前川道介のおすすめランキング

前川道介のおすすめランキングのアイテム一覧

前川道介のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『第三の魔弾 (白水Uブックス)』や『独逸怪奇小説集成』や『メトロポリス (創元SF文庫)』など前川道介の全50作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

第三の魔弾 (白水Uブックス)

67
3.70
レオ・ペルッツ 2015年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

時は16世紀。 ラインの「暴れ伯爵」と渾名されるグルムバッハは、 聖職者の俗権への介入を厭い、 抵抗して、神聖ローマ帝国皇帝から追放処分を受け、 ... もっと読む

独逸怪奇小説集成

43
3.33
前川道介 2001年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

070224 もっと読む

メトロポリス (創元SF文庫)

39
3.63

感想・レビュー

 テア・フォン・ハルボウの作品です。  すなわちフリッツ・ラングの映画『メトロポリス』の原作本です。原作者はフリッツ・ラングの当時の妻。彼女はヒトラーの政... もっと読む

壜の中の世界 (文学の冒険シリーズ)

31
2.86

感想・レビュー

英米の人気作家から東欧・ラテンアメリカの未知の傑作まで紹介する〈文学の冒険シリーズ〉の一冊。 著者のクルト・クーゼンベルクは、ドイツの短編作家。本作... もっと読む

ドイツ・ロマン派全集 第1巻 ティーク

15
4.00
ティーク 1992年1月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館の本 エンデの近くにこの全集がありました。 ロマン派のリートを愛している身としてはこのティークの名前に食指が動いてしまいました。 ドイツリ... もっと読む

世界幻想文学大系 第37巻 第三の魔弾

14
4.60

感想・レビュー

すごく面白かった! マジックリアリズムの要素やヘンテコエピソードたっぷり、なにより登場人物が魅力的! 主人公からして「義眼の大尉」とか「ラインの暴れ伯... もっと読む

約束 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

14
2.50

感想・レビュー

この本は1/3ぐらいウィーンでドイツ語で読んだことがある。原作タイトルは『Das Versprechen』、作者のデュレンマットはスイス出身の劇作家として... もっと読む

炎と闇の帝国―ゲッベルスとその妻マクダ

12
3.67

感想・レビュー

人はたいてい学生時代に一生の親友を得るものだが、ゲッペルスには親友と呼べる人は一人も生涯いなかった。 足が悪く、頭は明晰で、でも女癖は悪かったようだ。 ... もっと読む

プラークの大学生 (創元推理文庫 (537‐1))

11
3.50

感想・レビュー

二度制作された映画の、 二本目(1926年)のノベライゼーション。 執筆したのは小説家ハンス・ハインツ・エーヴェルス。 タイトルのプラークはもちろん... もっと読む

世界幻想文学大系 第13巻 現代ドイツ幻想短篇集

9
3.50

感想・レビュー

ドイツの幻想は人間の気持ちの迷いを「物語」に投影する。マイリンクの「壜の上の男」なんかから「幻想小説を楽しむ人」への客観的な視野を読まされると背筋がゾッと... もっと読む
全50アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×