千早茜のおすすめランキング

プロフィール

1979年北海道生まれ。2008年『魚神』で小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。09年に同作で泉鏡花文学賞を、13年『あとかた』で島清恋愛文学賞、21年『透明な夜の香り』で渡辺淳一賞を受賞。他の著書に『からまる』『眠りの庭』『男ともだち』『クローゼット』『正しい女たち』『犬も食わない』(尾崎世界観と共著)『鳥籠の小娘』(絵・宇野亞喜良)、エッセイに『わるい食べもの』などがある。

「2021年 『ひきなみ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

千早茜のおすすめランキングのアイテム一覧

千早茜のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『透明な夜の香り』や『透明な夜の香り (集英社文庫)』や『しろがねの葉』など千早茜の全207作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

透明な夜の香り

7006
4.16
千早茜 2020年4月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

好きな香りは何と問われると何と答えるだろう。こだわりの香りは、私の生活にはない。季節に咲く花の香りが心地よく感じることはあるけれど。初めて手にする千早茜さ... もっと読む

透明な夜の香り (集英社文庫)

5168
4.20
千早茜 2023年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

仕事が忙しくて本を読む時間も取れず、読み終えても感想を書く暇もなく、興味深い本だったのにその面白さが薄れていく…。 森の奥の古い洋館に住み客の望むどんな... もっと読む

しろがねの葉

4573
4.03
千早茜 2022年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第168回直木賞受賞(2022年)。 江戸時代の石見銀山の盛衰を見つめた、ひとりの女性、ウメの一代記。 余分を極限までそぎ落とし... もっと読む

赤い月の香り

4451
3.95
千早茜 2023年4月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『透明な夜の香り』を読了して、しばらく経っていたけれど、千早茜さんの丁寧な人物描写によって、個性的な登場人物たちが鮮やかに思い出され、すっと作品の世界に入... もっと読む

西洋菓子店プティ・フール (文春文庫 ち 8-2)

3874
3.74
千早茜 2019年2月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公の女性は、フランス留学もしたパティシエ。有名店で働いていたが、今は下町の祖父の店「プティ・フール」で、その技術も受け継ごうとしている。 ですので、短... もっと読む

男ともだち (文春文庫 ち 8-1)

3538
3.83
千早茜 2017年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あなたは今までの人生の中で異性の”ともだち”をもったことがあるでしょうか? 頭の中にパッと何人かの顔が思い浮かぶ方もいるかもしれません。男女の”ともだち... もっと読む

さんかく

2647
3.69
千早茜 2019年10月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

正和は、大学生の時に、バイトで一緒だった夕香の賄いが、忘れられなかった。 偶然に、正和と夕香は、古い京町家で同居する事になる。 正和には、研究一筋の日々... もっと読む

マリエ

2301
3.64
千早茜 2023年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本作品は9編で構成されていて、そのタイトルが全て3つの言葉で表されている。そこに新鮮さを感じ興味を引かれながら、想像を膨らませて読み進めることができた。例... もっと読む

さんかく(祥伝社文庫ち3-1) (祥伝社文庫 ち 3-1)

2063
3.87
千早茜 2023年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

千早茜さんは初読みでした。 登場人物3人それぞれの揺れ動く気持ち。 とても繊細に描かれていて切ないほど。 雨の音、空気の流れ…季節の移り変わりの描写と共... もっと読む

あなたとなら食べてもいい (新潮文庫)

2041
2.73
千早茜 2021年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「くろい豆」千早茜、「消えもの」遠藤彩見、「居酒屋むじな」田中兆子、「サクラ」神田茜、「アドバンテージ フォー」深沢潮、「ほねのおかし」柚木麻子、「フレッ... もっと読む

クローゼット (新潮文庫)

1699
3.77
千早茜 2020年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

看板も何もない、真四角の白い建物。 それが、何百年も前のコルセットや宝石より高価なレース、ディオールのドレスまで、約一万点が収納されている、服飾美術館。 ... もっと読む

男ともだち

1683
3.68
千早茜 2014年5月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近気になっている千早さん 図書館で順番を並んでいたら 目に入ってきて思わず借りてました 男ともだち。 レビューがなかなか難しい。 ハマる人にハ... もっと読む

西洋菓子店プティ・フール

1674
3.57
千早茜 2016年2月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公の亜樹があまり好きになれなかった。お客さんを喜ばしたいという気持ちでケーキ作りに夢中になるのはいいのだけど、それだけではなあと思う。自分の事ばかりし... もっと読む

神様の暇つぶし (文春文庫 ち 8-5)

1600
3.95
千早茜 2022年7月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんと描写がリアルで生々しく食欲、性欲といった人間の濃い欲望に圧倒された物語だった! 最初は歳の差が離れすぎてえっ?!って思ったけど、最後はむしゃむしゃと... もっと読む

正しい女たち (文春文庫 ち 8-4)

1471
3.45
千早茜 2021年5月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近気になっている千早茜さんの短編集かつ、タイトルに妙に惹かれて本作を読むことにしました。本作の短編の中では、不倫や偏見、差別、セックス、結婚生活、年齢な... もっと読む

あとかた (新潮文庫)

1419
3.77
千早茜 2016年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

難しいなぁ〜。 言いたいことは理解出来ますよ。でも、共感とかじゃないんだよなぁ〜。率直に表現すると『面倒い』かなぁ。この独特な表現が著者が評価される点なの... もっと読む

ひきなみ

1418
3.74
千早茜 2021年4月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『こちら側とあちら側。仕切りも壁もないのに、見えない線で隔てられていて、おまえはそっちだとあちら側の声の大きいやつらに決められている』。 派閥、グルー... もっと読む

神様の暇つぶし

1390
3.78
千早茜 2019年7月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

父親を亡くし、空っぽになっていた大学生の藤子の目の前に、父親の幼なじみで、父親より10歳も年上の全さんが現れた。 全さんは、近所の写真館の不良息子で、今は... もっと読む

犬も食わない

1222
3.44
尾崎世界観 2018年10月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

尾崎世界観✖️千早茜が、男女それぞれの視点で描く、共作恋愛小説。 「共作恋愛小説」となっているが、果たして、恋愛小説なのか? 愛悪な出会いをした男女が、... もっと読む

犬も食わない (新潮文庫 お 112-1)

1186
3.51
尾崎世界観 2022年12月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いただき本 なんかよく分からない。 千早茜さんと尾崎世界観さんの共作、恋愛小説? ラジカセ犬がインパクトあった。 もっと読む
全207アイテム中 1 - 20件を表示

千早茜に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×