古市憲寿のおすすめランキング

プロフィール

古市憲寿(ふるいち のりとし)
1985年東京都生まれ。東京大学大学院博士課程在籍。慶應義塾大学SFC研究所上席所員。株式会社ぽえち代表取締役。専攻は社会学。若者の生態を描出し、クールに擁護した著書『絶望の国の幸福な若者たち』(講談社)で注目される。大学院で若年起業家についての研究を進めるかたわら、マーケティングやIT戦略立案、執筆活動、メディア出演など、精力的に活動する。著書に、『誰も戦争を教えられない』(講談社+α文庫)、『保育園義務教育化』(小学館)、『だから日本はズレている』(新潮新書)、『希望難民ご一行様』(光文社新書)などがある。2018年から小説を書き始めている。小説作に「彼は本当は優しい」(『文學界』2018年4月号)。『平成くん、さようなら』で第160回芥川賞ノミネート、『百の夜は跳ねて』で第161回芥川賞ノミネート。

古市憲寿のおすすめランキングのアイテム一覧

古市憲寿のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『絶望の国の幸福な若者たち』や『平成くん、さようなら』や『だから日本はズレている (新潮新書 566)』など古市憲寿の全112作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

絶望の国の幸福な若者たち

3511
3.64
古市憲寿 2011年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

若者がなぜ 将来は暗いという確信がある 今が一番幸福 と一見すると矛盾した心情を持っているのか。そして若者は損をしているというが、高齢者間には大きな格... もっと読む

平成くん、さようなら

2369
3.43
古市憲寿 2018年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

社会学者である古市憲寿さんが書いた小説です。 以前からテレビでみかける度におもしろいコメントをする方だなぁーと好感を抱いていて、独特な価値観にもめちゃくち... もっと読む

だから日本はズレている (新潮新書 566)

2122
3.39
古市憲寿 2014年4月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「リーダーなんていらないし、絆じゃ一つになれないし、ネットで世界は変わらないし、若者に革命は起こせない。」 29歳の社会学者、古市さんが「おじさん」... もっと読む

希望難民ご一行様 ピースボートと「承認の共同体」幻想 (光文社新書)

1243
3.79
古市憲寿 2010年8月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ピースボートにはもともと興味があって、古市憲寿の本も読んでみたかったので読んでみた。 ピースボートに関しては船での世界一周には憧れるが、若者が騒がしくし... もっと読む

誰も戦争を教えてくれなかった

1116
3.47
古市憲寿 2013年8月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

他の著作よりは本当っぽい。 この書評が一番合っていると思う。 http://mercamun.exblog.jp/21402450/ もっと読む

僕たちの前途

894
3.58
古市憲寿 2012年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 最近、自殺した東大卒の電通社員がTwitterに残していた死ぬまでのツイートが話題になっている。  いい大学に入って、いい会社に入る。そうすれば人... もっと読む

保育園義務教育化

883
3.93
古市憲寿 2015年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「義務教育化」と一点突破するタイトルだけれど、本質は教育格差を無くすこと。現行法上の課題はさておき、問題提起としては理に適っているように思った。 情弱乙。... もっと読む

絶対に挫折しない日本史 (新潮新書)

800
3.73
古市憲寿 2020年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古市さんの本を読んだのは初めてだけど、いやぁ感心した。 確かにこれは挫折しない。 軽い気持ちでサクッと読める。 社会学者らしい相対的な視点で書かれていて... もっと読む

上野先生、勝手に死なれちゃ困ります 僕らの介護不安に答えてください (光文社新書)

766
3.92
上野千鶴子 2011年10月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

団塊世代の上野先生と、 そのジュニア世代よりちょっぴり若い古市さんによる 介護不安についての対談です。 インタビュー形式ですが読みやすく 1時... もっと読む

誰の味方でもありません (新潮新書)

643
3.52
古市憲寿 2019年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

情報番組のコメンテーターとしての活動の方が目立っている印象の古市さん。 私自身はあまりテレビを見ないので、色々と評される(毒舌とか?)彼が、テレビでどんな... もっと読む

絶望の国の幸福な若者たち (講談社+α文庫)

632
3.57
古市憲寿 2015年10月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内容以前に、彼のスタイルが好きかどうかがこの著書を読み通せるかの分かれ道になる。 もっと読む

古市くん、社会学を学び直しなさい!! (光文社新書)

619
3.65
古市憲寿 2016年10月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【タイトルに偽りなし。古市君が社会学者たちに、文字通り“あなた、ちゃんと研究しなさい”と指導されます】 お馴染みの“社会学者”古市氏が、12名の気鋭の社... もっと読む

百の夜は跳ねて

599
3.13
古市憲寿 2019年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ビルやマンションの窓拭をふく(かっぱぐ)清掃員。勤務中、窓の中にいる老婆と目が合うことで、その後、老婆を訪ねる。そこで、老婆より部屋の写真を撮って欲しいと... もっと読む

奈落

489
3.37
古市憲寿 2019年12月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんて、残酷な物語り。 ページを進める中「そろそろ一筋の光が見えるのかなぁ~」って思ったら最後まで残酷だった。 悲しみとか怒りとか、そんな言葉で表現出来... もっと読む

社会の抜け道

436
3.49
古市憲寿 2013年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

國分さんの「暇倫」読んでからだとさらによくわかる。「抜け道」とはズルのことではなくて、消費社会、資本社会からは逃れられないので、その中でどう泳いでいくか、... もっと読む

アスク・ミー・ホワイ

433
3.88
古市憲寿 2020年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自粛期間中に古市さんがツイッターに投稿していた小説。 画像では読みにくかったので辛抱強く書籍化を待っていました。まさかこれほど素敵な小説だったなんて! あ... もっと読む

頼れない国でどう生きようか (PHP新書)

307
3.51
加藤嘉一 2012年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中国で活躍する加藤嘉一と、社会学者の古市憲寿が対談した本。 正反対とも思える2人が、語学や仕事についてや今後の日本と中国についてなどを語っていて、と... もっと読む

5年後働く自分の姿が見えますか? (角川oneテーマ21)

273
3.45
岩瀬大輔 2013年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ハングリー精神を忘れずに 5年後の今日何をしているかは、具体的に想像出来ない。だからこそ、出来ないことより、出来ることを伸ばして進んで生きたい。さらには... もっと読む

誰も戦争を教えられない (講談社+α文庫)

231
3.74
古市憲寿 2015年7月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

誰も戦争を教えてくれなかった。 だから僕は、旅を始めた……。 広島、パールハーバー、南京、アウシュビッツ、香港、瀋陽、沖縄、シンガポール、朝鮮半島38度... もっと読む
全112アイテム中 1 - 20件を表示

古市憲寿の関連サイト

ツイートする
×