加護野忠男のおすすめランキング

プロフィール

甲南大学特別客員教授、神戸大学名誉教授

「2016年 『松下幸之助』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加護野忠男のおすすめランキングのアイテム一覧

加護野忠男のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ゼミナール 経営学入門 ゼミナールシリーズ』や『「競争優位」のシステム―事業戦略の静かな革命 (PHP新書)』や『事業システム戦略―事業の仕組みと競争優位 (有斐閣アルマ)』など加護野忠男の全50作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ゼミナール 経営学入門 ゼミナールシリーズ

443
3.46
伊丹敬之 2003年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大学や大学院などで学ぶ経営学の教科書として良書だと思います。 現実の事象を抽象化・一般化した形で記述されており、具体例もいくつか織り込まれて出てきますが... もっと読む

「競争優位」のシステム―事業戦略の静かな革命 (PHP新書)

129
3.48
加護野忠男 1999年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

商品の差別化ではなくて、事業システムの差別化が 長期的な戦略構築の上で 重要だ という指摘は、 確かに、言えるのだ。 しかし、事業システムの差別化を... もっと読む

事業システム戦略―事業の仕組みと競争優位 (有斐閣アルマ)

123
3.46
加護野忠男 2004年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

某所で事業システムを構築するという話しが聞こえてきたので、事業システムとは?と思って買ってみた本。 具体例が多く、平易な文章で書かれていて読みやすか... もっと読む

経営戦略論

86
3.15
石井淳蔵 1996年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

経営戦略論のバイブル的な教科書という位置づけの本。初学者用にまとめられており、大学などでもテキストとして多く使われている。 戦略論を基礎から勉強するうえ... もっと読む

経営の精神 ~我々が捨ててしまったものは何か~

84
4.12
加護野忠男 2010年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

p.112「われわれの社会では、科学的な推論に対する信仰心があるから、そこから逸脱するには大きな勇気が必要である。」 もっと読む

松下幸之助に学ぶ経営学 日経プレミアシリーズ

53
3.50
加護野忠男 2011年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幸之助の行動から学ぶものは一般に言われたものが述べられており、目新しいものはない。一部組織論は筆者の考えか、分析が入っているが分かりにくい。 もっと読む

1からの経営学

51
4.00
加護野忠男 2012年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「経営学」指定教科書 内容は普遍的なので古さは感じないが、データがかなり古くなっているところがある。 もっと読む

1からの経営学

50
3.54
加護野忠男 2006年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ケーススタディの山 もっと読む

コーポレート・ガバナンスの経営学 -- 会社統治の新しいパラダイム

40
3.80
加護野忠男 2010年3月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

学部生がコーポレート・ガバナンスについて学ぶ上では最適な難易度であり,教科書としてはほぼパーフェクトと言っていい本。ただし章ごとに書き手が変わり,その中で... もっと読む

なぜあの人は「イキイキ」としているのか―働く仲間と考えた「モチベーション」「ストレス」の正体

39
3.44

感想・レビュー

お世話になっている人が一部分を執筆されているので購入。最近仕事に前向きでやりがいがあるので、イキイキと働き、生きるという内容の本が非常にしっくりと腹落ちす... もっと読む

経営はだれのものか 協働する株主による企業統治再生

31
3.60
加護野忠男 2014年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

四半期決算や内部統制等、アメリカ=アングロサクソン流の企業統治方法を法制的に導入したことが日本の企業の競争力を削ぎ、日本風に育ててきた企業統治をだめにした... もっと読む

企業のパラダイム変革 (講談社現代新書)

22
3.67
加護野忠男 1988年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

企業経営を行う上で絶対に必要になることを教えてくれた本。特に成長が鈍化して次の事業の柱を造らなくてはならないときに読むべき本だと思われる。 しかしながら... もっと読む

最強のスモールビジネス経営

22
3.17
加護野忠男 2005年7月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・人材育成は手間をかけることが大切。 ・事業の拡大を目的とするのではなく、仕事のプロセスを改善することを経営目標に掲げている企業の事例 ・中小企業の人材育... もっと読む

アメーバ経営が会社を変える―やる気を引き出す小集団部門別採算制度

16
3.20
三矢裕 1999年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

京セラを研究した時があって、その時に読んだ。アメーバ経営が非常に分かりやすく、紹介されていて、この1冊で概略がわかる。 もっと読む

日米企業の経営比較―戦略的環境適応の理論

14
3.33
加護野忠男 1983年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

80年代の本ですが、今の時代に最新IT企業でこの手法で分析するのをとっても期待。 もっと読む
全50アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする