北森鴻のおすすめランキング

プロフィール

1961年山口県生まれ。駒澤大学文学部歴史学科卒業。’95 年『狂乱廿四孝』で第6回鮎川 哲也賞を受賞しデビュー。’99 年『花の下にて春死なむ』(本書)で第 52 回日本推理作家協会賞短編および連作短編集部門を受賞した。他の著書に、本書と『桜宵』『螢坂』『香菜里屋を知っていますか』の〈香菜里屋〉シリーズ、骨董を舞台にした〈旗師・冬狐堂〉シリーズ 、民俗学をテーマとした〈蓮丈那智フィールドファイル〉シリーズなど多数。2010 年 1月逝去。

「2021年 『香菜里屋を知っていますか 香菜里屋シリーズ4〈新装版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北森鴻のおすすめランキングのアイテム一覧

北森鴻のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『花の下にて春死なむ (講談社文庫)』や『凶笑面 蓮丈那智フィールドファイルⅠ (新潮文庫)』や『メイン・ディッシュ (集英社文庫)』など北森鴻の全223作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

花の下にて春死なむ (講談社文庫)

1544
3.56
北森鴻 2001年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

安楽椅子探偵もの。全6編の連作ミステリ。 ビアバー「香菜里屋」シリーズ1作目。 「終の棲み家」「魚の交わり」が特に好きだなあ。出てくる料理が美味しそう。こ... もっと読む

凶笑面 蓮丈那智フィールドファイルⅠ (新潮文庫)

1135
3.60
北森鴻 2003年1月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

民俗学と殺人事件をコラボしたミステリー小説。民俗学のフィールドワークに行くたびに、殺人事件に遭遇する女性民俗学者の蓮丈那智と助手の内藤三國。冷ややかで中性... もっと読む

メイン・ディッシュ (集英社文庫)

1097
3.74
北森鴻 2002年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お料理×ミステリはやっぱり面白い。 舌では料理を、頭では謎解きを味わう。何とも忙しい、そして至福の時間だった。 各ストーリーは順にコース料理が運ばれてく... もっと読む

桜宵 (講談社文庫)

950
3.69
北森鴻 2006年4月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2作目 相変わらずビールと創作料理が美味しそう。 今回は友人の香月さんも出てきて、あれ?この感じ、しろくまくんとグリちゃん?とニヤニヤしていたら、ラストが... もっと読む

螢坂 (講談社文庫)

791
3.75
北森鴻 2007年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ三作目。 人生の一ページ、そこに心残りや謎を絡ませていく五つの物語。 うん、雨の夜はこんな静かなバーとちょっとした謎解きが実に心地よい。 じっと... もっと読む

触身仏 蓮丈那智フィールドファイルⅡ (新潮文庫)

781
3.70
北森鴻 2005年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

民俗学・上代神話の蘊蓄もしっかり楽しめるミステリー短編集。 「ミステリー」の部分が多少とってつけたようなエピソードもあるものの、 短編の長さでよくばり... もっと読む

狐罠 (講談社文庫)

771
3.70
北森鴻 2000年5月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

骨董業界の 騙しあい、ミステリー作品。 最初から 最後まで、 面白い。 骨董好きには、おすすめ。 もっと読む

写楽・考 蓮丈那智フィールドファイルIII (新潮文庫)

709
3.66
北森鴻 2008年1月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

憑代、鳥居が信仰の対象で奥の社殿は神の住処の具現化ということ、神を殺すことで食物を与えてもらう棄神、フェルメールのカメラ・オブスキュラが写楽に繋がっている... もっと読む

孔雀狂想曲 (集英社文庫)

670
3.61
北森鴻 2005年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私自身は骨董品とか古本とか集めようとかぜんぜん思わないけど、なぜかそういう世界に惹かれる。 この本は下北沢の骨董品が舞台で、そこで起こるミステリー。... もっと読む

メビウス・レター (講談社文庫)

599
3.19
北森鴻 2001年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

入り組み絡み合った真相。 登場人物が少なくて、結末は終盤に予想が出来てしまったのが残念。 半分くらい読んだところで、物語の鍵となる部分も予想できてしまう。... もっと読む

狐闇 (講談社文庫)

565
3.66
北森鴻 2005年5月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

壮大なミステリ、の一冊。 狐シリーズ2冊目。 前作より面白かった。 旗師冬狐堂 宇佐見陶子が競り落とした魔鏡。 それを発端に陶子の周囲で謎の不審死が... もっと読む

香菜里屋を知っていますか (講談社文庫)

557
3.84
北森鴻 2011年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

北森鴻の小説は初めて読んだ。ビアバー香菜里屋の主人工藤哲也が、バーに集う客の謎を解く短編集の最終巻らしい。推理自体はそうなのかもしれないという感じかな。謎... もっと読む

親不孝通りディテクティブ (講談社文庫)

483
3.24
北森鴻 2006年8月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりに退屈な話だった… キャラクターの立たせ方が個人的に好きではない。 ただただダサい。続編?あるんだ。もう手には取らない。 もっと読む

旗師・冬狐堂 緋友禅 (文春文庫―旗師・冬狐堂 (き21-4))

477
3.75
北森鴻 2006年1月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女性旗師、冬狐堂を主人公に骨董業界に起こる怪事件を巡る短編集。 蓮丈那智シリーズと双璧をなす作風で、どちらもヒロインの深い造詣と孤高の人生が格好いい、 相... もっと読む

共犯マジック (徳間文庫)

461
3.29
北森鴻 2004年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『フォーチュンブック』という不幸なことだけを予言する占いの本にまつわる7つの短編集、だと思って一章ずつ読んでいたことを途中で後悔。 いや、プロローグをし... もっと読む

旗師・冬狐堂 瑠璃の契り (文春文庫)

428
3.76
北森鴻 2008年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

旗師・冬狐堂シリーズ第2弾。 とは言っても文春文庫での第二弾で、どちらも短編集です。 その前に講談社から長編2冊が出てるので通算4冊目になります。 ... もっと読む

支那そば館の謎 裏京都ミステリー (光文社文庫)

413
3.33
北森鴻 2006年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

怪盗と呼ばれた過去を持つ大悲閣千光寺の寺男有馬次郎。住職のおかげで表の世界の住人になりましたが奇妙な事件が持ち込まれると昔の能力と人脈を使って事件解決を試... もっと読む

香菜里屋を知っていますか

407
3.58
北森鴻 2007年11月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

北森鴻さんが亡くなって以来、著作を読めないでいた。久しぶりにあのマスターに会いたくなり、頁を捲る。 焼き杉造りの扉を開けると、工藤が人懐こい笑みを浮... もっと読む

金田一耕助に捧ぐ九つの狂想曲 (角川文庫)

348
3.41
赤川次郎 2012年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

無題 京極 夏彦★★★ キンダイチ先生の推理 有栖川 有栖★★★★ 愛の遠近法的倒錯 小川 勝己★★★★★ ナマ猫邸事件 北森 鴻★★★... もっと読む
全223アイテム中 1 - 20件を表示

北森鴻に関連する談話室の質問

ツイートする
×