加藤周一のおすすめランキング

プロフィール

1919年、東京生まれ。評論家・作家。東京帝国大学医学部卒。51年に留学生として渡仏し、医学研究のかたわら西欧各国の文化を摂取、日本文化の特徴を考えるきかっけとなる。帰国後、文明批評・文学・思想・社会ほか多彩な分野で文筆活動を展開。国内外の大学で教鞭をとる。2004年には、平和憲法擁護の「九条の会」の呼び掛け人となる。2008年没。

「2014年 『文学とは何か』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加藤周一のおすすめランキングのアイテム一覧

加藤周一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『読書術 (岩波現代文庫)』や『羊の歌―わが回想 (岩波新書 青版 689)』や『日本文化における時間と空間』など加藤周一の全373作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

読書術 (岩波現代文庫)

1027
3.59
加藤周一 2000年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

p.ⅲ どういう本を読んだらよかろうか、ということは、一般的には決められません。どういう女を口説いたらよかろうか、という、だれにも通用する標準などあるはず... もっと読む

羊の歌―わが回想 (岩波新書 青版 689)

485
3.95
加藤周一 1968年8月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

はじめはのどかな回想のように思ったが、徐々に戦争へと突き進む日本の姿が旧制中学校の学生だった著者の目を通して描かれる。今の日本の姿と似ていないか。既視感が... もっと読む

日本文化における時間と空間

356
3.77
加藤周一 2007年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第2部以降を読んで 2部は空間の話。古来よりムラ社会である日本において、内部の人とは対等だが、外部の人に対しては上に見て従うか、あるいは見下すかの二択であ... もっと読む

日本文学史序説〈上〉 (ちくま学芸文庫)

350
4.02
加藤周一 1999年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ばらばらに読んできた本がつながる。 この本を一冊読むだけで日本史、思想史、文学史 全てが網羅出来る良書。 「社会にーその社会が小さくても、大きく... もっと読む

翻訳と日本の近代 (岩波新書)

307
3.50
丸山眞男 1998年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

丸山真男と加藤周一の二人の碩学による対談。 丸山真男は60年安保闘争でのオピニオンリーダーの一人だったが、70年安保闘争では、全共闘から批判され、心労と... もっと読む

日本文学史序説〈下〉 (ちくま学芸文庫)

259
3.94
加藤周一 1999年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文学史を高校生や大学生の時にやった時には、ただ暗記していたように思う。特に近代以降のところは、ごちゃついていて、よく理解できなかった。歴史をきちんと理解し... もっと読む

日本人とは何か (講談社学術文庫)

250
3.48
加藤周一 1976年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ざっくりまとめ: 西洋での民主主義は、個人主義を前提として成立。個人主義=人間は事実的には平等でない。神との関係において、人間は平等であるという以外に平等... もっと読む

続 羊の歌―わが回想 (岩波新書 青版 690)

204
4.10
加藤周一 1968年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

★ 広国大の電子ブック ★ Maruzen eBook Library から利用 ※ 音声読み上げ機能付き ※ 【リンク先】 https://elib.... もっと読む

海の沈黙 星への歩み (岩波文庫 赤 565-1)

156
3.39
ヴェルコール 1973年2月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映画にもなりましたが、終始静かな作品で心に残ります。レジスタンス、運動に加われなくとも、私達に出来る、出来たのは、海よりも深い沈黙を徹すこと。 もっと読む

私にとっての二〇世紀―付 最後のメッセージ (岩波現代文庫)

113
3.93
加藤周一 2009年2月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「平和」への強い意志、また「平和」の意味を問いかける。それはとても単純なことだと改めて認識した。 以下引用。 「そもそも一人の男について、その性の... もっと読む

日本文化のかくれた形(かた) (岩波現代文庫)

102
3.73
加藤周一 2004年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

[ 内容 ] 日本の社会・文化・思想の深層に内在する「かくれた形」(アーキタイプス)とは何か。 「競争的な集団主義」など五つの特徴を分析する加藤氏、能... もっと読む

言葉と戦車を見すえて (ちくま学芸文庫)

90
4.20
加藤周一 2009年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本屈指の知識人加藤周一の論考集。表題の「言葉と戦車を見据えて」は氏の名著のひとつである。大学生なら必ず読んでおくべきであると思う。 もっと読む

『日本文学史序説』補講 (ちくま学芸文庫)

80
4.54
加藤周一 2012年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一気に読んでないのであまり覚えてない。座談会形式で結構いろんなジャンルの質問が出てた気がする。 もっと読む

文学とは何か (角川ソフィア文庫)

78
3.42
加藤周一 2014年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本には「思い出」も「想い」もあるが、それを今は展開出来ない。今回は特にこの文庫本のために書き下ろされた池澤夏樹の解説について、私の感想を書きたい。 ... もっと読む

学ぶこと思うこと (岩波ブックレット)

77
3.73
加藤周一 2003年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

是非学生諸君に読んでほしい。 もっと読む

日本その心とかたち (ジブリLibrary)

72
4.50
加藤周一 2005年7月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

該博な知識を縦横に展開して日本の美を語ってくれる。一年に一回は読みたい本。 もっと読む

読書術 (同時代ライブラリー)

61
3.54
加藤周一 1993年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・少なくとも一度や二度ゆっくり『論語』を読む ・教科書は一冊を繰り返し読んで、暗記に近い程度まで知り尽くす ・教科書をおそく読めば読むほど、そのほかの本を... もっと読む

文学とは何か

58
3.78
J‐P・サルトル 1998年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

借り物 もっと読む

歴史・科学・現代 加藤周一対談集 (ちくま学芸文庫)

55
3.89
加藤周一 2010年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 1966~1972年の間に行われた8つの対談。 もっと読む
全373アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×