南山宏のおすすめランキング

南山宏のおすすめランキングのアイテム一覧

南山宏のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『宇宙のランデヴー (ハヤカワ文庫 SF (629))』や『宇宙のランデヴー 〔改訳決定版〕 (ハヤカワ文庫SF)』や『X‐ファイル―闇に潜むもの (角川文庫)』など南山宏の全189作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

宇宙のランデヴー (ハヤカワ文庫 SF (629))

423
3.78

感想・レビュー

 こりゃぁ、良かった。続編が有るんだが、読んでみたいという欲望にかられる。あまり信じないにせよ、SFの世界では有名はヒューゴー賞とネビュラ賞を授賞した作品... もっと読む

宇宙のランデヴー 〔改訳決定版〕 (ハヤカワ文庫SF)

244
3.88

感想・レビュー

ヒューゴー賞/ネビュラ賞/ローカス賞/その他、燦然たる受賞歴を持つアーサー・C・クラークの傑作。西暦2130年、未知の人工物体が太陽系に進入し、宇宙船エン... もっと読む

X‐ファイル―闇に潜むもの (角川文庫)

80
2.97

感想・レビュー

南山宏さんの翻訳最高。角川の文庫シリーズ神がかってる。 もっと読む

地球の静止する日 (角川文庫)

72
3.41
ハリー・ベイツ 2008年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何度か映画化されたハリー・ベイツの表題作(「来訪者」、「主人への告別」という別のタイトルもあり)を軸に、ややマイナーなSF短編を独自に集めたアンソロジー。... もっと読む

ハロー、アメリカ (創元SF文庫)

68
3.89
J・G・バラード 2018年3月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

話の筋がバラードっぽくない、というか最後の戦闘シーン含めて楽しめるSFに寄せてきたこと自体が、アメリカSFへのオマージュなんではなかろうか。マンソン大統領... もっと読む

X‐ファイル―旋風 (角川文庫)

51
2.90

感想・レビュー

やっぱりこれは映像で見るから面白いのかな?あの音楽と一緒に。活字だとTVのような演出がなくてちょと寂しい。 もっと読む

X‐ファイル―グラウンド・ゼロ (角川文庫)

51
3.63
クリスカーター 1996年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近のマイ・リバイバルブーム(笑)第三弾は核兵器の開発にまつわる不可解な連続殺人事件。新たな核開発に執着する者、それに反対する者。過去に核の犠牲となった者... もっと読む

X‐ファイル―遺跡 (角川文庫)

48
3.59

感想・レビュー

ただの遺跡調査と思いきや、まさかのSF展開!? モルダーのジョークがいつもよりクドイかなと感じた。 もっと読む

宇宙のランデヴー〔改訳決定版〕

45
3.56
アーサーCクラーク 電子書籍 2014年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

クラークが1973年に書いた長編SF。 基本的には、太陽系に侵入してきた〝ラーマ〟という円筒形(長さ50km直径20km)の物体内部を探検する話である。 ... もっと読む

オーパーツの謎―古代文明は現代科学を超えていた (サラ・ブックス)

42
3.43
南山宏 1993年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

不思議現象についての多くの著書・翻訳書のある南山宏氏の、1993年の著作。 先行する南山氏の著書・翻訳書の多くがUFO・異星人関連のためなのか、オーパー... もっと読む

宇宙のランデヴー

42
4.38

感想・レビュー

結局ラーマ人はまったく出てこないあたりが良かった. もっと読む

世界超古代文明の謎―大いなる太古の沈黙の遺産を探究する! (知の探究シリーズ)

38
2.75
南山宏 1995年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

世界各地には科学で解明できない多くの謎が残されている。 今の人類の前に、明らかに違う文明が存在したみたいだ。 もっと読む

アビス〈上〉 (角川文庫)

35
3.82

感想・レビュー

ジェイムズ・キャメロンの映画。ノヴェライズとは違って映画と小説で楽しめ!みたいなこと言ってたような。執筆がオースン・スコットカードと贅沢。 もっと読む

X‐ファイル―呪われた抗体 (角川文庫)

35
3.47

感想・レビュー

小説版「Xファイル」シリーズの4作目。ガン研究所が襲撃され、研究員は全員死亡する事件に端を発し、奇怪な死因の死亡事件が続発する。最先端医療にまつわる恐怖潭... もっと読む

太陽系オデッセイ (新潮文庫)

34
4.00

感想・レビュー

クラークの自選短編集、9作品。早川書房ではなく新潮社。1983年刊行だが、はしがきの日付が1982年12月16日コロンボにて、となっている。各作品は早川書... もっと読む

X‐ファイル―未来と闘え (角川文庫)

31
3.31

感想・レビュー

映画版のノベライズ作品ですね。毎度のことながら、不思議です。今回はやたらでばる査問部にちょっぴりイライラ。でも、それによってスキナーの素敵さが際立つから問... もっと読む

アセンション版 宇宙人の魂をもつ人々―数百万の眠れるワンダラー&ウォークインが一挙にライトワーカーになる! (超知ライブラリー)

29
2.50

感想・レビュー

ウオークイン、ワンダラーという言葉を広めたパイオニア的な書籍。RAを核ととして、神智学、仏教、ニューエイジのを取り入れながら、地球は学びの場所であり、外的... もっと読む

月は誰が創ったか?

27
3.00

感想・レビュー

笑わず、馬鹿にせず、一度読んで下さい。読んで行くと、とっても笑えます。なんたって月が人工物である可能性を考えるだけで面白くないですか?思い切った発想と同時... もっと読む
全189アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×