司修のおすすめランキング

プロフィール

司 修(つかさ・おさむ)
1936年生まれ。画家、小説家。法政大学名誉教授。
中学卒業後、独学で絵を学び、絵画や版画をはじめ、絵本、書籍の装丁、挿絵など多岐にわたる作品を発表。また小説やエッセイ、脚本など文筆分野での活躍でも知られる。
1978年『はなのゆびわ』で小学館絵画賞受賞。 1993年 「犬」で 川端康成文学賞、 2006年 『ブロンズの地中海』で毎日芸術賞、2011年『本の魔法』で大佛次郎賞受賞。 2016年イーハトーブ賞受賞。

展覧会
1986 年『司修の世界』(池田20 世紀美術館)
2011 年『司修のえものがたり──絵本原画の世界』(群馬県立近代美術館)

著書
絵本:『河原にできた中世の町』(文・網野善彦、岩波書店)
   『まちんと』(文・松谷みよ子、偕成社)
   『ぼくはひとりぼっちじゃない』(作・絵 司修、理論社)
小説:『幽霊さん』(ぷねうま舎)
   『戦争と美術』(岩波新書)
   『空白の絵本 ─語り部の少年たち─』(鳥影社)
などがある。

「2024年 『さようなら大江健三郎こんにちは』 で使われていた紹介文から引用しています。」

司修のおすすめランキングのアイテム一覧

司修のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『おとうさんだいすき (ジョイフルえほん傑作集 12)』や『絵本のこと話そうか —対談集』や『本の魔法』など司修の全120作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

絵本のこと話そうか —対談集

221
3.82
長新太 2018年8月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

絵本のこと は むろん 描くということは どういうこと モノを見るとは どういうこと 人の聲に耳を傾けるとは どういうこと 自分の思いを伝えるとは... もっと読む

本の魔法

179
3.54
司修 2011年6月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

装幀家が、自分が手掛けた本やその作者にまつわる思い出を語っている。少し前の時代に活躍した作家たちの思い出。なんだかいい香りがする。素敵だと思う。懐古的。ロ... もっと読む

日本の神話

140
3.58
松谷みよ子 2001年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

松谷みよ子の文で読む日本神話。古代の人々のねがい、おそれ、いのりから生まれ語り継がれた神話をもう一度読んでみませんか。切り絵のような司修の絵も素敵です。 ... もっと読む

グスコ-ブドリの伝記 (ポプラ社の絵本 13)

104
3.44
宮沢賢治 2012年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宮沢賢治の童話を幻想的なブル-を基調に描かれた絵物語。架空の街イーハト-ブ(東北地方)の森、木こりの家に生れたグスコ-ブドリ(ブドリ)と妹ネリの不遇の境遇... もっと読む

鏡のなかの鏡 迷宮

85
3.81

感想・レビュー

2010年。 小説で初めて最後まで読むことができなかった。 わけがわからなかった。今再読したとしても読み切る自信がない。 もっと読む

赤江瀑の世界: 花の呪縛を修羅と舞い

76
4.20
赤江瀑 2020年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

後年の諸作、未読だから読んで見る。 もっと読む

おとうさんだいすき (ジョイフルえほん傑作集 12)

71
3.71
司修 1975年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

悲しさから一転、楽しさへのてんかんがみぎと転換が見事! もっと読む

本の魔法 (朝日文庫)

55
4.00
司修 2014年2月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

不思議な読書体験だった。読み始めて、ああ、これはきっと読み終えられないという直感がまずやってきた。 しかし、埴谷雄高、武田泰淳、島尾敏雄との交友録を読む... もっと読む

ギルガメシュ王の物語 ラピス・ラズリ版

52
3.87
司修 2012年4月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2017/11/4に『ギルガメシュ叙事詩 (ちくま学芸文庫)』読了 そのあと本書の画を担当された司修さんの絵本を読む機会があり、本書を知りました ラピ... もっと読む

絵本の魔法

52
3.40
司修 2013年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「本の魔法」が入手できなかったため、同じ著者のこちらを読んでみた。 司修さんは1936年生まれ。小説家、画家、装丁家、エッセイストと様々な肩書を持つ。 ... もっと読む

戦争と美術 (岩波新書 新赤版 237)

51
3.06
司修 1992年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

美術の思想は戦時下でも完全には朽ちぬ。 世界大戦を通して、戦時下で美術家達がどのような思想のもと作品を作り、発表したのかを読み解く。 特に第二次世... もっと読む

司修のえものがたり

22
3.33
司修 2011年4月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

僕が司修さんを知ったのは、ラジオ深夜便「明日へのことば」でした。とても興味が湧き、ネット検索したら本書に辿り着きました。 本書は群馬県立近代美術館での「... もっと読む

影について (講談社文芸文庫)

20
5.00
司修 2008年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

https://calil.jp/book/4103949015 新潮社(1993-11) もっと読む

幽霊さん

18
2.00
司修 2014年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんだろう…不思議な小説…小説???小説……なのかな…?? もっと読む

Ōe(おおえ):60年代の青春

18
司修 2015年12月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

個人的な繰り言を書くと、私が物心ついた時は大江健三郎は既に日本文学の重鎮的存在だった(なにせノーベル文学賞にまで輝いたのだから)。ゆえに敬して遠ざけられる... もっと読む
全120アイテム中 1 - 20件を表示

司修に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×