北岡伸一のおすすめランキング

プロフィール

1948年、奈良県生まれ。76年、東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。東京大学教授を経て、現在は政策研究大学院大学教授。その間、04-06年、国連代表部次席大使を務める。主な著書に『日本陸軍と大陸政策』(東大出版会)、『清沢洌』(中公新書)、『自民党』(中公文庫)、『日本政治:外交と権力』(NHK出版)、『自民党―政権党の38年』(中公文庫 )、『政党から軍部へ―1924-1941』『「普通の国」へ』(いずれも中央公論新社)、『独立自尊―福沢諭吉の挑戦』(講談社)、 『国連の政治力学―日本はどこにいるのか』(中公新書)など多数。

「2018年 『独立自尊 福沢諭吉と明治維新』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北岡伸一のおすすめランキングのアイテム一覧

北岡伸一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『国連の政治力学―日本はどこにいるのか (中公新書)』や『日本政治史 -- 外交と権力』や『自民党―政権党の38年 (中公文庫)』など北岡伸一の全49作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

国連の政治力学―日本はどこにいるのか (中公新書)

173
3.48
北岡伸一 2007年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

[unknownからUN knownへ]ときに期待をもって、ときに失望をもって語られる国際連合。次席大使として、アカデミックの分野から国連における実務の分... もっと読む

日本政治史 -- 外交と権力

165
4.16
北岡伸一 2011年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コンパクトに近現代史が学べる。 もっと読む

自民党―政権党の38年 (中公文庫)

151
3.98
北岡伸一 2008年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦後70年を振り返る夏の自由研究、政治編。自民党政治=戦後政治史を概観した秀作。 自民党の成立には、冷戦・中選挙区・派閥が三位一体で関わっている。(社会... もっと読む

後藤新平―外交とヴィジョン (中公新書)

101
3.78
北岡伸一 1988年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

台湾経営、満鉄経営にて成果を挙げた後藤新平の生涯を追う一冊。 前半は生い立ちから台湾/満鉄について記述されているが 後半は日本に帰ってからの政治家とし... もっと読む

清沢洌―外交評論の運命 (中公新書)

99
3.63
北岡伸一 2004年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

地元の駅で購入する。興味を持ったのは、清沢のアメリカの排外主義に対する態度です。知識人たちは、アメリカの排外主義に悲憤慷慨しました。それに対して、清沢は、... もっと読む

官僚制としての日本陸軍

72
3.38
北岡伸一 2012年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者の博士論文をもとにした『日本陸軍と大陸政策 1906〜1918年』(東京大学出版会)の問題意識を引き継ぐ著作とのこと。論文集であるため、読み進めるにあ... もっと読む

日本の近代 5 政党から軍部へ―1924~1941

56
3.60
北岡伸一 1999年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 本書は1942年(大正13年)から1941年(昭和16年)までを扱っているが、これまでの「日本の歴史」のバックナンバーの中で、一番時代がわかるように思え... もっと読む

外交的思考

48
4.08
北岡伸一 2012年2月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

国連次席大使も務めた、日本政治外交史を専門とする著者のエッセイ集。 会員制国際情報誌『Foresight』(現在はウェブ版のみ)の『外交的思考』の連載(... もっと読む

日本の近代5 - 政党から軍部へ 1924~1941 (中公文庫)

48
3.80
北岡伸一 2013年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

軍部がどのように暴走し、内閣の命運を握る存在になっていったかを叙述する一般的な通史。日露戦争期には先進的だった軍隊が日中戦争期には時代遅れになり、その近代... もっと読む

日本人の歴史観 黒船来航から集団的自衛権まで (文春新書)

45
3.75
岡崎久彦 2015年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

3人の著名な文化人による対談集。 批評家から見た、戦前戦後の総括という感じ。 もっと読む

NHKさかのぼり日本史 外交篇[3]大正・明治 帝国外交の光と影 なぜ、欧米列強とならぶ「一等国」になりえたか

31
3.40
北岡伸一 2012年10月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

過去の著作から著者は保守的な立ち位置の歴史家と思っていたが、戦後70年の安倍晋三首相談話に関する政府の有識者会議「21世紀構想懇談会」の座長代理を務めた著... もっと読む

日本の近代 11 企業家たちの挑戦

28
3.20
宮本又郎 1999年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

明治時代から大正くらいにかけての、日本の主要な企業家らの紹介。近代日本の企業の構造などが知りたい人向けではない。企業一般よりも、人物に焦点を当てている。 もっと読む

日本政治の崩壊 - 第三の敗戦をどう乗り越えるか

26
3.50
北岡伸一 2012年4月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

国際政治学が専門で、時の政権にもいろいろと関わってきた北岡氏の寄稿した小論文等をまとめた本。自民党の安倍、福田、麻生政権 民主党の鳩山、菅、野田政権(20... もっと読む

日米同盟とは何か

25
3.67
北岡伸一 2011年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【所在・貸出状況を見る】 http://sistlb.sist.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=loca... もっと読む

独立自尊―福沢諭吉の挑戦

23
4.20
北岡伸一 2002年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

改めて知る、福沢諭吉の生涯とその意味するところ(独立自尊迎新世紀等)を味わっております。 もっと読む

世界の歴史〈30〉新世紀の世界と日本 (中公文庫)

23
2.50
下斗米伸夫 2010年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

冷戦後、体制の解体と民主化に世界は揺れ動いた。グローバリズムの潮流と紛争が続く地域問題の間で、新世紀はどこへ向かうのか?核削減や軍縮・環境問題・情報化など... もっと読む
全49アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする