古川愛哲のおすすめランキング

プロフィール

古川愛哲(ふるかわ・あいてつ)

 1949年、神奈川県に生まれる。歴史資料収集家。日本大学芸術学部映画学科で映画理論を専攻したあと放送作家として活躍。同時に、東西の歴史や民俗学をはじめ「人間とは何か」を追求。また、世界の映画大学ともいえる「国際学生映画祭」の創設に加わり、新しい視点から芸術をバックアップする。
 著書にはベストセラーになった『江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた』『九代将軍は女だった!』『江戸の歴史は隠れキリシタンによって作られた』『坂本龍馬を英雄にした男 大久保一翁』『悪代官は実はヒーローだった江戸の歴史』『原爆投下は予告されていた』(以上、講談社)などがある。

古川愛哲のおすすめランキングのアイテム一覧

古川愛哲のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた サムライと庶民365日の真実 (講談社+α新書)』や『九代将軍は女だった! 平成になって覆された江戸の歴史 (講談社+α新書)』や『「散歩学」のすすめ (中公新書ラクレ)』など古川愛哲の全50作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた サムライと庶民365日の真実 (講談社+α新書)

126
3.50
古川愛哲 2008年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸時代考証本。へえーへえー!と言いながら読んだ。結構知らない事が書いてあって面白かった。ただこれは江戸時代全体の事が書いてあるので幕末には当てはまらない... もっと読む

九代将軍は女だった! 平成になって覆された江戸の歴史 (講談社+α新書)

55
3.08
古川愛哲 2008年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

[ 内容 ] 埋葬遺体が300年の沈黙を破り語り始めた! 徳川幕府が隠蔽していた驚愕の史実! 科学が解き明かした、九代将軍家重の正体、そして家康と春... もっと読む

「散歩学」のすすめ (中公新書ラクレ)

26
3.45
古川愛哲 2005年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【読了メモ】人と歩くのは楽しい、デジカメ持って歩くのも楽しい、面白いことを見つけながら歩くのは楽しい、という。身近な八景作りも面白い。 もっと読む

国民の知らない昭和史 (ワニ文庫)

20
3.00
堺屋太一 2004年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

陸軍がアメリカの暗号を解いていた、 あるいは、逆に、海軍の暗号が解かれていた一方、 陸軍の暗号は、遅くまで保たれていたということは、 ちょっと意外。... もっと読む

悪代官は実はヒーローだった江戸の歴史 (講談社+α新書)

19
3.29
古川愛哲 2010年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸時代の「代官」の仕事ぶりについて、史料から明らかにしようとしている本。代官とは、天領(幕府領)の政務を取り仕切る多忙な役人であり、下級の旗本が務めるこ... もっと読む

「八月十五日」は終戦記念日ではなかった (ベスト新書)

18
3.29
古川愛哲 2010年8月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

広島で被災した軍関係者がやたら少ないとか アメリカ軍が長崎から捕虜を避難させてたとか もっと読む

「茶柱が立った」と聞いて、江戸の旦那は腰を抜かす (じっぴコンパクト新書)

17
3.20
古川愛哲 2010年12月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

普段何気なく使っている言葉の由来・語源について書かれた本。 歴史的背景も興味深い。 ただし、あまりにコアな歴史上の話が多いので、特別な歴史愛好家じゃな... もっと読む

教科書には載らない日本史の秘密(祥伝社新書461)

17
3.00
古川愛哲 2016年3月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本史について、文字通り教科書には書いてないことをあれこれつづった一冊。 それまであまり触れられたことのない気候の変動などの観点から日本史を分析して... もっと読む

原爆投下は予告されていた 国民を見殺しにした帝国陸海軍の「犯罪」

15
3.71
古川愛哲 2011年7月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

交戦中の敵からの情報を鵜呑みにするのは正しい判断か? 後知恵バイアスの印象が強かった。 もっと読む

坂本龍馬を英雄にした男 大久保一翁 (講談社+α新書)

14
3.00
古川愛哲 2009年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

明治以降に真価を発揮した幕臣 もっと読む

『坊っちゃん』と日露戦争 もうひとつの『坂の上の雲』 (徳間文庫)

12
3.00
古川愛哲 2009年11月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日露戦争、というか明治日本の裏話のような・・・。 もっと読む

「江戸・東京」地名を歩く―地名から探る江戸の素顔 (リュウ・ブックス―アステ新書)

9
2.50
古川愛哲 2003年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東京地名について、歴史的出来事などを紹介 読了日:2008.07.01 分 類:一般書 ページ:272P 価 格:762円 発行日... もっと読む

地名の秘密―秘められた歴史の謎に迫る (リュウ・ブックスアステ新書)

5
2.00
古川愛哲 2002年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近は市町村合併等の影響もあり、地名が変わってしまうこともあるようですが、地名はその土地の歴史や災害等の記録を伝えてきている重要な情報源のように思います。... もっと読む
全50アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする