加藤耕一のおすすめランキング

プロフィール

加藤耕一 監訳
東京大学大学院工学系研究科建築学専攻准教授。同大学院博士課程修了。博士(工学)。専門は西洋建築史。主著に『時がつくる建築―リノベーションの西洋建築史』(東京大学出版会)、『ゴシック様式成立史論』(中央公論美術出版)、『「幽霊屋敷」の文化史』(講談社現代新書)、訳書にJ.-M.ペルーズ・ド・モンクロ『芸術の都 パリ大図鑑 建築・美術・デザイン・歴史』(共訳、西村書店)、H.F.マルグレイヴ『近代建築理論全史1673-1968』(監訳、丸善)、S.ウダール・港千尋『小さなリズム: 人類学者による「隈研吾」論』(監訳、鹿島出版会)、S.タヴェルニエ・A.ヴェルイーユ『MONUMENTAL 世界のすごい建築』(監修、ポプラ社)、D.ガンズ『ル・コルビュジエ全作品ガイドブック』(共訳、丸善)などがある。

「2017年 『芸術の都 ロンドン大図鑑 英国文化遺産と建築・インテリア・デザイン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加藤耕一のおすすめランキングのアイテム一覧

加藤耕一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『「幽霊屋敷」の文化史 (講談社現代新書)』や『時がつくる建築: リノべーションの西洋建築史』や『芸術の都 ロンドン大図鑑 英国文化遺産と建築・インテリア・デザイン』など加藤耕一の全16作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

時がつくる建築: リノべーションの西洋建築史

98
3.60
加藤耕一 2017年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本は、建築の時間論を考えることで、建築の定義や建築と社会の関わり方、建築の使われ方といったことにも新たな視点をもたらしてくれている。 本書では、建て... もっと読む

芸術の都 ロンドン大図鑑 英国文化遺産と建築・インテリア・デザイン

56
5.00

感想・レビュー

【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】 https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/689955 もっと読む

芸術の都パリ大図鑑―建築・美術・デザイン・歴史

55
4.00

感想・レビュー

姫路大学附属図書館の蔵書を確認する→ http://library.koutoku.ac.jp/CARINOPACLINK.HTM?IS=9784890... もっと読む

エイズと闘った少年の記録 (心にのこる文学 (7))

46
3.91

感想・レビュー

見習いたい。色々と、見習いたい。。 そして偏見ってやはり、悪いもののみしか生まれないな。 自分の心のなかも要点検だ。 偏見の目が芽生えてそうなとき、あるか... もっと読む

小さなリズム: 人類学者による「隈研吾」論

20
4.00

感想・レビュー

隈研吾を人類学的手法で、分析評価するという本であると思ったが、 そもそも人類学的手法が、よくわからないので、 一体何をどのように、隈研吾を分解し、解体... もっと読む
全16アイテム中 1 - 16件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×