友田明美のおすすめランキング

プロフィール

友田明美(ともだ あけみ)
日本の研究者で、専門は小児発達学、小児精神神経学、社会融合脳科学。福井大学子どものこころの発達研究センター教授・副センター長。代表作に『子どもの脳を傷つける親たち』、『虐待が脳を変える--脳科学者からのメッセージ』、『いやされない傷』など。
ハーバード大学との共同研究で、児童虐待が脳を委縮させることを明らかにした。
熊本大学医学部卒業後、同大博士(医学)。熊本大学病院発達小児科准教授を経て、現職。

友田明美の関連サイト

友田明美のおすすめランキングのアイテム一覧

友田明美のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『子どもの脳を傷つける親たち (NHK出版新書 523)』や『虐待が脳を変える―脳科学者からのメッセージ』や『子どもの脳を傷つける親たち NHK出版新書』など友田明美の全10作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

子どもの脳を傷つける親たち (NHK出版新書 523)

489
3.91
友田明美 2017年8月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新聞で目にして気になった本。 親の不適切な養育(マルトリートメント)により子どもの脳が変形してしまうという話。 脳科学的にも、データが出てしまって... もっと読む

虐待が脳を変える―脳科学者からのメッセージ

62
4.00
友田明美 2018年1月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

虐待の問題は、その時だけでなく、成人してからも精神的問題として、被虐待児を苦しめることになる。 そして、虐待の被害は虐待を受けた個人の身体にとどまるもの... もっと読む

子どもの脳を傷つける親たち NHK出版新書

48
3.59
友田明美 電子書籍 2017年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

親の何気ない言葉や接し方ひとつで、子どもの脳の発育に悪い影響を与えることがある。 極端なものでなくとも、つい心の余裕がないときにやってしまいそうなことば... もっと読む

いやされない傷―児童虐待と傷ついていく脳

47
4.25
友田明美 2011年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

虐待をうけることで脳が器質的・機能的に損傷するとは全然知らなかった。虐待をうけることで閉所恐怖症や血流障害を起こして記銘記憶にダメージを与えるとは全然知ら... もっと読む

不登校外来―眠育から不登校病態を理解する

8
5.00
三池輝久 2009年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

不登校の原因について、従来、心理・社会的な要因から説明されやすかった。また具体的な介入としては、システム論的家族療法に基づいたものが多くなされていたように... もっと読む

子どもの脳を傷つける親たち

1
5.00
友田明美 電子書籍 2017年8月16日 BookLive!で見る BookLive! ¥ 740
不適切なかかわりが、子どもの脳を変形させる¥n脳科学が明らかにした驚くべき事実¥n¥n「子どもの前での夫婦喧嘩」、「心な... もっと読む
全10アイテム中 1 - 10件を表示
ツイートする