南杏子のおすすめランキング

プロフィール

一九六一年徳島県生まれ。日本女子大学卒。出版社勤務を経て、東海大学医学部に学士編入し、卒業後、都内の大学病院老年内科などで勤務する。二〇一六年『サイレント・ブレス』でデビュー。他の著書に『ディア・ペイシェント 絆のカルテ』『ステージ・ドクター菜々子が熱くなる瞬間』『ブラックウェルに憧れて』がある。

「2021年 『いのちの停車場』 で使われていた紹介文から引用しています。」

南杏子のおすすめランキングのアイテム一覧

南杏子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『サイレント・ブレス 看取りのカルテ (幻冬舎文庫)』や『いのちの停車場』や『いのちの停車場 (幻冬舎文庫)』など南杏子の全24作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

サイレント・ブレス 看取りのカルテ (幻冬舎文庫)

939
4.27
南杏子 2018年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

南 杏子氏の「サイレント ブレス 看取りのカルテ」という本を読みました。 南氏は現役の医師。 25歳で結婚をした夫がイギリスに転勤。 イギリスで出産、子... もっと読む

いのちの停車場

570
3.94
南杏子 2020年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

示唆に富む作品で、星5つ以上つけたい。 現役の医者である作者が、社会に問いかけをしている作品。 できるだけ多くの人がこの本を読む機会があるといいな、と思う... もっと読む

いのちの停車場 (幻冬舎文庫)

505
4.54
南杏子 2021年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

命には限界がある。安楽死、終末医療、アドバンス・ケア・プランニングについて、現役医師の作家だからこそ描けた感動作。 勤務地の管内の病院に勤務する医師の方... もっと読む

サイレント・ブレス

380
4.09
南杏子 2016年9月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とても優しく静かで丁寧な文章。 とかく暗くなりがちな終末期医療。在宅看取りを医師側と患者側からの視点で描かれている。 「医者には死ぬ患者に関心がない医... もっと読む

ディア・ペイシェント 絆のカルテ (幻冬舎文庫)

279
3.80
南杏子 2020年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

10年程前「患者様」という言葉をとある大学病院で聞いた時は衝撃を受けた。何か世の中変わってしまったんだなぁと、つくづく思う今日この頃です。自分自身がモンス... もっと読む

ディア・ペイシェント

254
3.59
南杏子 2018年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内容(「BOOK」データベースより) 病院を「サービス業」と捉える佐々井記念病院の常勤内科医・千晶は、押し寄せる患者の診察に追われる日々を送っていた。そん... もっと読む

ブラックウェルに憧れて

253
3.77
南杏子 2020年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2020年7月光文社刊。書き下ろし。最初の女性医師であるエリザベス・ブラックウェルをタイトルにした、中央医科大学教授城之内泰子と4人の同級生の女性医師達の... もっと読む

サイレント・ブレス 看取りのカルテ (幻冬舎文庫)

72
3.86
南杏子 電子書籍 2018年7月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

在宅での終末期医療の話。様々な想いが頭をよぎった。泣いた。私も自宅で穏やかな死を迎えたいと強く思った。私が10代の頃、病院で看取った祖父の最期を思い出した... もっと読む

ステージ・ドクター菜々子が熱くなる瞬間

72
3.46
南杏子 2019年9月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小説現代2017年6月号:赤黒あげて、白とらない、10月号:屋根まで飛んで、2018年4月号:転ばぬ先の、その先に、9月号:春歌う、10月号:届けたい音が... もっと読む

いのちの停車場 (幻冬舎単行本)

60
4.08
南杏子 電子書籍 2020年5月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

老いについて、在宅医療について、 知らなかったことを、 そうなのか、そうだったのか…と いう想いでページをめくる。 重いテーマなのに、すらすらと読めてしま... もっと読む

ディア・ペイシェント 絆のカルテ (幻冬舎文庫)

22
3.00
南杏子 電子書籍 2020年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

モンスター・ペイシェントを巡る重苦しい展開の医療小説。理不尽な出来事がずっと続き、主人公が追い詰められていく展開なので、3/4位までは読むのがしんどかった... もっと読む

いのちの停車場 (幻冬舎文庫)

21
4.38
南杏子 電子書籍 2021年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

在宅医療、訪問診療をテーマとした医療小説。「サイレントブレス」と同じ構成。 今回の主人公は、超真面目なベテラン医師の白石咲和子(62歳)。東京の大学... もっと読む

サイレント・ブレス (幻冬舎単行本)

5
3.33
南杏子 電子書籍 2016年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

死ぬ人をね、愛してあげようよ もっと読む

ディア・ペイシェント (幻冬舎単行本)

2
4.00
南杏子 電子書籍 2018年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

患者様を優先する医療現場で苦労する医師の話。期待しないで読んだら、かなり面白かった。ロシアの武術「システマ」の呼吸法も興味深い。 もっと読む
全24アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×