南直哉のおすすめランキング

プロフィール

禅僧。福井県霊泉寺住職、青森県恐山菩提寺院代(住職代理)。早稲田大学第一文学部卒業後、大手百貨店勤務を経て1984年に曹洞宗で出家得度。約20年の修行生活ののち、2005年より現職。著書『語る禅僧』(ちくま文庫)、『自分をみつめる禅問答』(角川ソフィア文庫)、『「正法眼蔵」を読む』(講談社選書メチエ)、『なぜこんなに生きにくいのか』(新潮文庫)『恐山 死者のいる場所』(新潮新書)『善の根拠』(講談社現代新書)、『禅と福音』(春秋社)、『「悟り」は開けない』(ベスト新書)他多数。

「2017年 『死と生 恐山至高対談』 で使われていた紹介文から引用しています。」

南直哉のおすすめランキングのアイテム一覧

南直哉のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『老師と少年 (新潮文庫)』や『人は死ぬから生きられる―脳科学者と禅僧の問答 (新潮新書)』や『恐山: 死者のいる場所 (新潮新書)』など南直哉の全57作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

老師と少年 (新潮文庫)

503
3.71
南直哉 2009年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

友人に薦められた本。 これは、星が5つでは足りない。 挟まれた付箋紙の数がそれを物語っている。 以下、ネタバレ ... もっと読む

人は死ぬから生きられる―脳科学者と禅僧の問答 (新潮新書)

275
3.74
茂木健一郎 2009年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私には難しい本だった。そもそも「クオリア」という言葉の意味もよく分からなくて‥。Wikipediaによると、” 心的生活のうち、内観によって知られうる現象... もっと読む

恐山: 死者のいる場所 (新潮新書)

258
3.98
南直哉 2012年4月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

至極真っ当なことが書いてある本。逆に言えば、今の仏教界ってまともではないとも言える。正面から死を考える筆者は素晴らしいが、いささか今の自分には重い。 軽... もっと読む

なぜこんなに生きにくいのか (新潮文庫)

249
4.20
南直哉 2011年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新聞広告で、著者 南直哉(みなみ じきさい)さんの 2017.07.21発売『禅僧が教える 心がラクになる生き方』の宣伝コピー 「自分を大切にすること... もっと読む

復興の精神 (新潮新書 422)

177
3.26
養老孟司 2011年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本の企画がいいなと思った。 有事のあとに、我々は何をするべきか、どう考えるか、、、ということを、新潮新書編集部が発したいというに対して著名人が正面から... もっと読む

禅僧が教える 心がラクになる生き方

127
3.65
南直哉 2017年7月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

南直哉さんの最新作。葬式仏教とは一線を画し、本来の仏陀の考え方、禅の思想をベースにして、生きるとは、死ぬとはを正面から考え続ける僧の言葉はシンプルだけど響... もっと読む

語る禅僧 (ちくま文庫)

126
4.19
南直哉 2010年11月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「他者との関係の中で織り出されてくる社会的な役割としての「私」、それを「私」として口に出して言い、その言葉に意味を感じているというそのことーここに生じてい... もっと読む

禅とハードル

123
3.85
南直哉 2013年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近考えていたことの「答え」、いや、「ヒント」が詰まっていた。 「言葉」というシステム。 もっと読む

老師と少年

115
3.63
南直哉 2006年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「悩んでいたけどこの本に救われた」と言って 推薦している方がいて、 それを聞いて図書館で借りて読んでみました。 この先、かなり個人的な感想になり... もっと読む

善の根拠 (講談社現代新書)

100
3.28
南直哉 2014年12月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。初回は素直に受けとめましたが、さすがに今回は二部構成で後半は対話編という希釈された内容にガッカリ。普通の禅僧ではない南直哉師には、論を走らせることよ... もっと読む

自分をみつめる禅問答 (角川ソフィア文庫)

81
3.85
南直哉 2011年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

恐山の副山主・南直哉師による対話形式の仏教入門書と言えば聞こえがいいですが、プッダや道元禅師を超えて、縁起を基軸に非己があるからこそ自己があるとする仏教理... もっと読む

なぜこんなに生きにくいのか

73
4.00
南直哉 2008年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『自殺しない』『生きることを引き受ける』という決意・覚悟が人生を楽にする。 『自分とは何か』『人生をどう生きるか』という,一見,大上段に構えて日常生... もっと読む

『正法眼蔵』を読む 存在するとはどういうことか (講談社選書メチエ)

65
3.83
南直哉 2008年7月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『正法眼蔵』を、フッサールやハイデガーのものの捉え方を手がかりに読み解いたもの、という印象。仏教のものの見方の肝である「縁起」を軸にブレない読み解きを展開... もっと読む

同時代禅僧対談 “問い”の問答

63
4.21
南直哉 2008年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

臨済宗と曹洞宗の禅僧の対談集。 わからないことはわからない。 善悪 黒白 簡単につかないし つけてはいけない 事実と現実は違う 「自... もっと読む

超越と実存 「無常」をめぐる仏教史

56
4.13
南直哉 2018年1月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ラディカルな論考。序章の1ページめから驚かされる。実存と超越、ぱっと見ると仏教書にしては変わったタイトルに感じるけれど、考えてみれば、仏教はずっとこの問題... もっと読む

日常生活のなかの禅 (講談社選書メチエ)

53
3.60
南直哉 2001年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

南直哉師の初期論考を連読。『禅問答』は対話形式でしたが、こちらはモノローグでの仏教と曹洞宗の理解を深める内容で、時期が違っても同じく論じる一貫性に感服しま... もっと読む

出家の覚悟―日本を救う仏教からのアプローチ

51
4.00
南直哉 2009年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これ、という特別な言葉はないけど、いろんなところにヒントがちりばめられた本です。 もっと読む

賭ける仏教: 出家の本懐を問う6つの対話

43
4.07
南直哉 2011年7月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

坐禅の意味を語る南氏の言葉が興味ぶかい。加えてテーラワーダへの批判、ここも成る程と。 もっと読む
全57アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする