古内一絵のおすすめランキング

プロフィール

東京都生まれ。映画会社勤務を経て、中国語翻訳者に。第五回ポプラ社小説大賞特別賞を受賞し、二〇一一年にデビュー。二〇一七年『フラダン』で第六回JBBY賞(文学作品部門)を受賞。他の著書に『赤道 星降る夜』(小学館)、『キネマトグラフィカ』(東京創元社)、『マカン・マラン 二十三時の夜食カフェ』『女王さまの夜食カフェ マカン・マラン ふたたび』『きまぐれな夜食カフェ マカン・マラン みたび』『十六夜荘ノート』(中央公論新社)等がある。

「2018年 『さよならの夜食カフェ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

古内一絵のおすすめランキングのアイテム一覧

古内一絵のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『マカン・マラン - 二十三時の夜食カフェ』や『女王さまの夜食カフェ - マカン・マラン ふたたび』や『きまぐれな夜食カフェ - マカン・マラン みたび (単行本)』など古内一絵の全48作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

マカン・マラン - 二十三時の夜食カフェ

2435
4.07
古内一絵 2015年11月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

美味しそうなお料理がサブタイトルになっているのにひかれて手に取りました。 第一話 春のキャセロール 第二話 金のお米パン 第三話 世界で一番女王... もっと読む

女王さまの夜食カフェ - マカン・マラン ふたたび

1480
4.18
古内一絵 2016年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

マカン・マランのゆるりとした空気に浸りたくて、再び訪れた 文中にマカン・マランを表して、 "まるで深い海の底のようだ" という記述がある '"形も色も違... もっと読む

きまぐれな夜食カフェ - マカン・マラン みたび (単行本)

1312
4.32
古内一絵 2017年11月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

重い玄関の扉を開けると、「 いらっしゃぁあああーい 」と野太い声で迎えてくれる また、シャールさんに出会えた 特に今回は、燿子と比佐子を通じて、女性の生... もっと読む

さよならの夜食カフェ-マカン・マラン おしまい (単行本)

1090
4.41
古内一絵 2018年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夢中で読んだマカン・マランシリーズ、とうとう最終巻 もっと読んでいたい・・・ 心が疲れた人を無条件で受け入れ、肯定し、背中を押してくれたシャールさん し... もっと読む

アネモネの姉妹 リコリスの兄弟

270
3.28
古内一絵 2019年8月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大好きなマカン・マランシリーズの古内一絵さんの新作 兄弟・姉妹の関係をSNSの♯花言葉診断と絡めた短編6編 マカン・マランの印象が強くて、あんなふうな癒... もっと読む

キネマトグラフィカ

239
3.24
古内一絵 2018年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 老舗の映画会社に同期入社し、「平成元年組」と呼ばれ、今は別々の道を歩む6人の男女が、久しぶりに集い、かつてを振り返る物語。  フィルムからデジタル... もっと読む

十六夜荘ノート

235
3.53
古内一絵 2012年9月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

仕事一筋で若くして昇進し、自分こそが正しいと思って生きてきた雄哉。ある日、会ったこともない大伯母から突然一等地の屋敷を相続する。屋敷は十六夜荘というシェア... もっと読む

風の向こうへ駆け抜けろ

211
3.99
古内一絵 2014年1月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これこそ読書の醍醐味! 最高に面白かった。☆5つじゃ全然足りない。 ハラハラドキドキして胸がジーンと熱くなって、時に涙して。 何よりこの爽快感。読み... もっと読む

快晴フライング

204
3.88
古内一絵 2011年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分のことしか考えられなかった主人公が、なりゆきで、超個性的で、能力もバラバラな部員をまとめるはめに。そのうちに、他の部員のことも考えられるようになり、部... もっと読む

フラダン (Sunnyside Books)

199
3.98
古内一絵 2016年9月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2017年に高校生の読書感想文課題図書になり、どこか避けていた。読んだら、ひきこまれた。読んでほしい。 いますぐにでも、必ず読んでほしい。 自分の足もとば... もっと読む

蒼のファンファーレ

158
3.89
古内一絵 2017年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

風の向こうへ駆け抜けろの続作 たとえ火の当たらない道であっても 顔を真っ直ぐに上げてつきすすんでいけば いつしかそれは 正道へと変わる 前作からの布... もっと読む

十六夜荘ノート (中公文庫)

157
3.93
古内一絵 2017年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人も月も同じで、満ちてくときもあれば、欠けていくときだってある。欠けていく月が集まるシェアハウス「十六夜荘」を舞台に、財閥解体によって没落した華族の生き様... もっと読む

銀色のマーメイド (中公文庫)

141
3.94
古内一絵 2018年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

事故で主将を亡くした水泳部。幼馴染の龍一は自分が速く泳ぐ事ばかりで周りを見ていなかったのだけれど、大会に出場するためにも部の存続をかけて顧問(柳田)と地区... もっと読む

マカン・マラン 二十三時の夜食カフェ

134
4.05
古内一絵 電子書籍 2015年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018/08/09 滋養って感じ 自分の生きたい形で生きるとは もっと読む

痛みの道標

128
3.95
古内一絵 2015年7月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

二冊続けて戦争を描いた本を読んだ。 ひとくくりに太平洋戦争と言ってもあまりに知らないことが多くて愕然となる。先に読んだ「世界の果ての子供たち」で舞台とな... もっと読む

花舞う里

125
3.56
古内一絵 2016年5月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

愛知県奥三河の伝統文化、花祭りを扱った作品。 家族や個人、それぞれが人々が抱える切なさや悩み、花祭りや地元への思いなど複雑な気持ちと、花祭りの熱狂が伝わっ... もっと読む

鐘を鳴らす子供たち

115
3.90
古内一絵 2020年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦後の混乱の中で、子供たちがラジオドラマ放送の劇に抜擢されるお話。 ラジオドラマに取り組む子供たちの元気な様子は本番うまく行くだろうか…と読んでいるこち... もっと読む

風の向こうへ駆け抜けろ (小学館文庫)

81
3.90
古内一絵 2017年7月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中央競馬と地方競馬の違いも知らない程度の知識しかなかったが、楽しく読めた。 読後が爽やかで、登場人物のその後が気になり、続編も読もう!と読み終わったら思... もっと読む

([ふ]2-1)快晴フライング (ポプラ文庫 日本文学)

64
3.12
古内一絵 2013年4月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

437頁を一息に読ませてくれる古内一絵さん「快晴フライング」、2013.4発行。弓が丘第1中学校の水泳部を舞台にした物語。飛び抜けた美少女なのに心は男、性... もっと読む

女王さまの夜食カフェ マカン・マラン ふたたび

49
4.00
古内一絵 電子書籍 2016年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

マカンマラン2作目。 トルコライスのお話が一番響いた。色んな人の色んな悩みが出てきて、みんなに共感してしまうけど、やはり母親ものは子供できてから見方が変わ... もっと読む
全48アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする