千早茜のおすすめランキング

プロフィール

1979年北海道生まれ。2008年『魚神』で小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。09年に同作で泉鏡花文学賞を、13年『あとかた』で島清恋愛文学賞、21年『透明な夜の香り』で渡辺淳一賞を受賞。他の著書に『からまる』『眠りの庭』『男ともだち』『クローゼット』『正しい女たち』『犬も食わない』(尾崎世界観と共著)『鳥籠の小娘』(絵・宇野亞喜良)、エッセイに『わるい食べもの』などがある。

「2021年 『ひきなみ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

千早茜のおすすめランキングのアイテム一覧

千早茜のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『透明な夜の香り』や『西洋菓子店プティ・フール (文春文庫)』や『男ともだち (文春文庫)』など千早茜の全163作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

透明な夜の香り

2259
4.26
千早茜 2020年4月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

以前から「言葉で絵が描ける」力量のある作家だなあと追いかけてきた千早さんの今年4月発売の作品。 今回は「言葉で香りを描く」という難題に挑戦されている... もっと読む

西洋菓子店プティ・フール (文春文庫)

1543
3.82
千早茜 2019年2月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

甘い話ではなく、ほろ苦い話。 かわいいオシャレな女の子ではなく、芯を持った職人の話。 少しせつなく、もどかしい話だった。 もっと読む

男ともだち (文春文庫)

1461
3.79
千早茜 2017年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カリスマ書店員がイチオシしているというので読んでみた。知らない作家さんだったけど他著も読みたくなるくらい面白い。やっぱり書店員さんの発掘力は恐るべし。 もっと読む

男ともだち

1356
3.67
千早茜 2014年5月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

151回(2014年上半期)直木賞候補作。 前に「あとかた」という短編集を読んでいます。 神名(かんな)葵は、29歳のイラストレーター。 絵本作... もっと読む

西洋菓子店プティ・フール

1176
3.56
千早茜 2016年2月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

下町のケーキ屋さんを舞台に描く人間模様。 ものすごく美味しそうなスイーツと絡めつつ、視点が変わるたびに文体も変わる連作短編です。 寂れかけた商店街... もっと読む

さんかく

1019
3.69
千早茜 2019年10月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「三角関係未満の揺れ動く女、男、女の物語」と帯にはある はじめの『塩むすび』の章を読み始めた時は、わあ、おいしそう こんなゆったりした文章大好き、肩を張... もっと読む

犬も食わない

671
3.48
尾崎世界観 2018年10月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

千早茜×尾崎世界観の掛け合いにしびれた ふたりの毒々しく痛い切り取り方が好きだな ~結局、あたしにとっての恋愛は、自らの期待との戦いなのだ。(ひと... もっと読む

魚神

653
3.64
千早茜 2009年1月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『魚神』千早茜 宇野亜喜良さんの表紙が素晴らしい。このイラストが、内容の雰囲気を語り尽しているとまで思う。   「恐ろしさと美しさを兼ね備えているもの... もっと読む

神様の暇つぶし

631
3.95
千早茜 2019年7月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

父親が亡くなり、空っぽの日々を送っている藤子。ある時父親の友人(父親より年上)に心惹かれてしまいます。ワイルドで小汚くて、細やかでガサツな有名カメラマン。... もっと読む

おとぎのかけら 新釈西洋童話集

629
3.49
千早茜 2010年8月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

七つの西洋童話をモチーフに現代風に紡いだ短編集。 慣れ親しんだおとぎの国の遠い世界のお話は、確かに現実的でない。 どこか安心して読めてしまう。そこ... もっと読む

([ん]1-4)明日町こんぺいとう商店街 (ポプラ文庫)

626
3.47
大島真寿美 2013年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大山さんの「あずかりやさん」で大好きになった明日町こんぺいとう商店街。 その商店街に七人の作家さんがお店を開店。 読んだことのない作家さんが3人。... もっと読む

魚神 (集英社文庫)

618
3.63
千早茜 2012年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

千早茜さんワールド全開な作品。 幻想的で、肌に張り付くような気だるさと そこに自分が引き込まれてしまう妖しい空気感。 この手の作品が大好きなので 千早... もっと読む

あとかた (新潮文庫)

588
3.83
千早茜 2016年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

かたちだけを求める恋愛はものすごく虚しい。 もっと読む

クローゼット

554
3.71
千早茜 2018年2月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

背表紙より 秘密と痛みに縛られ、 男性が苦手なまま大人になった洋服補修士の女。 要領よく演技するのが得意。 だけどほんとうに好きな事から 逃げてばかりい... もっと読む

あとかた

549
3.55
千早茜 2013年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

直木賞ノミネート作。 惜しくも落選したけれど、個人的には割と好きな部類。 作品全体を覆う、淋しさや孤独。 誰かと繋がりたいけれど繋がれない。 ... もっと読む

クローゼット (新潮文庫)

537
3.72
千早茜 2020年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

真っ白な服飾美術館を舞台に、服飾修復師の纏子の再生のおはなし。 著者の服飾に対する愛情がひしひしと伝わってくる。 素敵なものがたりだったなあ。自分の作品... もっと読む

からまる (角川文庫)

525
3.83
千早茜 2014年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あっという間に読み切った。ぐいぐいと引き込まれた。パズルのピースがパチッパチッとはまっていくような構成になっている。 登場人物たちは薄い関係を保つことを... もっと読む

正しい女たち

504
3.31
千早茜 2018年6月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本当に千早さんは、読み手を嫌な気持ちにさせたりハラハラさせるのが上手い。今回も、女同士のマウントの取り合いやら男の馬鹿さやらで手汗びちゃびちゃにしながら読... もっと読む

わるい食べもの

478
3.67
千早茜 2018年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

独身で一人暮らしの社会人。 これまでの人生の中で、今がもっとも自由だな、と感じる。 その理由は、なるほど、食の自由を謳歌しているからだとこの本を読んでしみ... もっと読む

恋の聖地: そこは、最後の恋に出会う場所。 (新潮文庫)

428
3.29
原田マハ 2013年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

恋の聖地シリーズ?最新刊が良かったのでこちらも。 予想に反して重い話が多かった。 もっと軽く楽しめるかと思ったんだけど・・・。 私がよく読むのは... もっと読む
全163アイテム中 1 - 20件を表示

千早茜に関連する談話室の質問

ツイートする
×