南木佳士のおすすめランキング

プロフィール

南木佳士(なぎ けいし)
1951年、群馬県に生まれる。東京都立国立高等学校、秋田大学医学部卒業。佐久総合病院に勤務し、現在、長野県佐久市に住む。1981年、内科医として難民救援医療団に加わり、タイ・カンボジア国境に赴き、同地で「破水」の第五十三回文學界新人賞受賞を知る。1989年「ダイヤモンドダスト」で第百回芥川賞受賞。2008年『草すべり その他の短篇』で第三十六回泉鏡花文学賞を、翌年、同作品で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞する。ほか主な作品に『阿弥陀堂だより』、『医学生』、『山中静夫氏の尊厳死』、『海へ』、『冬物語』、『トラや』などがある。とりわけ『阿弥陀堂だより』は映画化され静かなブームを巻き起こしたが、『山中静夫氏の尊厳死』もまた映画化され、2020年2月より全国の映画館で上映中。

「2020年 『根に帰る落葉は』 で使われていた紹介文から引用しています。」

南木佳士のおすすめランキングのアイテム一覧

南木佳士のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ダイヤモンドダスト (文春文庫)』や『阿弥陀堂だより (文春文庫)』や『医学生 (文春文庫)』など南木佳士の全79作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ダイヤモンドダスト (文春文庫)

585
3.56
南木佳士 1992年2月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編が4編、どれも味わいがあるが、やはり「ダイヤモンドダスト」が一番いい。医療系の作品で死を見つめるものは多いが、死に向かって坦々として、自然と一体になっ... もっと読む

阿弥陀堂だより (文春文庫)

487
3.84
南木佳士 2002年8月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

南木佳士さんの小説は筋だけ書くと,なんだということになるし,振り回されるような感動があるわけでもないんだけど,読み終わると,静かな心持ちになれる.この作品... もっと読む

医学生 (文春文庫)

423
3.54
南木佳士 1998年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

秋田大学医学部2期生の青春群像. 感情移入してしまう話でした. 純文学ではないかもしれないが, 本棚に残しておきたい本でした. もっと読む

きのこ文学名作選

369
4.02
飯沢耕太郎 2010年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ひとりキノコ祭り。きのこ本採集中…に大物に出くわしてしまいました!装丁がハンパないほど物すごいことになっています。事件です。購入したいのですが、なかなか入... もっと読む

冬物語 (文春文庫)

126
3.44
南木佳士 2002年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

“自分が元気だとねえ、世の中には元気じゃない人も多いんだってことが分からないのよね。若い内はそれでもいいんだけど、なんだか、中年になってもそういうのって、... もっと読む

信州に上医あり―若月俊一と佐久病院 (岩波新書)

121
3.59
南木佳士 1994年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

信州大学の所蔵はこちらです☆ https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BN102... もっと読む

トラや (文春文庫)

104
3.85
南木佳士 2010年9月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あんまりにも引きずり込まれるので、言葉がなかなかでない。 やさしく、やはり疾患特有とおもわれる病的な繊細さとか細さと、芯のつよい先生の文学者としての文章... もっと読む

陽子の一日

97
3.44
南木佳士 2013年1月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

南木さんの作品で女性が主人公なんて珍しい、と思ったらこの本の主人公の陽子はデビュー作で描いた人物のようだ。 数十年の時を経て同じ女性のその後に光を当てる... もっと読む

トラや

88
3.31
南木佳士 2007年11月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一緒に過ごす猫や犬に、確かに救われた瞬間がある、と しみじみ思える人には、ぜひ手に取ってもらいたい本です。 待合室にあふれる患者を思うと、他の医者... もっと読む

エチオピアからの手紙 (文春文庫)

79
3.55
南木佳士 2000年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

…受入手配中… 短編5編でお勧めです。若い医師に苦悩あり。内容的には結構濃密です。南木作品も好みです。 もっと読む

海へ (文春文庫)

75
3.22
南木佳士 2004年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

患者のために尽くす医者が、尽くすがゆえに心を病む。海のないところで長年過ごしてきたが、旧友の海辺の町で療養する。旧友の娘などと話しながら心を癒していく。 もっと読む

草すべり その他の短篇

74
3.50
南木佳士 2008年7月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

特筆すべき点はありませんでした。 もっと読む

家族 (文春文庫)

67
3.21
南木佳士 2003年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「阿弥陀堂だより」でヤッタと思った南木さんの作品ですが、ちょっと頂けませんでした。 「家族」は私小説的作品です。折り合いのつかなかった父親の死をめぐり... もっと読む

草すべり その他の短篇 (文春文庫)

64
3.27
南木佳士 2011年9月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

浅間山ゆっくり行ってみたい。 もっと読む

山中静夫氏の尊厳死 (文春文庫)

58
3.83
南木佳士 2004年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

芥川賞受賞直後に読んだ「ダイヤモンドダスト」を読み返したくなった。まるで、この本を読んだあとにそういう日がくるのを待ってたみたいにずっと本棚にしまってある... もっと読む

神かくし (文春文庫)

52
3.40
南木佳士 2005年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

南木さんの作品と付き合ってきたが、2005年刊行のこの作品では、病気から立ち直り、まだ不安を残しながらも、診察を続けられるようになった生活が語られている。... もっと読む

山行記 (文春文庫)

47
3.53
南木佳士 2016年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新穂高から笠ヶ岳と槍を通る周回や、北岳から農鳥までの大縦走が書かれていますが、声高になる事なく静かに淡々と時が流れて行きます。山行記ではありますが文学作品... もっと読む

医者という仕事 (朝日文芸文庫)

46
3.36

感想・レビュー

とても内省的。高邁ぶった哲学に流れてしまうのでなく、日常を見つめる姿勢に、本物だなと思わされる。 もっと読む

先生のあさがお

45
3.38
南木佳士 2010年8月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こちらに伝わってこなかったのでつまらなかった。 独りよがりな感じもした。何が言いたいのかなぁ もっと読む

急な青空 (文春文庫)

44
3.73
南木佳士 2006年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エッセイ集 言葉遣いや物の見方に共感を覚えた。自分自身も心の変化に戸惑っている部分が多いので、心持を考えさせられた。 もっと読む
全79アイテム中 1 - 20件を表示

南木佳士に関連する談話室の質問

ツイートする
×