加藤典洋のおすすめランキング

プロフィール

加藤典洋(1948・4・1~2019・5・16) 文芸評論家。山形県生まれ。1972年、東京大学文学部仏文科卒。国立国会図書館勤務、明治学院大学教授、早稲田大学教授を経て、2014年、同大学名誉教授。85年、最初の評論集『アメリカの影』刊行。97年、『言語表現法講義』で新潮学芸賞、98年、『敗戦後論』で伊藤整文学賞、2004年、『テクストから遠く離れて』『小説の未来』で桑原武夫学芸賞を受賞。主な著書に『日本風景論』『戦後的思考』『もうすぐやってくる尊皇攘夷思想のために』『9条入門』『完本 太宰と井伏 ふたつの戦後』『大きな字で書くこと』などがある。

「2020年 『村上春樹の世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加藤典洋のおすすめランキングのアイテム一覧

加藤典洋のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『戦後入門 (ちくま新書)』や『転換期を生きるきみたちへ──中高生に伝えておきたいたいせつなこと (犀の教室)』や『言語表現法講義 (岩波テキストブックス)』など加藤典洋の全142作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

戦後入門 (ちくま新書)

326
4.28
加藤典洋 2015年10月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ポストモダン思想やポストモダニズムもそうでしたが、本書の「戦後」というテーマも、自分が生きている「今」を含むテーマであるにもかかわらず(含むがゆえに、かも... もっと読む

転換期を生きるきみたちへ──中高生に伝えておきたいたいせつなこと (犀の教室)

263
3.95
内田樹 2016年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつも面白い内田樹の文章は、生徒たちに話を聞いてもらいたいときに使えそうだ。高橋源一郎と鷲田清一も面白かった。白井聡は今回はイマイチ。 鷲田清一の引用した... もっと読む

言語表現法講義 (岩波テキストブックス)

255
3.98
加藤典洋 1996年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読了。 これを読んでいる間、私はほとんど泣いていた。 優しい本。言語表現に関する講義本であるにも関わらず、私の人生における大切な大切な一冊となった。 言語... もっと読む

IT時代の震災と核被害 (インプレス選書)

228
3.72
東浩紀 2011年12月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

特に興味深かったのは、前半部にあるネットの私企業が行った震災への対応をまとめた部分。政治よりも密接に私たちの生活にリンクしているGoogleやAmazon... もっと読む

猫なんて!

227
3.24
角田光代 2016年11月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小池真理子で泣いて 浅田次郎で笑う 意味のよくわからないお話も有るけど 作家さんは猫が好きなんだにゃ〜 もっと読む

村上春樹は、むずかしい (岩波新書)

224
3.73
加藤典洋 2015年12月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 ずっと読んできたのに、『1Q84」が読み切れない。なぜか知りたくて、本書に助けを求めました。青豆の造形につまずいていたのでした。初期の作品から、デタッチ... もっと読む

敗戦後論 (ちくま学芸文庫)

202
4.00
加藤典洋 2015年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文芸評論家、加藤典洋さん逝去 多様なジャンルを、またにかけ活躍。 ご冥福をお祈りします。代表作の一つ、『敗戦後論』をご紹介。 もっと読む

村上春樹 イエローページ〈1〉 (幻冬舎文庫)

200
3.16

感想・レビュー

基本的には鼠=幽霊説。 現物語は隠蔽されている、という姿勢は、やはり謎とき的な読解。 また時代の推移、モラルからマクシムへという社会学的な意見も盛り込... もっと読む

日本の無思想 (平凡社新書 (003))

166
3.15
加藤典洋 1999年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本と西洋とを対比させるのではなく、違う道筋は辿っても結局「公的空間」を喪失している点では同じ見る視点が説得力あり。 その克服があくまで私利私欲側から、... もっと読む

村上春樹 イエローページ〈2〉 (幻冬舎文庫)

144
3.30

感想・レビュー

 大学のゼミでの村上春樹研究をまとめた2冊目。  「ノルウェイの森」から「ねじまき鳥クロニクル」までを論じている。  1でも思ったけど、もしかして... もっと読む

人類が永遠に続くのではないとしたら

142
4.19
加藤典洋 2014年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

不況はいつまで続くのか、とかの言い方には「不況は一時的な不具合(だからいつか必ずまた好景気がやって来る)」という前提(信心)があるのだけれど、それが通用し... もっと読む

敗戦後論 (ちくま文庫)

128
3.81

感想・レビュー

著者は、日本をはじめ敗戦を経験した国にとって、戦後とは「ねじれた時間」だとする。今まで真だったものがひっくり返るからだ。戦勝国の論理が通るようになり、敗れ... もっと読む

村上春樹 イエローページ〈3〉 (幻冬舎文庫)

121
3.33
加藤典洋 2009年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんども読みたいそばに置きたい本。 もっと読む

敗者の想像力 (集英社新書)

112
3.76
加藤典洋 2017年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

敗者というと、ひどく重く、ネガティブなものであるような気がする。特に著書の姿勢としては戦後日本のありようをオーバーラップさせている面は強いだろう。でも、そ... もっと読む

9条入門 (「戦後再発見」双書8)

101
4.50
加藤典洋 2019年4月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

改憲すべきなのか護憲すべきなのか、自分なりの意見を持ちたくて本書を手に取った。 本書では、日本国憲法ができてから日本の占領が終わるまでの過程が綿密に書か... もっと読む

村上春樹の短編を英語で読む1979~2011

80
3.71
加藤典洋 2011年8月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ちくま文庫で新しく出ていたので気になって。英訳についての言及はだいぶ少なめ。 もっと読む

僕が批評家になったわけ (ことばのために)

77
3.74
加藤典洋 2005年5月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

批評の酵母としての徒然草(p.32)  小林秀雄>吉田兼好『徒然草』  ヴァレリー>モンテーニュ もっと読む

3.11――死に神に突き飛ばされる

73
3.43
加藤典洋 2011年11月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

3.11という日付と、加藤典洋という著者名に敏感に反応しての即買い。 福島出身であり、未だに喉に魚の小骨が刺さったような違和感を持っているにもかかわ... もっと読む

テクストから遠く離れて

72
3.38
加藤典洋 2004年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「小説の未来」と兄弟関係にある一冊。  本書は「理論編」となっており、「小説の未来」はその「理論」の「実践編」となっている。  先に「実践編」を読... もっと読む

村上春樹 (群像 日本の作家)

67
2.86

感想・レビュー

様々な視点で評論が繰り広げられる。いっぱしの文化人がどのように村上春樹を捉えたかが分かる一冊。 もっと読む
全142アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする