裕弘のおすすめランキングのアイテム一覧

出口裕弘のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『生誕の災厄』や『内的体験 (平凡社ライブラリー)』や『年をとったワニの話―ショヴォー氏とルノー君のお話集〈1〉 (福音館文庫 物語)』など出口裕弘の全83作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

生誕の災厄

270
3.90
E.M.シオラン 1976年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

20世紀最大の絶望先生、シオラン。彼が抱えた虚無の深さに比べれば、ニーチェが覗き込んだ深淵なんて井戸の底ぐらいにしか過ぎない。思想家でありながら自らの考え... もっと読む

内的体験 (平凡社ライブラリー)

223
3.65

感想・レビュー

「解きがたい謎としての私」や他者意識の征服を目的にした文学作品と読めた。神が不在なのに信仰心があったら、崇拝する対象を他に見つけて自己投影するか自滅するし... もっと読む

年をとったワニの話―ショヴォー氏とルノー君のお話集〈1〉 (福音館文庫 物語)

138
3.92

感想・レビュー

愛しているタコを、食欲に負けて食ってしまうワニ… なんとも不条理。 慾が勝つか、理性が勝つか。 肉体が求めるモノに、精神が渇望するモノが勝てるか、 ... もっと読む

告白と呪詛

125
3.70
シオラン 2012年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大厭世哲学者シオランの、邦訳では一番新しい本。アフォリズム集。この人の本は全部おんなじようなことを言ってるらしいから、買うのはどれでもいいらしい。でも、こ... もっと読む

THE OLD CROCODILE―年をとった鰐

93
3.81

感想・レビュー

志ん生師匠なら、「そこが畜生の浅ましさだ」って言うね。 もっと読む

大伽藍 (平凡社ライブラリー)

75
3.67

感想・レビュー

透過光インスタレーション資料 もっと読む

歴史とユートピア

71
3.79
E.M.シオラン 1967年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 「言葉のテロリスト」、E.M.シオランによるエッセイ集。 もっと読む

子どもを食べる大きな木の話―ショヴォー氏とルノー君のお話集〈2〉 (福音館文庫 物語)

58
4.05

感想・レビュー

山村浩二版の「年をとった鰐」がとても気に入っていて、前から気になっていたシリーズ。絵が大きいので見たかったから、文庫版でなくて大型本(残念ながら絶版)の方... もっと読む

名医ポポタムの話―ショヴォー氏とルノー君のお話集〈3〉 (福音館文庫 物語)

44
4.05

感想・レビュー

名医ポポタムはカバのお医者さん 死んだものだって発明の糊とポンプを使って生き返らせちゃう。 たまに間違って頭とお尻が逆にくっつけちゃうこともあるけ... もっと読む

年をとったワニの話 他3篇 (ショヴォー氏とルノー君のお話集 1)

38
4.00

感想・レビュー

◆訳:出口裕弘「ノコギリザメとトンカチザメの話」「メンドリとアヒルの話」「おとなしいカメの話」3篇も収録。◆次男と図書館で出会った本。お話の定石を打ち破り... もっと読む

ラスコーの壁画 (ジョルジュ・バタイユ著作集)

34
3.56

感想・レビュー

[ 内容 ] [ 目次 ] [ POP ] [ おすすめ度 ] ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度 ☆☆☆☆☆☆☆ 文章 ... もっと読む

有罪者―無神学大全

33
3.70
G.バタイユ 1966年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

無神学大全3部作の第2巻。「ハレルヤ」も併収。 もっと読む

名医ポポタムの話―ショヴォー氏とルノー君のお話集

14
3.86

感想・レビュー

ショヴォー氏の話、訳は福音館と同じ出口裕弘(この本は、福音館の5冊から、10篇を選んで編んだという本)、絵は本家のショヴォー氏にかわって、土橋とし子。こな... もっと読む
全83アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする