加納朋子のおすすめランキング

プロフィール

1966年福岡県生まれ。’92年『ななつのこ』で第3回鮎川哲也賞を受賞して作家デビュー。’95年に『ガラスの麒麟』で第48回日本推理作家協会賞(短編および連作短編集部門)、2008年『レインレイン・ボウ』で第1回京都水無月大賞を受賞。著書に『掌の中の小鳥』『ささら さや』『モノレールねこ』『ぐるぐる猿と歌う鳥』『少年少女飛行倶楽部』『七人の敵がいる』『トオリヌケ キンシ』『カーテンコール!』『いつかの岸辺に跳ねていく』『二百十番館にようこそ』などがある。

「2021年 『ガラスの麒麟 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加納朋子のおすすめランキングのアイテム一覧

加納朋子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ななつのこ (創元推理文庫)』や『ささらさや (幻冬舎文庫)』や『モノレールねこ (文春文庫)』など加納朋子の全175作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ななつのこ (創元推理文庫)

2948
3.78
加納朋子 1999年8月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

○ 動かしたいのになぜか身体が動かせない恐怖。 ○ 声を出したいのになぜか声が出せない恐怖。 ○ 誰かが自分の上に乗っているような恐怖。 さて... もっと読む

ささらさや (幻冬舎文庫)

2195
3.65
加納朋子 2004年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

”本日は、夫・○○の葬儀にご参列いただきまして誠にありがとうございました…きっと、天国でも私たち家族のことを見守っていてくれることを信じています” 古今... もっと読む

モノレールねこ (文春文庫)

1916
3.84
加納朋子 2009年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

H30.9.30 読了。 ・「本書に収められた8編には、ある共通点がある。それは、物語に登場する人物たちが、誰かを、もしくは、何かを失くした人たちで... もっと読む

魔法飛行 (創元推理文庫)

1726
3.69
加納朋子 2000年2月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

創元推理文庫らしい日常の謎。女子大生駒子が書いた3つの解決編のない物語を、瀬尾さんという作家が、アームチェアディテクティブよろしく真相解明し、途中差出人の... もっと読む

月曜日の水玉模様 (集英社文庫)

1458
3.61
加納朋子 2001年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『毎日、毎日、乗り降りを繰り返す通勤電車の中で出会う、数百、数千の人達。彼らの一人一人はいったいどういう暮らしをし、何を考え、どこへ向かっているのだろう?... もっと読む

ガラスの麒麟 (講談社文庫)

1438
3.42
加納朋子 2000年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

懐かしい小説。 この小説、10年以上前に一度読んだのだけど、病院に通ってた時期で、待合室のソファに座って読んだ記憶がある。 他の小説もたぶん読んでるは... もっと読む

掌の中の小鳥 (創元推理文庫)

1346
3.56
加納朋子 2001年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

加納朋子さんの小説は、キュートやチャーミングという形容が浮かんできます。常にそういう話を書かれるわけではないのだけど、文体や語り口、登場人物の雰囲気なんか... もっと読む

てるてるあした (幻冬舎文庫)

1277
3.93
加納朋子 2008年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

星星峡2003年7,8月号春の嵐、12月号,2004年1月号壊れた時計、3,4月号幽霊とガラスのリンゴ、6,7月号ゾンビ自転車に乗って、9,10月号ぺった... もっと読む

いちばん初めにあった海 (角川文庫)

1248
3.39

感想・レビュー

あんまり好きにはなれなかった。特に表題作は読むのに時間がかかってしまった。 主人公の病気というか現状が徐々に明かされていくので我慢して読んでたけど、冒頭で... もっと読む

レインレイン・ボウ (集英社文庫)

1140
3.64
加納朋子 2006年10月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小説すばる2001年2月号サマー・オレンジ・ピール、5月号スカーレット・ルージュ、11月号ひよこ色の天使、2002年3月号緑の森の夜鳴き鳥、7月号紫の雲路... もっと読む

スペース (創元推理文庫)

997
3.92
加納朋子 2009年5月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ななつのこ」など入江駒子シリーズ未読だったため、瀬尾とヒロインの関係性がよく分からず、いきなり始まる手紙についても差出人の単なる近況報告のようで退屈に感... もっと読む

七人の敵がいる

978
3.87
加納朋子 2010年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こういう痛快なお話、大好物です! 主人公陽子はバリバリのキャリアウーマン。息子が小学校に入学するとPTA活動、自治会、スポーツ少年団‥‥に巻き込まれてい... もっと読む

コッペリア (講談社文庫)

954
3.49
加納朋子 2006年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

非常におもしろかった。 これまで読んだことのない感覚。 人形に恋した男の話。見る者を魅了する人形と、それを作った人形師、そしてその人形にそっくりな... もっと読む

螺旋階段のアリス (文春文庫)

938
3.46
加納朋子 2003年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「螺旋階段のアリス」は ルイス・キャロル作「不思議の国のアリス」に登場するキャラクターたちが そこかしこに絡められた、加納朋子さんならではのソフトで優... もっと読む

沙羅は和子の名を呼ぶ (集英社文庫)

867
3.35
加納朋子 2002年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

加納朋子さんらしい優しい穏やかな文章と、少し不思議で時に冷ややかな雰囲気の物語が展開される短編集。 加納さんといえば優しい日常の謎、という印象が強かったの... もっと読む

少年少女飛行倶楽部

854
3.85
加納朋子 2009年4月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

SFの棚にあったので手に取ったが、SFではなかった!でもSすこしFふしぎな気持ちになれたから、やっぱりSFかな? いいなぁ、いいなぁ!空も飛べるはず! もっと読む

七人の敵がいる (集英社文庫)

842
3.78
加納朋子 2012年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小説すばる2009年4月号女は女の敵である、6月号義母義家族は敵である、8月号男もたいがい,敵である、10月号当然夫も敵である、12月号我が子だろうが敵に... もっと読む

カーテンコール!

829
3.92
加納朋子 2017年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

閉校が決まっている女子大の最後の卒業生‥‥でも、訳ありで卒業できなかった生徒たちが集団生活をしながら特別補講を受けるお話。 様々な問題、悩みを抱えた女性... もっと読む

猫が見ていた (文春文庫)

820
2.95
湊かなえ 2017年7月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

7人の作家+澤田瞳子さんの猫小説傑作選からなる猫アンソロジー。箸休め的なつもりだったが意外に深くそれぞれの世界に持っていかれた。湊かなえさんの私小説的な物... もっと読む

いつかの岸辺に跳ねていく

792
3.96
加納朋子 2019年6月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『ワケわかんないから、面白い。ワケわかんないから、知りたくなる』 色んなことが知り尽くされたと思われる現代社会。その一方であれも” ワケわかんない”、こ... もっと読む
全175アイテム中 1 - 20件を表示

加納朋子に関連する談話室の質問

ツイートする
×