古市憲寿のおすすめランキング

プロフィール

古市憲寿(ふるいち のりとし)
1985年東京都生まれ。東京大学大学院博士課程在籍。慶應義塾大学SFC研究所訪問研究員(上席)。株式会社ぽえち代表取締役。専攻は社会学。
若者の生態を的確に描出し、クールに擁護した著書『絶望の国の幸福な若者たち』(講談社)で注目される。大学院で若年起業家についての研究を進めるかたわら、マーケティングやIT戦略立案、執筆活動、メディア出演など、精力的に活動する。
著書に、『誰も戦争を教えられない』(講談社+α文庫)、『保育園義務教育化』(小学館)、『だから日本はズレている』(新潮新書)、『希望難民ご一行様』(光文社新書などがある。
2018年から小説を書き始めている。執筆作は「彼は本当は優しい」(『文學界』2018年4月号)、「平成くん、さようなら」(『文學界』2018年9月号、11月9日単行本発売)。

古市憲寿の関連サイト

古市憲寿のおすすめランキングのアイテム一覧

古市憲寿のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『絶望の国の幸福な若者たち』や『だから日本はズレている (新潮新書 566)』や『希望難民ご一行様 ピースボートと「承認の共同体」幻想 (光文社新書)』など古市憲寿の全83作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

絶望の国の幸福な若者たち

3272
3.64
古市憲寿 2011年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古市さんの著書を初めて手に取りました。もっととっつきにくい文章を書く方だと思っていたので、想像より随分と読みやすかったです。 現在27歳である「若者」で... もっと読む

だから日本はズレている (新潮新書 566)

1798
3.39
古市憲寿 2014年4月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「リーダーなんていらないし、絆じゃ一つになれないし、ネットで世界は変わらないし、若者に革命は起こせない。」 29歳の社会学者、古市さんが「おじさん」... もっと読む

希望難民ご一行様 ピースボートと「承認の共同体」幻想 (光文社新書)

1133
3.79
古市憲寿 2010年8月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ピースボートにはもともと興味があって、古市憲寿の本も読んでみたかったので読んでみた。 ピースボートに関しては船での世界一周には憧れるが、若者が騒がしくし... もっと読む

誰も戦争を教えてくれなかった

1029
3.47
古市憲寿 2013年8月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

他の著作よりは本当っぽい。 この書評が一番合っていると思う。 http://mercamun.exblog.jp/21402450/ もっと読む

僕たちの前途

856
3.59
古市憲寿 2012年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 最近、自殺した東大卒の電通社員がTwitterに残していた死ぬまでのツイートが話題になっている。  いい大学に入って、いい会社に入る。そうすれば人... もっと読む

上野先生、勝手に死なれちゃ困ります 僕らの介護不安に答えてください (光文社新書)

686
3.93
上野千鶴子 2011年10月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

遠くない将来の当事者として、かなり真剣に集中して読んだ。 手元に置いて、いつでも読み返したい本。 うちの親が、まさに団塊の世代の典型的な親であり、私は子育... もっと読む

保育園義務教育化

660
3.97
古市憲寿 2015年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上野千鶴子さんの弟子のような印象を持っていたので、読まず嫌いなところはありましたが、意外に本書はすんなり受け入れられました。読んで良かったと思います。(で... もっと読む

古市くん、社会学を学び直しなさい!! (光文社新書)

397
3.64
古市憲寿 2016年10月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【タイトルに偽りなし。古市君が社会学者たちに、文字通り“あなた、ちゃんと研究しなさい”と指導されます】 お馴染みの“社会学者”古市氏が、12名の気鋭の社... もっと読む

社会の抜け道

385
3.47
古市憲寿 2013年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おなじみの社会学者・古市憲寿と、若手の左寄り哲学者・國分功一郎の共著、対談集。國分もlifeで知って、とても面白いしっかりした人だなという印象を持っていた... もっと読む

頼れない国でどう生きようか (PHP新書)

293
3.48
加藤嘉一 2012年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なかなかよかった。 頭のいい人、賢い人にも色々種類がいるし、ライフスタイルもそれぞれだなぁ。 よく考えること、調べること、そして、周りの迷惑になら... もっと読む

遠足型消費の時代 なぜ妻はコストコに行きたがるのか? (朝日新書)

278
3.22
中沢明子 2011年3月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

遠足型消費の時代 なぜ妻はコストコに行きたがるのか? (朝日新書) もっと読む

5年後働く自分の姿が見えますか? (角川oneテーマ21)

257
3.40
岩瀬大輔 2013年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いろんな経歴をもつ30代が中心になって、 素晴らしいものから、それなりのものまて、 様々な意見を寄せている。 はじめ為末氏を読むつもりで手にとったが、 ... もっと読む

絶望の国の幸福な若者たち (講談社+α文庫)

257
3.72
古市憲寿 2015年10月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

格差社会のもと、その「不幸」が報じられていた若者たち。しかし、統計によれば8割の若者が現在の生活に「満足」している!その指摘で若者論を一新した古市憲寿の代... もっと読む

誰も戦争を教えられない (講談社+α文庫)

188
3.68
古市憲寿 2015年7月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

誰も戦争を教えてくれなかった。 だから僕は、旅を始めた……。 広島、パールハーバー、南京、アウシュビッツ、香港、瀋陽、沖縄、シンガポール、朝鮮半島38度... もっと読む

PLANETS vol.8

174
4.07

感想・レビュー

最近テレビでもよく見る宇野常寛さんの雑誌。どう見ても写真集な装丁だけど中身は文芸評論な雑誌。 「僕たちは<夜の世界>を生きている」ということで、仕事... もっと読む

働き方は「自分」で決める (講談社文庫)

170
3.57
古市憲寿 2014年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

働き方は「自分」で決める。古市憲寿先生の著書。会社に雇われて会社員として働くことが全てではない。常識、非常識の既成概念にとらわれずにもっと自由な発想で働く... もっと読む

文系でもわかる統計分析 (朝日おとなの学びなおし 社会学)

167
3.76
須藤康介 2012年3月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あなたは本や論文を読んでいるときに、扱われている統計データがよく分からなかったということがありませんでしたか? あるいは、授業等で統計のデータを扱うときに... もっと読む

国家がよみがえるとき 持たざる国であるフィンランドが何度も再生できた理由

160
3.10
古市憲寿 2015年6月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

3年前の本であり現状はまた変わっているかもしれないし、答えは特に明示されていないので感想が難しい。 北欧と一括りにしがちなデンマーク、ノルウェーとフィン... もっと読む

大田舎・東京 都バスから見つけた日本

93
2.94
古市憲寿 2017年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

30歳前後の頃、2年間、通勤で都バスを利用したことがあります。それ以外はほとんど利用しないです。たまに乗ると面食らってます(^-^) 古市憲寿 著「大田舎... もっと読む
全83アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする