吉増剛造のおすすめランキング

プロフィール

戦後日本の現代詩において、1960年代から現在まで、常に第一線で活躍してきた、世界的な詩人。他の追随を許さないパフォーマンス、写真、映像表現でも知られる。代表的な詩集として、『黄金詩篇』(1970)、『熱風』(1979)、『オシリス、石の神』(1984)、『螺旋歌』(1990)、『花火の家の入口で』(1995)、『The Other Voice』(2002)、『怪物君』(2016)などがある。

「2019年 『裸のcommonを横切って』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉増剛造のおすすめランキングのアイテム一覧

吉増剛造のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『我が詩的自伝 素手で焔をつかみとれ! (講談社現代新書)』や『吉増剛造詩集 (ハルキ文庫)』や『作家の旅 (コロナ・ブックス)』など吉増剛造の全116作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

我が詩的自伝 素手で焔をつかみとれ! (講談社現代新書)

126
3.72
吉増剛造 2016年4月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一度だけお会いした印象から、吉増剛造は、かげろうのような、すごく繊細な詩人だと思っていた。ところが違った。 印象あらため、つる植物のような強靭さと柔軟性... もっと読む

吉増剛造詩集 (ハルキ文庫)

114
3.82
吉増剛造 1999年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【献本+招待券プレゼント】"GOZO"読んで美術館へ行こう!2016年6月7日-8月7日東京国立近代美術館『声ノマ 全身詩人、吉増剛造展』豪華献本+招待券... もっと読む

高校生と考える希望のための教科書  (桐光学園大学訪問授業)

41
3.25
坂本龍一 2018年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

谷川俊太郎さんのところだけ読んだ。 「いろんな美しさがあることを自分の中に許しておく。」 もっと読む

黄金詩篇 (思潮ライブラリー・名著名詩選)

33
3.17

感想・レビュー

詩と革命の時代、そのエネルギーの頂点をなす「黄金の書」ふたたび。疾走する精神を奇蹟的に刻み込んだ名詩集が、時代を画した赤瀬川原平の鮮烈な装幀とともによみが... もっと読む

欲望論 第2巻「価値」の原理論

30
3.75
竹田青嗣 2017年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第2巻も550ページに及ぶ大作でやっと読了。著者の展開する現象学の手法に基づいて真善美の価値観について論じたのが第2巻の内容。先人の知恵も拝借しながら、著... もっと読む

盤上の海、詩の宇宙

29
4.00

感想・レビュー

様々な感覚的なものが語られているので、自分にとって慣れないものは反射的に拒絶してしまい、この本のメッセージをうまく受け取ることができなかったと思う。 近い... もっと読む

盤上の海、詩の宇宙

24
4.00
羽生善治 2018年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018/06/13 11:56:56 もっと読む

続続・吉増剛造詩集 (現代詩文庫)

23
3.75

感想・レビュー

吉増剛造で終わり吉増剛造で始まる年末年始。 もっと読む

賢治の音楽室

23
4.40

感想・レビュー

本当に宮沢賢治って辛気くさい。 もっと読む

盲いた黄金の庭

23
3.86
吉増剛造 2010年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

未知の世界像を追い求める吉増剛造決定版写真集。この20年の作品から厳選して構成、新たに「言葉のシャッターが下りる瞬間」を書下ろす。 もっと読む

詩学講義 無限のエコー

23
4.00
吉増剛造 2012年12月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

さあ、「お教室」のはじまりです―― ▼詩人・吉増剛造が慶應義塾大学で教鞭をとった――。 その唯一無二の「詩学講義」がいまここであざやかによみがえる。 ▼... もっと読む

怪物君

23
5.00
吉増剛造 2016年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【献本+招待券プレゼント】"GOZO"読んで美術館へ行こう!2016年6月7日-8月7日東京国立近代美術館『声ノマ 全身詩人、吉増剛造展』豪華献本+招待券... もっと読む

詩をポケットに~愛する詩人たちへの旅 (NHKライブラリー)

20
3.80
吉増剛造 2003年9月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

趣味の良いラインナップで期待したが、はっきり言って読み辛い。文体が上品すぎるのだろうか?途中で筋が追いきれなくなって拾い読みに… もっと読む

裸のメモ

20
5.00

感想・レビュー

吉増剛造。詩人。 吉増の詩集の中では、 総文字数が圧倒的に多い本です。 なので、 ずっと、 読むタイミングを計っていました。 それで、 こな... もっと読む

花火の家の入口で

17
3.33
吉増剛造 2001年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現代詩の先端で、起爆力あふれる言葉を刻印しつづける詩人が、みずから移動する耳となり、幾億光年の記憶をくぐり、万象の声の響きを捕獲した詩=精霊の跳梁する言語... もっと読む

続・吉増剛造詩集 (現代詩文庫)

17
3.40

感想・レビュー

今年最後の読書がこれだ。 もっと読む
全116アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする