北杜夫のおすすめランキング

プロフィール

北杜夫
一九二七(昭和二)年、東京生まれ。父は歌人・斎藤茂吉。五二年、東北大学医学部卒業。神経科専攻。医学博士。六〇年、『どくとるマンボウ航海記』が大ベストセラーとなりシリーズ化。同年『夜と霧の隅で』で第四三回芥川賞受賞。その他の著書に『幽霊』『楡家の人びと』『輝ける碧き空の下で』『さびしい王様』『青年茂吉』など多数。『北杜夫全集』全一五巻がある。二〇一一(平成二三)年没。

「2023年 『どくとるマンボウ航海記 増補新版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北杜夫のおすすめランキングのアイテム一覧

北杜夫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『どくとるマンボウ航海記 (新潮文庫)』や『どくとるマンボウ青春記 (新潮文庫)』や『夜と霧の隅で (新潮文庫)』など北杜夫の全696作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

どくとるマンボウ航海記 (新潮文庫)

1926
3.63
北杜夫 1965年3月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「読書会」 課題図書 半世紀ぶりに再読 初めて読んだ若い頃、すっかり北杜夫のファンになって たくさんの著書を読んだ あの目新しかったユーモア、... もっと読む

どくとるマンボウ青春記 (新潮文庫)

1072
3.82
北杜夫 2000年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

しばらく前に 「どくとるマンボウ航海記」 を50 年振りくらいに再読して、 懐かしさと、 より大 きな面白さがあったので、 高校時代の思い出を たぐりたく... もっと読む

夜と霧の隅で (新潮文庫)

899
3.57
北杜夫 1963年7月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ナチスによる安死術の指令と精神科医による限度を超えた治療。医師の本当の良心についての有無に恐怖を覚えた表題作。読後に寒気を覚え、繰り返し読んだ『岩尾根にて... もっと読む

アンソロジー カレーライス!!

686
3.40
阿川佐和子 2013年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いやぁ~、お腹空いた~!( >_<) エッセイの間に挟まれた様々なカレーの写真といい、 真っ黄色な紙といい、 著名人たちの好きが溢れたカレーエピ... もっと読む

楡家の人びと 第一部 (新潮文庫)

682
3.96
北杜夫 2011年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

時は大正時代。時代の流れのなかで紡がれる楡家の人々の物語。 物語はその中心地である楡病院の院長にして創始者である楡基一郎の一代記でもある。 楡基一... もっと読む

楡家の人びと 上 (新潮文庫 き 4-6)

507
3.72
北杜夫 1994年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

誇大妄想気味の祖父が建てた精神病院と、作者の一族をモデルにした楡家の物語。 フィクションとはしているけれど、作者の実体験も相当入っているはず。一族の人た... もっと読む

幽霊―或る幼年と青春の物語 (新潮文庫)

462
3.69
北杜夫 1965年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

言語化しようとするものの視点や、表したい事は分かったが、自分には楽しさや意外性が足りず通読が少し苦痛に感じられた。 もっと読む

ぼくのおじさん (新潮文庫)

445
3.35
北杜夫 1981年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

北杜夫さんの児童文学作品集といった感じです。 「ぼくのおじさん」 は、当初、中学生向雑誌に連載とのこと。 ぼくのおじさんは、大学の臨時講師っぽい。兄の家に... もっと読む

きのこ文学名作選

416
4.02
飯沢耕太郎 2010年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

きのこきのこきのこ〜♪ きのこをテーマにした短編アンソロジー。 きのこって、姿形の成果、毒があるものもあるせいか、不思議な存在がありますよね。絵本でも... もっと読む

船乗りクプクプの冒険 (集英社文庫)

414
3.47
北杜夫 2009年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初めての作家さんはいい!描く世界が新鮮。 物語の中の物語、その中にキタ・モリオが小説家として出てくるなんて思わなかったなぁ。きっとお茶目な人なんだろう。... もっと読む

ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)

374
3.20
椎名誠 2014年6月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「メンクイ」です。 といっても「麺食い」のほう。 だけどラーメンは苦手……。中華そば系はだいじょうぶ。インスタントは袋もカップもあまり食べないけど大好... もっと読む

楡家の人びと 下 (新潮文庫 き 4-7)

371
3.66
北杜夫 1995年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者自身の生家、齋藤脳病院をモデルにした楡脳病院を舞台に楡家が没落していく様を描いた作品。とにかく、変わった人がどんどん登場してきて、かなり後半に登場する... もっと読む

さびしい王様 (新潮文庫)

356
3.67
北杜夫 1981年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

子供の頃の愛読書…だったはずなのだが、内容を忘れていたので再読。 ちょっとおフザケがすぎる感じはあるが、なるほど、子供の頃はこういうのが好きだった。王様... もっと読む

楡家の人びと 第二部 (新潮文庫)

351
3.87
北杜夫 2011年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

楡基一郎の死後、火災で焼け落ちた青山の「楡脳病科病院」は、松原に本院を移すことに。 基一郎の長女・龍子の夫、徹吉が院長になるが、彼は義父ほどのカリスマ性... もっと読む

船乗りクプクプの冒険 (新潮文庫)

348
3.60
北杜夫 1971年3月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読書って、自分以外の人生の追体験をできるところがいいところだと思うんだけど、その夢を小説として書いてるのがこの作品。 自分が実際に物語の主人公になったら、... もっと読む

楡家の人びと 第三部 (新潮文庫)

318
4.06
北杜夫 2011年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第三部にして最終巻。 一気読みしてしまったがページをめくるのがもったいなかった。 予想に反して戦後はほとんど描かれず、敗戦直後までが各人物の視点を借り... もっと読む

どくとるマンボウ昆虫記 (新潮文庫)

305
3.55
北杜夫 1966年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(2014.12.23読了)(2014.12.21拝借) 奥本訳の『ファーブル昆虫記ジュニア版』全八巻(集英社)を読み終わったので、ついでにこの本も読ん... もっと読む

船乗りクプクプの冒険 (集英社文庫 30-A)

205
3.53

感想・レビュー

本当に読んだのは新潮社の文庫『船乗りプクプクの冒険』定価280円なり。 Amazonで出ないのだから、たぶん絶版なんだろな。 北杜夫くらいの大作家にな... もっと読む

怪盗ジバコ (文春文庫 き 1-8)

202
3.58
北杜夫 2009年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 これぞユーモア小説と思わせてくれる一冊です。50年近くも前の作品なのに、今読んでもやはりおもしろい。ときおり昔の言葉づかいが出てきますが、作品内に表現さ... もっと読む

どくとるマンボウ航海記 (中公文庫 A 4-3)

171
3.67
北杜夫 1973年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

テンポの良い文体とたまに隅っこに登場するイラストが好みです。疲れた目には少々辛いですが笑、味わいある本にワクワクします。テンポの良いユーモアをゆっくり楽し... もっと読む
全696アイテム中 1 - 20件を表示

北杜夫に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×