別宮貞徳のおすすめランキング

プロフィール

(べっく・さだのり)1927年東京生まれ。英文学、比較文学。上智大学大学院西洋文化研究科修士課程修了。元上智大学教授。

「2017年 『十二世紀のルネサンス ヨーロッパの目覚め』 で使われていた紹介文から引用しています。」

別宮貞徳のおすすめランキングのアイテム一覧

別宮貞徳のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『普及版 モリー先生との火曜日』や『モリー先生との火曜日』や『モリー先生との火曜日』など別宮貞徳の全155作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

普及版 モリー先生との火曜日

1699
4.12
ミッチ・アルボム 2004年11月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

筆者は、ふとした偶然から、大学時代の恩師である、モリー先生を毎週火曜日に訪ねて、人生の色々な話をする、あるいは、恩師の考えを聴くことになる。 対話は14回... もっと読む

モリー先生との火曜日

543
3.89

感想・レビュー

人生は今日が最後だと思って生きる、と言われてもピンとこないが、病魔に侵され、日に日に死に近づいていく状況の中で、毎週火曜日に行われたモリー先生の講義は、そ... もっと読む

「不思議の国のアリス」を英語で読む (ちくま学芸文庫)

114
3.54
別宮貞徳 2004年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アリスで英語を学習! 原文を少し引用して日本語で表現を中心にを解説しています。 文法的表現、翻訳手法、日本語と英語の違い、英語のイメージのとら... もっと読む

アルベール・カーン コレクション よみがえる100年前の世界

104
4.39

感想・レビュー

第一次世界大戦前から第二次世界大戦開始直前の写真集。 金持ちの道楽と言うなかれ。 世界中に写真技師を送り込んで、あらゆる写真記録を撮らせ、 その時代... もっと読む

十二世紀のルネサンス ヨーロッパの目覚め (講談社学術文庫)

81
4.00

感想・レビュー

ルネサンスと言われてすぐに頭に浮かぶのは、イタリアを中心とする14~16世紀のイタリア・ルネサンスであろう。そしてそれ以前の中世は、18世紀の啓蒙主義者た... もっと読む

図説 月の文化史 (上) 神話・伝説・イメージ

70
4.00

感想・レビュー

【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】 https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/53203 もっと読む

さらば学校英語 実践翻訳の技術 (ちくま学芸文庫)

68
3.44
別宮貞徳 2006年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1980(昭和55)年に発売された『翻訳の初歩 英文和訳から翻訳へ』(ジャパンタイムズ)の復刻版のやうです。 一部加筆されてゐますが、基本的には現在でも... もっと読む

裏返し文章講座―翻訳から考える日本語の品格 (ちくま学芸文庫)

65
3.31
別宮貞徳 2009年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 翻訳巧拙と文章論がテーマ。口語で読みやすい。副題に「品格」とあるが、国粋的な意味はないので無視していい。  文庫書き下ろしで、もとは平成0年にBECカ... もっと読む

愛蔵版 モリー先生との火曜日

64
4.10
ミッチ・アルボム 2018年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

[鹿大図書館学生選書ツアーコメント] ALS(筋萎縮性側索硬化症)になったモリー先生は、自分の死を「人生最後のプロジェクト」としました。死にどのように向き... もっと読む

英語の名句・名言 (講談社現代新書)

58
3.28

感想・レビュー

退屈な英文学講義に時折挟まれる、のちに振り返ってみればそれだけしか覚えていないような、品高い語り口。原文もきちんとのせられており、少し前までは新書もまとも... もっと読む

世界を変えた100冊の本

51
2.86

感想・レビュー

易経、旧約聖書、論語、アリストテレス、プラトンなどの不朽の書から、ゲーテ、カフカなどの哲学書、ニュートン、アインシュタイン、ダーウィン、デカルトなどの科学... もっと読む

図説 月の文化史 (下) 神話・伝説・イメージ

46
4.20

感想・レビュー

帯文:”ふたたび夜空を見上げ、身近な宇宙に思いを巡らせる” ”遠い昔から受け継いできた、月にまつわる世界中の神話や伝説、信仰、行事・風習、語源など、余すこ... もっと読む

カフェイン大全―コーヒー・茶・チョコレートの歴史からダイエット・ドーピング・依存症の現状まで

46
3.50

感想・レビュー

【紹介文】 普段、何気に摂取している茶の類。 「コーヒー」「紅茶」「緑茶」etc… どれが一番 カフェインを多く含んでいるか、 ふと気になった... もっと読む

イギリス人と日本人 (講談社現代新書 496)

45
2.94

感想・レビュー

結論がよくわからなかった。知識量を見せつけられて終わったかんじ。 もっと読む

世界の小説大百科 死ぬまでに読むべき1001冊の本

44
2.83
ピーター・ボクスオール 2013年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

竹取物語やガルガンチュアとパンタグリュエルのような本と、重力の虹やねじまき鳥クロニクルのような本を同じ土俵に並べて評することに意味があるのかどうかは疑問だ... もっと読む

印刷革命

44
3.75

感想・レビュー

出版は少し前ですが、内容は今でも新たな思考のターニングポイントを導き出す重要な文献です。グーテンベルクによる活版活字印刷のはじまりが真にもたらした意味を改... もっと読む

翻訳読本―初心者のための八章 (講談社現代新書 540)

43
3.13

感想・レビュー

日本語として意味の通らない機械的な直訳方式の翻訳を脱し、原文のあじわいを日本語に再現するような翻訳上の工夫についてわかりやすく解説している本です。 ... もっと読む

日本語のリズム―四拍子文化論 (ちくま学芸文庫)

41
3.50

感想・レビュー

え?なんで普通に「日本語のリズム」で検索されないの? 日本語ってふっしぎ〜。 もっと読む
全155アイテム中 1 - 20件を表示

別宮貞徳に関連する談話室の質問

ツイートする
×