原田マハのおすすめランキング

プロフィール

原田マハ(はらだ まは)
1962年東京都生まれ。小6から高校卒業まで岡山で育つ。関西学院大学文学部、早稲田大学第二文学部美術史学専修卒業。馬里邑美術館、伊藤忠商事株式会社、森美術館設立準備室、ニューヨーク近代美術館での勤務を経て、2002年よりフリーのキュレーターとなる。2005年小説化デビュー作の『カフーを待ちわびて』で第1回日本ラブストーリー大賞を受賞。2012年『楽園のカンヴァス』で第25回山本周五郎賞、『キネマの神様』で第8回酒飲み書店員大賞をそれぞれ受賞。2013年には『ジヴェルニーの食卓』で第149回直木賞候補、2016年『暗幕のゲルニカ』で第155回直木賞候補となる。2017年『リーチ先生』で第36回新田次郎文学賞受賞。2019年『美しき愚かものたちのタブロー』で第161回直木賞候補に。

原田マハのおすすめランキングのアイテム一覧

原田マハのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『本日は、お日柄もよく (徳間文庫)』や『楽園のカンヴァス (新潮文庫)』や『楽園のカンヴァス』など原田マハの全363作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)

10514
4.18
原田マハ 2013年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『えー、ただいまご紹介にあずかりました、さてさて でございます。厚志君、恵里さん。このたびは、ご結婚おめでとうございます』。思い出したくない過去というのは... もっと読む

楽園のカンヴァス (新潮文庫)

8350
4.33
原田マハ 2014年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原田マハさんの小説は、図書館が開館したら1番で借りられる予定の最新作以外は、ごく初期の2,3作品を除き、全て、マハさんにお詳しい御親切なフォロワーさんにご... もっと読む

楽園のカンヴァス

6142
4.21

感想・レビュー

アンリ・ルソーって、けっして好きな画家じゃなかったのに 頁をめくる手が止まりません。 倉敷、ニューヨーク、バーゼル、パリ。 2000年、1983... もっと読む

キネマの神様 (文春文庫)

4767
4.28
原田マハ 2011年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「この映画を観て、涙を流さない奴は人間じゃないワよ! 血の通っていないケダモノか何かだワ!」 たまたまつけていたテレビで、映画評論家のおすぎが言って... もっと読む

カフーを待ちわびて (宝島社文庫)

4545
3.78
原田マハ 2008年5月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

家族のいない友寄明青(あきお)は沖縄の与那喜島で黒いラブドールズのカフーと裏の家に住むおばあと、よろずやをしながら暮らしています。 タイトルにもなってい... もっと読む

たゆたえども沈まず

3732
4.07
原田マハ 2017年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

父が亡くなった際、告別式には家族の誰も知らない人も弔問に訪れてくださいました。その時に改めて思ったこと。それは、残されたアドレス帳に名前がある人だけが父の... もっと読む

生きるぼくら (徳間文庫)

3165
4.10
原田マハ 2015年9月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

H30.8.29 読了。 ・「24歳の麻生人生という青年が、米作りに出会い人間的に成長していく話なのですが、そこには今の時代に起きている、色々な問題... もっと読む

ジヴェルニーの食卓 (集英社文庫)

3026
3.83
原田マハ 2015年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フィクションとはいえ、美術家の生活が垣間見えるようで とても新鮮。 各ストーリーも面白く、よく考えてると感心する。 心が洗われるような作品。 もっと読む

旅屋おかえり (集英社文庫)

2921
3.82
原田マハ 2014年9月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『旅』に対する考え方が変わりました。何がきっかけと言われてもこれと言えることがあるわけではありません。でも、確かに変わりました。Excelを開きます。縦軸... もっと読む

暗幕のゲルニカ

2844
3.93
原田マハ 2016年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

"芸術は、決して飾りではない。それは戦争やテロリズムや暴力と闘う武器なのだ。" ピカソというと、子供の頃、「その絵ピカソみたいだね」(訳:下手で意味わか... もっと読む

暗幕のゲルニカ (新潮文庫)

2731
4.07
原田マハ 2018年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

誰にでも自分の中で好きな、もしくは強く印象に残っている絵というものがあると思います。私にとってそのひとつが、ピカソの『ゲルニカ』、まさしくこの作品で取り上... もっと読む

星がひとつほしいとの祈り (実業之日本社文庫)

2505
3.63
原田マハ 2013年10月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原田さんの作品で初めて短編集を読みました。原田さんの作品を読んできて感じるのは、とても起承転結を意識されているということ、そのため伏線を用意したらきちんと... もっと読む

ジヴェルニーの食卓

2483
3.82
原田マハ 2013年3月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この評価はずいぶん偏っているかもしれない。 なぜなら登場する画家が個人的に好きだから。 「楽園のカンヴァス」のルソーに関しては実物の絵画を見た事がある... もっと読む

さいはての彼女 (角川文庫)

2144
3.76
原田マハ 2013年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

がむしゃらに生きてきた女性が、壁にぶつかり旅に出て、また前を向いて生きていこうと思う話が4つ入った短編集。 人との出会いであったり、自然とのふれあいであ... もっと読む

あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)

2000
3.47
原田マハ 2017年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「最後の伝言」 「月夜のアボガド」 「無用の人」 「緑陰のマナ」 「波打ち際のふたり」 「皿の上の孤独」の六篇の短篇集。 タイトル通り、テーマ... もっと読む

総理の夫 First Gentleman (実業之日本社文庫)

1903
3.78
原田マハ 2016年12月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この作品は、20××年に日本初の女性内閣総理大臣になった相馬凛子の夫で鳥類学者の相馬日和の日記からなる物語です。 総理の夫ってどういう意味かと思ったら、... もっと読む

風のマジム (講談社文庫)

1669
4.05
原田マハ 2014年8月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『Uターン』という言葉に何を感じるでしょうか? 生まれた都道府県から、いったん県外へと移住し、再び生まれた都道府県へと帰ってくることを指す『Uターン』と... もっと読む

スイート・ホーム

1641
3.53
原田マハ 2018年3月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宝塚にある、小さな小さな洋菓子店「スイート・ホーム」の家族や(父、母、姉の陽皆、妹の晴日)、周りの人々をめぐる物語の連作短篇集。 毎年、10月になる... もっと読む

美しき愚かものたちのタブロー

1626
3.98
原田マハ 2019年5月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

国立西洋美術館の成り立ちと、松方コレクションの劇的なストーリーが描かれています。上野にある国立西洋美術館、いつも人が賑わっていて、今や当たり前のように存在... もっと読む

独立記念日 (PHP文芸文庫)

1598
3.77
原田マハ 2012年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

超短編集。 いや、短編は本当ダメ(>_<) 苦手でどうしても好きじゃない。。。 でも借りてしまったからな。読むか。。。 そんな感じで前半戦... もっと読む
全363アイテム中 1 - 20件を表示

原田マハの関連サイト

原田マハに関連する談話室の質問

ツイートする