北岡伸一のおすすめランキング

プロフィール

政治学者・歴史学者。東京大学名誉教授、国際協力機構(JICA)理事長。
1948年奈良県生まれ。東京大学大学院博士課程修了。法学博士(東京大学、1976年)。元国連次席大使(2004年4月~06年8月)。前国際大学学長。専門は日本政治外交史。

「2021年 『知徳国家のリーダーシップ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北岡伸一のおすすめランキングのアイテム一覧

北岡伸一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『国連の政治力学―日本はどこにいるのか (中公新書)』や『世界地図を読み直す:協力と均衡の地政学 (新潮選書)』や『自民党―政権党の38年 (中公文庫)』など北岡伸一の全63作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

国連の政治力学―日本はどこにいるのか (中公新書)

217
3.47
北岡伸一 2007年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

政治学者である著者が実際に国連で外交官として勤務していた経験を綴った1冊。 2007年刊行の本なので少し古いが、実際の現場の様子がわかりやすく書かれてい... もっと読む

世界地図を読み直す:協力と均衡の地政学 (新潮選書)

203
3.55
北岡伸一 2019年5月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【OPACへのリンク先】 https://lib.asahikawa-med.ac.jp/opac/opac_details/?lang=0&amode=... もっと読む

日本政治史 -- 外交と権力

192
4.10
北岡伸一 2011年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元は放送大学でのテキストだったそうだが、確かに教科書的である。明治維新から冷戦終結まで(戦後についてはかなり駆け足だが)の日本の政治史を「外交と権力」とい... もっと読む

後藤新平―外交とヴィジョン (中公新書)

157
3.67
北岡伸一 1988年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

後藤新平の偉大さを再認識させられます。 説明するのが苦手だったとかの人間らしい記述や語学が苦手だったとかの記述に勝手に親近感が湧きました。 もっと読む

明治維新の意味 (新潮選書)

152
3.77
北岡伸一 2020年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幕末から明治維新については、何となく知っている気がしていたが、改めて当時の国際関係を含む政治史についての本書を読んで、大久保利通の偉大さや伊藤博文の博学さ... もっと読む

官僚制としての日本陸軍

96
3.41
北岡伸一 2012年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者の博士論文をもとにした『日本陸軍と大陸政策 1906〜1918年』(東京大学出版会)の問題意識を引き継ぐ著作とのこと。論文集であるため、読み進めるにあ... もっと読む

日本の近代5 - 政党から軍部へ 1924~1941 (中公文庫)

75
3.83
北岡伸一 2013年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全般として、政治責任と国際情勢への向き合い方という、この時期の政治にいまひとつ欠けていたらしい重大なピースについて、読み進めながら考えを向けざるをえなかっ... もっと読む

日本の近代 5 政党から軍部へ―1924~1941

66
3.60

感想・レビュー

 通史だが、北岡節が感じられ楽しい(「石原のような人物を持ったことが、日本にとっての悲劇」「『対手にせず』声明は、昭和政治史の最大の愚行の一つ」等)。また... もっと読む

日本人の歴史観 黒船来航から集団的自衛権まで (文春新書)

63
3.83
岡崎久彦 2015年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2002年の保守系論者による鼎談で、総じてマルクス主義史観を批判する内容なのだが、最近は実証主義の隆盛により歴史観もだいぶニュートラルになり、ここで話され... もっと読む

日本政治史 -- 外交と権力 増補版

56
4.00
北岡伸一 2017年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

良書。さすが北岡先生。勉強に裏付けされた断言力と前向きで思いのある文章。そしてまとめかたが美味しいとこを知れる感じ。一言で言えばズレがない。他の本も読んで... もっと読む

外交的思考

53
4.20
北岡伸一 2012年2月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

国連次席大使も務めた、日本政治外交史を専門とする著者のエッセイ集。 会員制国際情報誌『Foresight』(現在はウェブ版のみ)の『外交的思考』の連載(... もっと読む

平和はいかに失われたか―大戦前の米中日関係もう一つの選択肢

48
3.20

感想・レビュー

これはすごい一級史料だね。 ワシントン体制 =中国の主権を尊重するのもであるが、あくまでも 列強間の権益を調節するものある。 ↓ 満州国益を... もっと読む

独立自尊―福沢諭吉の挑戦 (中公文庫)

43
4.50
北岡伸一 2011年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

北岡伸一氏「明治維新」に もっと読む

NHKさかのぼり日本史 外交篇[3]大正・明治 帝国外交の光と影 なぜ、欧米列強とならぶ「一等国」になりえたか

40
3.50
北岡伸一 2012年10月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

過去の著作から著者は保守的な立ち位置の歴史家と思っていたが、戦後70年の安倍晋三首相談話に関する政府の有識者会議「21世紀構想懇談会」の座長代理を務めた著... もっと読む

日本の近代 11 企業家たちの挑戦

39
3.50

感想・レビュー

明治時代から大正くらいにかけての、日本の主要な企業家らの紹介。近代日本の企業の構造などが知りたい人向けではない。企業一般よりも、人物に焦点を当てている。 もっと読む
全63アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×