前野隆司のおすすめランキング

プロフィール

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント(SDM)研究科教授。
1962年、山口県生まれ。東京工業大学卒、同大学修士課程修了。キヤノン入社後、カリフォルニア大学バークレー校客員研究員、ハーバード大学客員教授、慶應義塾大学理工学部教授等を経て、2008年より現職。博士(工学)。研究領域は、幸福学、システムデザイン・マネジメント学、イノベーション教育と幅広い。
著書に、『幸せのメカニズム』(講談社現代新書)、『システム×デザイン思考で世界を変える』(日経BP社)、『実践 ポジティブ心理学』(PHP新書)など多数。

前野隆司のおすすめランキングのアイテム一覧

前野隆司のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『システム×デザイン思考で世界を変える 慶應SDM「イノベーションのつくり方」』や『幸せのメカニズム 実践・幸福学入門 (講談社現代新書)』や『脳はなぜ「心」を作ったのか「私」の謎を解く受動意識仮説 (ちくま文庫)』など前野隆司の全70作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

システム×デザイン思考で世界を変える 慶應SDM「イノベーションのつくり方」

494
3.73
前野隆司 2014年3月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一気読み!思考プロセスはSFCで学んだことの進化版だと思った。やはりこの分野は面白い。継続して学んでいきたい。 もっと読む

幸せのメカニズム 実践・幸福学入門 (講談社現代新書)

422
3.81
前野隆司 2013年12月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分を縛っているのは、ほかならぬ自分の認知。It's OK to... #幸せのメカニズム #前野隆司 #読書記録 もっと読む

脳はなぜ「心」を作ったのか「私」の謎を解く受動意識仮説 (ちくま文庫)

340
3.93
前野隆司 2010年11月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

受動意識仮説、という非常に刺激的な仮説に関する非常に丁寧で具体的な本。 誰もが一度は考える、私とは何かについて、ヒントをくれます、 もっと読む

人生が変わる! 無意識の整え方 - 身体も心も運命もなぜかうまく動きだす30の習慣 - (ワニプラス)

256
3.93
前野隆司 2016年1月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

心理学の分析上、「幸せになろう」とするより、「誰かを幸せにしよう」としている人の方が圧倒的に幸福。 ビジネスで相手の目を見て話すのはNG。相手にプレッシ... もっと読む

脳はなぜ「心」を作ったのか―「私」の謎を解く受動意識仮説

205
3.63
前野隆司 2004年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なぜ私たちに意識があるかの回答として、「エピソード記憶を強化するためにある」というのは個人的に新鮮で興味を持った。膨大な記憶を可能とするエピソード記憶が人... もっと読む

「死ぬのが怖い」とはどういうことか

202
3.07
前野隆司 2013年1月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<私はおそらく、「死ぬのが怖」かった、のではなく、「存在するということが怖」かったのだ(そしてまた、自分はこの本の想定読者からは著しく外れていた)> ... もっと読む

思考脳力のつくり方 仕事と人生を革新する四つの思考法 (角川oneテーマ21)

179
3.38
前野隆司 2010年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・物事を小さく見ているときは解が見つかりやすい。(要素還元思考を使って分析できる) ・ただ、少し大きなものの見方をすると、1要素が成り立つには、多数の他... もっと読む

思考の整理術 問題解決のための忘却メソッド

165
3.17
前野隆司 2009年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

独創的な思考や、創造的な思考に頭を切り替えるとき、記憶は足を引っ張る 宣言的記憶(陳述記憶) 文章や言葉を使って表せる記憶  意味記憶:ものの意味... もっと読む

錯覚する脳: 「おいしい」も「痛い」も幻想だった (ちくま文庫)

90
3.63
前野隆司 2011年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『脳はなぜ「心」を作ったのか』に続く前野先生の心の哲学第二弾。本書では、意識からさらに昇華し、五感にフォーカスを当てている。ベースメントとなる脳科学的なエ... もっと読む

脳の中の「私」はなぜ見つからないのか? ~ロボティクス研究者が見た脳と心の思想史

85
3.39
前野隆司 2007年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前著である『脳はなぜ「心」を作ったのか-「私」の謎を解く受動意識仮説』で主張している『「私の意識」とは小人たち(ニューロンのこと)が自立分散的に行った結果... もっと読む

実践 ポジティブ心理学 幸せのサイエンス (PHP新書)

74
3.42
前野隆司 2017年8月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ポジティブ心理学」とはどうすればもっと幸せになれるかを追求する学問。なので、とにかく前向きになろう、という「ポジティブシンキング」とは全く異なるもの、と... もっと読む

錯覚する脳―「おいしい」も「痛い」も幻想だった

66
3.38
前野隆司 2007年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

五感とそのクオリアが、すべてイリュージョンである。具体的で納得できる。前著とともに、人間とは何かを、次に考えたくなる。後半、著者の哲学もどきを書くのだが、... もっと読む

EARTHLING 地球人(アースリング)として生きるためのガイドブック

60
4.00
Think the Earth 2011年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

EARTHLING(宇宙人に対する、「地球人」という意味の言葉)をテーマに開催された講演イベントから、登壇した30人ほどの話をまとめた本。前文で引用されて... もっと読む

無意識と「対話」する方法 - あなたと世界の難問を解決に導く「ダイアローグ」のすごい力 - (ワニプラス)

58
3.22
前野隆司 2017年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先日、某研究会でとてもおもしろく話を聞かせていただいた。前野先生の本。 読み終わってもなんとも不思議な感じです。最近は洋書の翻訳本を読むことが多いので、多... もっと読む

実践・脳を活かす幸福学 無意識の力を伸ばす8つの講義

57
4.17
前野隆司 2017年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幸福を学問として研究する「幸福学」。 幸福という目に見えないものを研究するのは難しいですがこれからますます必要とされる分野の学問だと思います。 ... もっと読む

幸せの日本論 日本人という謎を解く (角川新書)

41
2.78
前野隆司 2015年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いわゆる逆ギレ「日本ええじゃないか論」。それはそれで良い。しかし、「世界連邦運動の思想が日本国憲法第9条に書かれている」、それを「奇跡」という時、著者はや... もっと読む

感情とクオリアの謎

32
3.75
柴田正良 2008年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

柴田館長共著書 もっと読む

記憶 脳は「忘れる」ほど幸福になれる!

32
2.89
前野隆司 2009年3月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

記憶研究をしている心理学者が書いた本ではないので,細々した実験の話は一切無い代わりに著者の個人的エピソードを散りばめているに留まるものの,常に大局的な書き... もっと読む

脳は記憶を消したがる (フォレスト2545新書)

32
2.60
前野隆司 2013年10月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

記憶とは、フィードバックを繰り返し、誤差を修正しながら、フィードフォワードモデルを構築するためにある、という主張をしている本。 フィードフォワードモデルは... もっと読む

仏教と科学が発見した「幸せの法則」

31
3.67

感想・レビュー

科学的なアプローチと 仏教のアプローチとの 絶妙なコラボレーション でした。 もっと読む
全70アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする