勝目梓のおすすめランキング

プロフィール

1932年、東京生まれ。さまざまな職業に就きながら、同人誌『文藝首都』で執筆活動を続け、74年に「寝台の箱舟」で小説現代新人賞を受賞。『獣たちの熱い眠り』がベストセラーとなり、以降、官能とバイオレンスを軸に著作は300冊以上。70代で発表した自伝的な作品『小説家』は読書界で大きな反響を呼び、その後も『死支度』『秘事』『叩かれる父』などを上梓。20年3月、逝去。最新作は遺作となった『落葉の記』(文藝春秋)。

「2021年 『家族会議』 で使われていた紹介文から引用しています。」

勝目梓のおすすめランキングのアイテム一覧

勝目梓のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ひと粒の宇宙 (角川文庫)』や『極上掌篇小説』や『10分間の官能小説集 (講談社文庫)』など勝目梓の全1216作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ひと粒の宇宙 (角川文庫)

485
2.89
大岡玲 2009年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

30人もの作家さんを贅沢に使い作られた短編集。一つの話が長くて10ページ程だが、勿体ないので通勤途中に1日一作ずつゆっくり味わって読んだ。 多くの作家さ... もっと読む

10分間の官能小説集 (講談社文庫)

193
2.69
石田衣良 2012年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

石田衣良作品が読みたくて手にしました。本のタイトルが『官能小説…』とそのまんまなので少しとっつきにくい感がありますが、中身は著名作家の競作による短編集で、... もっと読む

エロスの記憶 (文春文庫)

146
2.94
小池真理子 2015年2月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小池真理子、他『エロスの記憶』文春文庫。 9人の作家による様々なストーリーの中にエロチックな香りのする短編9編を収録したアンソロジー。小池真理子、桐... もっと読む

異端者

67
2.83
勝目梓 2016年8月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

異端なのかどうなのか、結構そういう人いるのでは?幸せなら良いのでは? もっと読む

あしあと

61
2.71
勝目梓 2014年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2016年11月20日 もっと読む

10分間の官能小説集2 (講談社文庫)

57
2.57
勝目梓 2013年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んだことのある作家さんが一番多かったので2を購入。 しかし女流作家さん以外はなんとも、男の履き違えというか夢というか、あくまでフィクションだとしても、な... もっと読む

エロスの記憶 文藝春秋「オール讀物」官能的コレクション2014

40
3.00

感想・レビュー

こういうのを通勤電車の中で読むのは、ちょっと背徳的な感じがしないわけではない。でも、kindleなら表紙のタイトルも見えないしな。野坂昭如と山田風太郎は、... もっと読む

小説家

33
3.36
勝目梓 2006年10月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2016年11月27日 もっと読む

ある殺人者の回想

29
3.86
勝目梓 2013年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 勝目梓といえば、暴力とセックス満載の通俗エンタメ小説の巨匠だが、元々は純文学を志していた人である。  自伝作品『小説家』以来、彼は原点回帰のような純文... もっと読む

死支度

27
3.00
勝目梓 2010年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女性の体毛で作った枕と掛布団を着て寝ている老人の妄想。 もっと読む

おとなの童話 おかしなことに

24
2.43
勝目梓 2015年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大人の官能小説といったところ。リアリティがありブラックユーモアが加えられているように思うが、このジャンルが好きな人以外にはどうだろう・・・ もっと読む

小説家 (講談社文庫)

18
3.00
勝目梓 2009年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 バイオレンス小説の巨匠が、幼少期からの自らの人生を振り返った長編自伝小説。  私はほかの勝目作品は読んだこともないし興味もないが、小谷野敦と福田和也が... もっと読む

水槽の中の女 (novella*1200)

18
3.00
勝目梓 2016年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初めて読む作家さんです。 タイトルと表紙に惹かれて読んでみましたが、官能小説というか、なんというか。 官能小説は女流作家さんのをよく読むので嫌いではな... もっと読む

カレンダーにない日

17
2.00
勝目梓 2009年11月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作品の中出来事があまりにも先のことすぎて、いまいちピンと来なかった。 やはり20代で中年の話に、自己を投影するのは困難。 ただ性の自由ってこと... もっと読む

叩かれる父

17
2.88
勝目梓 2010年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分の明日を見る様な「怖さ」をも感じてしまう本でした。自分の境遇(と言っても、自分がまいた種の結果ですが)もあって、深く入り込んでしまう物語もありました。... もっと読む

鬼畜の宴 (光文社文庫)

16
2.89
勝目梓 2013年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日経新聞の書評で、勝目梓が紹介されていた。んっ?と思いながら、久しぶりに勝目梓の本を読んでみた。 これだけ多作で、怨念のようなものを感じさせる作家もいない... もっと読む

あしあと (文春文庫 か 11-4)

15
2.40
勝目梓 2016年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

勝目梓『あしあと』文春文庫。 熟達した筆で綴られる生と性をテーマにした10編の短編。ハード・バイオレンスの欠片も無く… 『万年筆』『記憶』『ひ... もっと読む
全1216アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×