加藤聖文のおすすめランキング

プロフィール

1966年生まれ。歴史学者。国文学研究資料館准教授。専門は日本近現代史・東アジア国際関係史・記録資料学(アーカイブズ学)。近年は海外引揚研究を中心に活動している。

「2017年 『国民国家と戦争 挫折の日本近代史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加藤聖文のおすすめランキングのアイテム一覧

加藤聖文のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『「大日本帝国」崩壊―東アジアの1945年 (中公新書)』や『満鉄全史 「国策会社」の全貌 (講談社選書メチエ)』や『国民国家と戦争 挫折の日本近代史 (角川選書)』など加藤聖文の全71作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

「大日本帝国」崩壊―東アジアの1945年 (中公新書)

164
3.79
加藤聖文 2009年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

多民族国家としての「帝国」の崩壊プロセスが丁寧に整理されている。 もっと読む

満鉄全史 「国策会社」の全貌 (講談社選書メチエ)

77
3.75
加藤聖文 2006年11月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日露戦争から第二次世界大戦の敗戦まで、満洲国の中核を担ってきた満鉄。その政治的な経緯をひもときながら、なぜこの国策会社が実を結ばずに終わったのかを明らかに... もっと読む

国民国家と戦争 挫折の日本近代史 (角川選書)

29
2.00
加藤聖文 2017年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

序章で示されている通り、本書は「日本の近代を国民国家の視点から通観してみようという意図のものに書かれたもの」である。「開国から敗戦までの日本の近代を国民国... もっと読む

満蒙開拓団――虚妄の「日満一体」 (岩波現代全書)

22
2.83
加藤聖文 2017年3月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

満蒙開拓団とは、満州事変から太平洋戦争敗戦に至るまで、国が主導して行われた移民政策により、「満州国」に移り住んだ移民団を指す。 具体的にどんな土地なのか... もっと読む

満鉄全史 「国策会社」の全貌 (講談社学術文庫)

20
3.00
加藤聖文 2019年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

講談社選書メチエ版で既読。 もっと読む

敗戦と公文書廃棄

1
加藤聖文「敗戦と公文書廃棄 -植民地・占領期における実態-」(『史料館研究紀要』33号、2002年3月)の電子版。 もっと読む

ソ連軍政下の日本人管理と引揚問題

1
加藤聖文「ソ連軍政下の日本人管理と引揚問題 -大連・樺太における実態-」(『現代史研究』5号、2009年7月)の電子版。 もっと読む
全71アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする