北村薫のおすすめランキング

プロフィール

1949年埼玉県生まれ。高校教師を務めるかたわら、89年『空飛ぶ馬』で作家デビュー。91年『夜の蝉』で日本推理作家協会賞、09年『鷺と雪』で第141回直木賞、15年には第19回日本ミステリー文学大賞を受賞した。エッセイや評論、編集の分野でも活躍している。近著に『八月の六日間』『太宰治の辞書』『中野のお父さん』など。

北村薫のおすすめランキングのアイテム一覧

北村薫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『スキップ (新潮文庫)』や『ターン (新潮文庫)』や『空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)』など北村薫の全168作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

スキップ (新潮文庫)

4105
3.66
北村薫 1999年6月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全然覚えてないのだけど、こんなような夢を見たような でも全く覚えてないので、全然別のきっかけだったのかもしれないけど。 なんか突然、この本が気にか... もっと読む

ターン (新潮文庫)

3966
3.61
北村薫 2000年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

北村薫の描く主人公が大好きだ。 凛としてて、一本芯が通ってて、明るく前向きで、妙に生真面目だけどユーモアもある。 読んでて爽やかで清々しく温かい。 ... もっと読む

空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

3342
3.69
北村薫 1994年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「おれもばかだが、おまえもばかだね。  そうやって浮世のつらさを笑い飛ばす。それが落語なんです」 これは大好きな落語家、立川談春さんの高座で聴いた言葉... もっと読む

リセット (新潮文庫)

2559
3.58
北村薫 2003年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「時と人」3部作、ようやく本棚に並びました。 最初に読んだのはまだ学生の時で、 いまいちよく分からなかったのですよねぇ。 やっぱり『スキップ』の感動... もっと読む

夜の蝉 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

2170
3.72
北村薫 1996年2月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これは「円紫さんシリーズ」ではなく「円紫さんと『私』シリーズ」であることを再認識。 ミステリであると同時に「私」の成長物語でもあるんだなぁ。 『夜の蟬... もっと読む

七つの黒い夢 (新潮文庫)

2164
3.06
乙一 2006年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

amazonのカスタマーレビューが低かったので、全く期待せずに読んだのが良かったのかもしれない。 思ったより面白かったし、かなり読みやすい。 でもタイ... もっと読む

六の宮の姫君 (創元推理文庫)

1997
3.60
北村薫 1999年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

円紫さんと私シリーズの4作目 大学4年を迎え卒業論文を書くことになった「私」は、文豪・芥川龍之介をテーマに 芥川作品の「六の宮の姫君」を掘り下げ、... もっと読む

街の灯 (文春文庫)

1921
3.72
北村薫 2006年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み始め…17.4.27 読み終わり…17.4.28 昭和初期の華族・士族のお嬢さまたちのお話ですが 身分でこその品格のある世界観ではありながら... もっと読む

秋の花 (創元推理文庫)

1856
3.70
北村薫 1997年2月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もう亡くなってしまった少女として、会話の中や回想にしか出てこない津田真理子の、圧倒的な存在感。 凛として、まっすぐなまなざしで未来を見つめていた彼女の命... もっと読む

月の砂漠をさばさばと (新潮文庫)

1853
3.79
北村薫 2002年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

9歳のさきちゃんと、もの書き作家のお仕事をするお母さんは 二人暮らしの仲良し母娘。二人のまいにちの暮らしには 新しい発見があり、嬉しいことあり、おいし... もっと読む

朝霧 (創元推理文庫)

1530
3.60
北村薫 2004年4月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

円紫さんと私シリーズも5作目にきました。 久しぶりに戻ってきました短編集。そして落語満載なのも久しぶり。 前回と前々回は落語が少なめで、寂しく思っ... もっと読む

八月の六日間

1485
3.66
北村薫 2014年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ブログでもTVでも紹介されていた本でしたが、なぜか食指が動かず。先日本屋のポップに誘われ何気なく開き、表題の八月の六日間をぱらりとめくり、挿画に思わずあっ... もっと読む

覆面作家は二人いる (角川文庫)

1473
3.45
北村薫 1997年11月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本作は3つの短編が収録されているんだけど どれもが岡部良介が持ち込む身の回りの事件を、 千秋がササっと解決してしまうという話なんだけど この千秋のキ... もっと読む

玻璃の天 (文春文庫)

1352
3.96
北村薫 2009年9月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昭和初期の帝都を舞台に、令嬢英子と女運転手ベッキーさんが 不思議な謎に挑むベッキーさんシリーズの2作目では、ベッキーさんこと 別宮みつ子氏の素性が明ら... もっと読む

鷺と雪

1289
3.66
北村薫 2009年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ベッキーさん三部作のラスト。2.26事件の話だというのは事前に知っていたので、宮部みゆきさんの「蒲生邸事件」を読みながらさらりと下調べ程度はしました。 2... もっと読む

盤上の敵 (講談社文庫)

1229
3.43
北村薫 2002年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内容(「BOOK」データベースより) 我が家に猟銃を持った殺人犯が立てこもり、妻・友貴子が人質にされた。警察とワイドショーのカメラに包囲され、「公然の密室... もっと読む

和菓子のアンソロジー (光文社文庫)

1129
3.42
坂木司 2014年6月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

坂木さんご自身があとがきで、「明るくおいしく楽しいものを思い浮かべる方が多いのでは」と書かれています。 その通り!! 私ももちろんそう思っていまし... もっと読む

覆面作家の愛の歌 (角川文庫)

1115
3.46
北村薫 1998年5月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前作の「覆面作家は二人いる」で、千秋お嬢様のキュートさに メロメロになってしまった。 そんな御嬢様の担当編集者岡部良介は、保護者状態。 そこにライバ... もっと読む

鷺と雪 (文春文庫)

1111
3.98
北村薫 2011年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

柔らかく、優しいミステリーのベッキーさんシリーズの3作目、最後です。 「鷺(さぎ)と雪」 前作から数年を経て、昭和10年頃。 上流階級は変わらず... もっと読む

秘密。―私と私のあいだの十二話 (ダ・ヴィンチ・ブックス)

1086
3.39
吉田修一 2005年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表紙の女の子の表情と参加している作家さんと、タイトルに惹かれた本。 1編の長さはどれも短いけど、ドキッとするお話ばかり。 吉田修一さんの「ご不在票」の... もっと読む
全168アイテム中 1 - 20件を表示

北村薫に関連する談話室の質問

ツイートする