吉岡乾のおすすめランキング

プロフィール

吉岡乾(よしおか・のぼる)

国立民族学博物館准教授。専門は記述言語学。博士(学術)。1979年12月、千葉県船橋市生まれ。2012年5月、東京外国語大学大学院博士課程単位取得退学。同9月に博士号取得。博士論文の題は「A Reference Grammar of Eastern Burushaski」。2014年より、現職。
大学院へ進学した2003年よりブルシャスキー語の研究を開始し、その後、パキスタン北西部からインド北西部に亙る地域で、合わせて7つほどの言語を、記述的に調査・研究している。著書に『なくなりそうな世界のことば』(創元社)。

「2019年 『現地嫌いなフィールド言語学者、かく語りき。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉岡乾のおすすめランキングのアイテム一覧

吉岡乾のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『なくなりそうな世界のことば』や『現地嫌いなフィールド言語学者、かく語りき。』など吉岡乾の全2作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

なくなりそうな世界のことば

379
3.41
吉岡乾 2017年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これはなかなか切実な本だ。 もしも自分が話す言語がこの世から消え去るとしたら、悲しいなどと言う言葉ではとても足りない。世界から見放された孤児のような気持... もっと読む
全2アイテム中 1 - 2件を表示
ツイートする