千野隆司のレビュー数ランキング

プロフィール

1951年、東京生まれ。國學院大学文学部卒業。90年、『夜の道行』で第12回小説推理新人賞を受賞し、選考委員から“第二の藤沢周平”と賞賛される。以後、時代小説を中心に活躍中。「入り婿侍」シリーズは、評論家の縄田一男氏から「著者の新たな頂点」と絶賛を受けた近年の代表作。他の主なシリーズに「おれは一万石」「出世侍」など。

千野隆司のレビュー数ランキングのアイテム一覧

千野隆司のレビュー数のランキングです。ブクログユーザがレビューをした件数が多い順に並んでいます。
『おれは一万石 (双葉文庫)』や『夏越しの夜―蕎麦売り平次郎人情帖 (ハルキ文庫 ち 1-9 時代小説文庫 蕎麦売り平次郎人情帖)』や『入り婿侍商い帖(一) (角川文庫)』など千野隆司の全281作品から、ブクログユーザのレビュー数が多い作品がチェックできます。

おれは一万石 (双葉文庫)

50
3.19
千野隆司 2017年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2017年9月双葉文庫刊。書下ろし。シリーズ1作目。一万石の大名に婿入した17才の正紀。婿入を心良く思わない者達の邪魔立てを阻止しながらの活躍の物語。入り... もっと読む

夏越しの夜―蕎麦売り平次郎人情帖 (ハルキ文庫 ち 1-9 時代小説文庫 蕎麦売り平次郎人情帖)

34
3.92
千野隆司 2010年8月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

母の本。 久しぶりの時代物。 楽しく読めた。このシリーズが他にもあるそうなので読んでみたいと思った。 もっと読む

入り婿侍商い帖(一) (角川文庫)

36
3.67
千野隆司 2014年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

千野作品を読んでいこう・・ 入り婿侍シリーズ始まりの本。 先に、出仕秘命を読んでしまいました。 その時にはすでに、主人公角次郎は商人になっていました... もっと読む

入り婿侍商い帖 関宿御用達 (2) (角川文庫)

21
3.33
千野隆司 2015年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

入り婿侍シリーズ、ハマっています。 今回の新米番船は、主人公角次郎の決意と身体を張った戦い・・引き込まれ方も半端なし。 それにしても何でもこなしてしま... もっと読む

塩の道-おれは一万石(2) (双葉文庫)

35
3.38
千野隆司 2017年10月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読みやすいので一気読み。初々しい夫婦のぎこちなさは今作も健在。面白かった。 あらすじ(背表紙より) 凶作のため高岡藩の米収穫高も例年の七割しかなく、藩... もっと読む

入り婿侍商い帖(二) 水運のゆくえ (角川文庫)

28
3.43
千野隆司 2014年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ2です。 今回は濡れ衣で投獄されて、婿入りした家族との心の通い合いあり、どんどん引き込まれてしまいました。 それにしても、ひどい悪人がいる... もっと読む

菊月の香―蕎麦売り平次郎人情帖 (文庫小説時代)

22
4.00
千野隆司 2011年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

富くじが当たったお舟に群がる人々。こういうときだけ身内の顔をする人たち。 物乞いの丑。 簪職人が身代わりになった理由。 大団円ではないほろ苦さがリアル。... もっと読む

入り婿侍商い帖 出仕秘命 (一) (角川文庫)

19
3.63
千野隆司 2016年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まだあまり読んではいない著者の本ですが、持ち歩きながら読み進めていき楽しめました。 武家から米屋に入り婿した角次郎は、実兄の不審死により武士に戻り、兄が... もっと読む

徳川家慶、推参 (ハルキ文庫 ち 1-15)

18
2.75
千野隆司 2013年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新シリーズ第一弾 珍しく徳川家慶が主人公? と言ってもまだ世継、市中で起きた事件に挑む 町娘、与力と市井物としては上出来の設定 もっと読む

入り婿侍商い帖 出仕秘命(二) (角川文庫)

17
3.75
千野隆司 2016年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ本を読んでいます。(出仕秘命一を再読してから) 今回は蟄居あり、川の中での戦いありと毎回のようにドキドキしながら読み進めました。 もっと読む

入り婿侍商い帖 関宿御用達 (3) (角川文庫)

15
4.13
千野隆司 2016年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

入り婿侍シリーズ。 今回は、本所深川一帯での大火事で焼け出されてしまう主人公一家。加えて新たに登場する悪徳商人と用心棒。 主人公角次郎一家の善行に救わ... もっと読む

入り婿侍商い帖 大目付御用(二) (角川文庫)

14
3.17
千野隆司 2017年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2017年11月角川文庫刊。書下ろし。シリーズ通算11作目。今回も角次郎と善太郎の活躍が面白い。善太郎の成長も楽しめました。 もっと読む

入り婿侍商い帖(三) 女房の声 (角川文庫)

25
3.69
千野隆司 2015年2月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ3作品目・・ 2作品目で倒せなかった悪商人と役人達がやっと捕まってくれました。 角次郎の女房の活躍もあり、これもまたやっと声をだせるようになっ... もっと読む

入り婿侍商い帖 関宿御用達 (角川文庫)

23
3.60
千野隆司 2015年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

入り婿侍シリーズにハマっています。 今回も、これでもかと事件あり。主人公角次郎の舅が人殺しで捕まり、事件解決へと進んでいきます。 最後には正義が勝つ?... もっと読む

入り婿侍商い帖 大目付御用(一) (角川文庫)

16
3.29
千野隆司 2017年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

入り婿侍商い帖シリーズ本10作目。 もっと読む

覚悟の算盤-湯屋のお助け人(3) (双葉文庫)

15
3.80
千野隆司 2011年7月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

千野隆司さんの湯屋のお助け人シリーズ、№5~№4~№1~№2~№3と読んで、再読完了しました(^-^) №3「覚悟の算盤」、2011.7発行です。大身旗本... もっと読む

入り婿侍商い帖 出仕秘命(三) (角川文庫)

15
3.63
千野隆司 2017年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

入り婿侍シリーズ本出仕秘命3作目~♪ 入り婿侍シリーズ本では、9作品目~完結しました。 桜が満開となる移り変わりと仇討の成行きをパラレルに、主人公角次... もっと読む

木枯らしの朝 蕎麦売り平次郎人情帖 (時代小説文庫)

14
3.80
千野隆司 2012年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズの完結編。 いつも通りの幸せな終わり方でシリーズも終わり。 亡くなった母の本棚にあった一冊から読み始め、シリーズ全巻読み終わる。普通では出... もっと読む
全281アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする