加藤廣のおすすめランキング

プロフィール

加藤 廣(かとう ひろし)
1930年6月27日- 2018年4月7日
東京都生まれ。東京大学法学部卒業後、中小企業金融公庫(現日本政策金融公庫)に勤務し、調査部長などを歴任。山一証券経済研究所顧問、埼玉大学経済学部講師を経て経営コンサルタントとして独立し、ビジネス書執筆や講演活動を行う。
50歳頃から、人生を結晶させたものを残したいと考えるようになり、歴史関係の資料類を収集。2005年、『信長の棺』で作家デビュー。当時の小泉純一郎首相の愛読書との報道があって一気にベストセラーになり、高齢新人作家としても話題になった。のちに大阪経済大学経営学部客員教授も務めた。
『秀吉の枷』『明智左馬助の恋』を著し、『信長の棺』を含めて本能寺3部作と称される。ほか『水軍遙かなり』、『利休の闇』。その一方で『戦国武将の辞世 遺言に秘められた真実』、『意にかなう人生 心と懐を豊かにする16講』など歴史エッセイや教養書も刊行を続けていた。

加藤廣のおすすめランキングのアイテム一覧

加藤廣のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『信長の棺 上 (文春文庫)』や『信長の棺 下 (文春文庫)』や『信長の棺』など加藤廣の全98作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

信長の棺 上 (文春文庫)

1073
3.43
加藤廣 2008年9月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本能寺抜け穴説。歴史小説ではないですね。 ベストセラーだからと言って面白いとは限らないものです。 逆に司馬遼太郎や吉川英治ってすごいんだなあと考えさせ... もっと読む

信長の棺 下 (文春文庫)

898
3.46
加藤廣 2008年9月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦国時代もの好きにはたまりませんな。 …という以上でも以下でもなかった。 島田荘司の写楽ものもそうだったが、歴史の謎解き系の小説は、自説の主張と小説と... もっと読む

信長の棺

806
3.45
加藤廣 2005年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

探偵役に太田牛一を迎え、本能寺で消えた信長の遺体を探す歴史ミステリー小説。 「信長公記」を秀吉に監修されながら作成するやり取りがなかなか面白い。秀吉の思... もっと読む

秀吉の枷 上 (文春文庫)

518
3.54
加藤廣 2009年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『明智左馬助の恋』『信長の棺』の三部作のひとつ、三巻通じて、それぞれの立場から、本能寺の変での、信長の遺体の秘密について明かされています。 『秀吉の枷』... もっと読む

秀吉の枷 下 (文春文庫)

413
3.62
加藤廣 2009年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

秀吉の栄華と盛衰を分かりやすく書いていて、秀吉嫌いだったけどこの小説で信長殺しの罪に苛まれ信長の姪に豊臣家を滅ぼされてしまった秀吉を可哀想と思えるような書... もっと読む

秀吉の枷 中 (文春文庫)

408
3.58
加藤廣 2009年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おもしろなってきた。 もっと読む

明智左馬助の恋 上 (文春文庫)

329
3.57
加藤廣 2010年5月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本能寺三部作完結編の上巻。 前二作と違ったテイストと下巻への期待を込めて星四つ もっと読む

秀吉の枷 (上)

325
3.42
加藤廣 2006年4月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「秀吉の枷(上)」加藤廣著、日本経済新聞社、2006.04.18 374p ¥1,680 C0093 (2020.03.22読了)(2009.12.19... もっと読む

明智左馬助の恋 下 (文春文庫)

285
3.60
加藤廣 2010年5月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「明智左馬助の恋(下)」加藤廣著、文春文庫、2010.05.10 280p ¥600 C0193 (2020.06.11読了)(2019.01.21購入... もっと読む

秀吉の枷 (下)

268
3.38
加藤廣 2006年4月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「秀吉の枷(下)」加藤廣著、日本経済新聞社、2006.04.18 366p ¥1,680 C0093 (2020.04.16読了)(2008.11.08... もっと読む

空白の桶狭間 (新潮文庫)

232
3.43
加藤廣 2011年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

http://denki.txt-nifty.com/mitamond/2016/03/post-8791.html もっと読む

明智左馬助の恋

208
3.42
加藤廣 2007年4月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本能寺三部作の完結編だそうです。 前作を読んだあとほぼ一年が経過していたのを後悔しました。続けて読むが吉です。 左馬助かっこいいです。ラストまできれい... もっと読む

信長の血脈 (文春文庫)

177
3.26
加藤廣 2014年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編集。信長の脇役達、平手政秀、伊吹山、秀頼の本当の父親、三宅藤兵衛について。 自分の母から愛されず、孤独な信長を支えた傅役平手政秀。誰よりも信長を理解し... もっと読む

利休の闇

168
3.03
加藤廣 2015年3月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2021.0111 もっと読む

謎手本忠臣蔵〈上〉 (新潮文庫)

135
3.89
加藤廣 2011年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全3巻。 歴史ミステリー作家、 今度は忠臣蔵。 まあ、年末だし読んでみる。 忠臣蔵とは何だったのかを、 著者らしい切り口で探る 新しい忠臣... もっと読む

空白の桶狭間

133
3.33
加藤廣 2009年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

星4つ もっと読む

神君家康の密書

123
3.19

感想・レビュー

徳川家康へと時代が変わりつつある時の短編集。 蛍大名の変身(京極高次)、冥土の茶席(島井宗室)、神君家康の密書(福島正則)。 どの話も歴史の裏側を読み解く... もっと読む

黄金(きん)の日本史 (新潮新書)

117
3.41
加藤廣 2012年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

NHKカルチャーラジオ歴史再発見でこの4月~6月 「黄金から見直す日本史」というテーマで加藤廣さんが語っています。 ラジオを聴けるなら、本を読まなくて... もっと読む

安土城の幽霊 「信長の棺」異聞録 (文春文庫)

117
3.25
加藤廣 2013年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

藤吉郎放浪記 安土城の幽霊 つくもなす物語 秀吉の出自が実は、とか。 家康はグズでしつこいとか。 相変わらず、加藤さんの解釈が面白くて読み出したら止まら... もっと読む

謎手本忠臣蔵〈下〉 (新潮文庫)

115
3.78
加藤廣 2011年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まさに“謎手本”の表題通り、刃傷事件と討ち入りの真相に迫る歴史ミステリとして、興味深く読ませて頂きました。 個人的には“お安い涙”も嫌いではないので... もっと読む
全98アイテム中 1 - 20件を表示

加藤廣の関連サイト

ツイートする
×