古橋信孝のおすすめランキング

プロフィール

1943年東京都生まれ。東京大学文学部国文科卒業、同大学院博士課程修了。武蔵大学名誉教授。1984年「古代のうたの表現の論理」の業績により、第一回 上代文学会賞を受賞。1999年「和文学の成立」で東京大学文学博士。
著書に『古代の恋愛生活』(NHKブックス)、『吉本ばななと俵万智』(筑摩書房)、『万葉集 歌のはじまり』(筑摩新書)、『誤読された万葉集』(新潮新書)、『日本文学の流れ』(岩波書店)、『文学はなぜ必要か 日本文学&ミステリー案内』(笠間書院)などがある。

「2019年 『ミステリーで読む戦後史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

古橋信孝のおすすめランキングのアイテム一覧

古橋信孝のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『現代語から古語を引く 現古辞典』や『ミステリーで読む戦後史 (平凡社新書)』や『現古辞典: いまのことばから古語を知る (河出文庫)』など古橋信孝の全53作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

現代語から古語を引く 現古辞典

89
4.25
古橋信孝 2012年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

勉強になるな… もっと読む

ミステリーで読む戦後史 (平凡社新書)

88
2.93
古橋信孝 2019年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

国文学博士である著者が、戦後日本の社会や時代が抱えている掘り起こし、掘下げようとする推理小説に焦点をあて、ミステリ-でふりかえる歴史の新しい読み方を説いた... もっと読む

現古辞典: いまのことばから古語を知る (河出文庫)

66
4.00
古橋信孝 2018年5月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

https://lib.tezukayama-u.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=49... もっと読む

文学はなぜ必要か: 日本文学&ミステリー案内

42
3.63
古橋信孝 2015年11月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うらうらに照れる春日にひばりあがり心悲しも独りし思へば  大伴家持  文学は、おもしろい。文学は、人生の伴侶にもなりうる。ではなぜ、文学は必要なの... もっと読む

古代の恋愛生活―万葉集の恋歌を読む (NHKブックス)

21
3.50

感想・レビュー

日本の古代、恋愛はどのようにおこなわれていたのか? それを万葉集の句を引きながら解説しているのが本書です。 出会い、逢引き、別れなど句がそれを物語って... もっと読む

吉本ばななと俵万智

17
2.86

感想・レビュー

大好きで何度も何度も読んだ吉本ばななさんの初期の作品を解説?研究?している本。吉本ばななさんの本はしばらく手にしていなかったけれど、また改めて読み返したく... もっと読む

平安京の都市生活と郊外 (歴史文化ライブラリー)

16
3.33

感想・レビュー

学術書。 ただし、それほど内容は難しくなく、入門的な印象。 古典作品を引用しながら、平安時代の都市と郊外(郊外のあれこれ)の説明。 面白かった。... もっと読む

万葉集 (21世紀によむ日本の古典 2)

16
4.67
古橋信孝 2001年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こういう考えもあるのかとか、この表現は絵にしたら面白いだろうなと思うような要素があって、考える幅も広がり面白かったです。 もっと読む

残したい日本語

16
2.00
森朝男 2011年3月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

英語、英語言いますけど、必要なのは「道具」としての英語 英語に集中するあまり、日本語が疎かにしたくはないですな~。 と改めて思った 日本人にとって日... もっと読む

万葉集百歌

13
4.50
古橋信孝 2008年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

良書:) 古橋氏と森氏の解説によって、知識がなくても読みやすい内容になっている。9章(からかい)は斬新で、面白い。旅の章もなかなか。大伴旅人の歌は軽快で、... もっと読む
全53アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×