古賀新一のおすすめランキング

プロフィール

■古賀 新一(コガ シンイチ)
1936年福岡県生まれ。中学校卒業後、会社勤めの傍ら独学で漫画を習得し、21歳で上京。
貸本向け単行本などで活動を始めたのち、1964年に『週刊マーガレット』にて『白へび館』の連載を開始し、以降少女向けホラー漫画家として人気を博す。
1975年に始まった『エコエコアザラク』は、『週刊少年チャンピオン』を皮切りに『月刊少年チャンピオン』『サスぺリア』など複数の掲載誌での長期に亘る連載に加え、数度のテレビドラマ・映画などの実写化も行われた代表作となる。
2018年3月1日、病気のためこの世を去る。

「2019年 『小説 エコエコアザラク』 で使われていた紹介文から引用しています。」

古賀新一のおすすめランキングのアイテム一覧

古賀新一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『エコエコアザラク 1 (少年チャンピオン・コミックス)』や『エコエコアザラク (1) (ザ・ホラーコミックス)』や『魔女地獄―古賀新一傑作集 (角川ホラー文庫)』など古賀新一の全309作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

エコエコアザラク 1 (少年チャンピオン・コミックス)

50
3.72
古賀新一 マンガ 1976年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公は、黒魔術を使う。1話完結が多かった気がする。最後は、「エコエコアザラク・・・エコエコアザラク・・・」と言いながらどっかへ・・・少年チャンピオン黄金... もっと読む

魔女地獄―古賀新一傑作集 (角川ホラー文庫)

29
3.40

感想・レビュー

エコエコアザラクが大好きなので手に取った一冊。 黒井ミサが出てくるのが半分、もう半分はそれ以外の短編。 一番古い作品は今はなき週刊少年キングに1970年に... もっと読む

死霊の叫び―古賀新一恐怖傑作集 (角川ホラー文庫)

25
3.25

感想・レビュー

【目次】 御手洗/カズラ/守宮のたたり/消えた少年/永遠の命/幼虫/死霊の叫び/小さな小さな魂 (解説 松井雪子) もっと読む

エコエコアザラク (2) (少年チャンピオン・コミックス)

14
3.25

感想・レビュー

高速のバスにひかれても生きている 黒井ミサの底知れぬ生命力に震えました。 1巻よりも暴力と殺人技がエスカレートして 続きが気になりまくりです。 もっと読む
全309アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×