加島祥造のおすすめランキング

プロフィール

1923年、東京生まれ。早稲田大学卒業後、カリフォルニア州クレアモント大学院留学。信州大、横浜国大等に勤め、数多くの翻訳・著作のあと、「老子」の現代自由詩『タオ─老子』『求めない』が、共にロングセラーになる。

「2012年 『禅とタオ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加島祥造のおすすめランキングのアイテム一覧

加島祥造のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ナイルに死す (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫 15)』や『『求めない』 加島祥造』や『ひらいたトランプ (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫 13)』など加島祥造の全242作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

ナイルに死す (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫 15)

1758
3.94

感想・レビュー

ゆったりから加速するミステリ。 舞台はナイル河をさかのぼる豪華客船。 限られた場所、限られた人物で描かれる物語は文句なしに心を弾ませる。 事件が起き... もっと読む

『求めない』 加島祥造

1175
3.75
加島祥造 2007年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「求めない」という言葉を最初に見た時、「必要最小限のものだけにして、心に余裕を持たせる」ような印象を抱きましたが、でも、それって何か禁欲的で辛いかもなんて... もっと読む

ひらいたトランプ (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫 13)

1063
3.67

感想・レビュー

ポアロもの長編。ブリッジのルールが分からなくてもどかしい感あったが終盤のたたみかける展開が読ませる。解説によるとポアロとオリヴァ夫人が絡む話の一作目と。ク... もっと読む

八月の光 (新潮文庫)

907
3.80
フォークナー 1967年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「人ってずいぶん遠くまで来られるものなのね」 臨月の娘リーナ・グローブは、子供の父親がいるというジェファソンの町に降り立つ。未婚で身籠り去った男を追って... もっと読む

もの言えぬ証人 (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫 14)

901
3.50

感想・レビュー

書き出しから上手い。死者からの不審な手紙を受け取ったポアロが、またもやあの手この手で聞き込みをして真相に辿り着く。BSドラマとでは人物像などかなり違った。... もっと読む

愛国殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

724
3.36

感想・レビュー

ポアロもの。またもやBSドラマで観たはずだが結果を忘れてたので、二転三転する状況に振り回されながら楽しんだ。ギリギリの所で完全犯罪を阻止するポアロの推理は... もっと読む

葬儀を終えて (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

714
3.75

感想・レビュー

みなさんがちょくちょく感想あげていた憧れのクリスティーを遂に読む。 上流階級の優雅なお喋りと、ポアロの余裕綽々なゆったりとした推理が心地よく、実は夏風邪... もっと読む

タオ: 老子 (ちくま文庫)

681
3.73
加島祥造 2006年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何度も読み返すべき本だと思った、簡単に読めるがすごく深い。読む時の心境によっても意識することが変わってくるであろうと予想できる本、今後も見返す時が何度もあ... もっと読む

雲をつかむ死 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

582
3.39

感想・レビュー

ポアロもの。 パリからロンドンに向かう旅客機内で、金貸しの老婦人の変死体が発見されます。その老婦人の首には針で刺されたような跡があり、直前に飛んでい... もっと読む

サンクチュアリ (新潮文庫)

582
3.37
フォークナー 1955年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新進気鋭が世に出る力と南部の破滅的なムードの融合 もっと読む

死が最後にやってくる (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

353
3.59

感想・レビュー

クリスティーの未読作品が減っていく中、最後にがっかり本を引き当てたくない、という気持ちから、霜月蒼氏『アガサ・クリスティー完全攻略』で低評価の作品を先に読... もっと読む

ひらいたトランプ (ハヤカワ・ミステリ文庫 1-2)

310
3.58

感想・レビュー

アンソニー・ホロヴィッツを読んだらどうしたってアガサ・クリスティーを読みたくなりますよね そりゃあなりますとも クリスティー→ホロヴィッツ→クリスティー... もっと読む

求めない (小学館文庫 か 40-1)

300
3.98
加島祥造 2015年10月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まあ求めすぎて自分を失うのは本末転倒かもしれない。作者の表現する域には求めた後でないとたどり着かないと思う。 私は多分あまり求めない方だと思う、もう落ち着... もっと読む

タオ

258
3.90
加島祥造 2000年3月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

言葉に表せないことを、優しく包むように表現している。老子様の本2冊目だが深く知れたと思う。もっともっと勉強したい。 もっと読む

受いれる

252
4.12
加島祥造 2012年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2012年初版。「求めない」を読み、こちらも読んでみました。1時間かければ、じっくり読めます。「求めない」と同様で枕元に置いて、就寝前や起床時に読むのに良... もっと読む

ナイルに死す (ハヤカワ・ミステリ文庫 1-76)

232
3.85

感想・レビュー

クリスティーの作品の中でも一番旅情に溢れる作品。物語も1・2を争うほど長いのだが、クリスティー特有の華麗な雰囲気が旅の流れの中で味わえるため決して冗長さも... もっと読む

ナイルに死す (クリスティー文庫)

221
4.22
アガサ・クリスティー 電子書籍 2003年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アガサクリスティー作品はまだポワロシリーズしか読んでませんが、毎回物語がどう転んでいくのか予想が付かなくておもしろいです。 登場人物の心情も細かくて生き生... もっと読む

葬儀を終えて (ハヤカワ・ミステリ文庫 1-3)

198
3.77

感想・レビュー

久々の再読。全然覚えていなかった。 病死した大富豪リチャードの葬儀のあと、「だってリチャードは殺されたんでしょう?」と言い放ったコーラが翌日死体となって... もっと読む

野生の棕櫚 (中公文庫 フ 17-2)

182
3.92
フォークナー 2023年11月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フォークナーの野生の棕櫚。ゴダールの『気狂いピエロ』だったと思うけど、映画の中でJ・P・ベルモンドが読んでいた小説。『Perfect days』で役所広司... もっと読む

愛国殺人 (ハヤカワ・ミステリ文庫 1-18)

172
3.43

感想・レビュー

※再読後、新装版と感想を共有。 クリスティの長編ミステリー。ポアロシリーズ。 推理小説がベースになるが全体的にスパイミステリーの様な空気感がある。実際に殺... もっと読む
全242アイテム中 1 - 20件を表示

加島祥造に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×