吉岡忍のおすすめランキング

プロフィール

1948年長野県生まれ。ノンフィクション作家。早稲田大学政経学部在学中からベ平連に参加。主な著書に、『M/世界の、憂鬱な先端』(文藝春秋)、『墜落の夏』(新潮社、第9回講談社ノンフィクション賞受賞)、『フォークゲリラとは何者か』(編著、自由国民社)。

吉岡忍のおすすめランキングのアイテム一覧

吉岡忍のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『バカにならない読書術 (朝日新書 72)』や『墜落の夏―日航123便事故全記録 (新潮文庫)』や『米原万里を語る』など吉岡忍の全52作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

バカにならない読書術 (朝日新書 72)

398
3.13
養老孟司 2007年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第1部は「「養老流」本の読み方」というタイトルで、養老孟司が読書について語ったエッセイになっています。 本屋に本がたくさん並んでいるのを見て、精神家... もっと読む

墜落の夏―日航123便事故全記録 (新潮文庫)

381
3.89
吉岡忍 1989年7月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1985年8月12日に起こった日航機墜落事故を扱ったノンフィクション。 日航機の事故に関する書籍はいくつか読んだが、本書は最初に読むべきだったのかもしれな... もっと読む

米原万里を語る

91
3.70
井上ユリ 2009年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

有名人や芸能人や作家などが自分の心を奮い立たせることに関係があると言う体験は、後にも先にもこの人しかない。 激しい気性と裏腹な繊細さと慎重さをもち、 ... もっと読む

奇跡を起こした村のはなし (ちくまプリマー新書)

83
3.70
吉岡忍 2005年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新潟県にあった黒川村のお話。 黒川村は2005年に中条町と合併して現在は胎内市となっている。 黒川村には31歳で当選して以来、12期48年間村長を勤めた伊... もっと読む

月のナイフ

80
3.61
吉岡忍 1999年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

絶対にもう一度読む もっと読む

M/世界の、憂鬱な先端 (文春文庫)

77
3.53
吉岡忍 2003年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

難しすぎる問題だなー。 宮﨑勤は残虐な許されない事をしたけど これを読んだら 悲しくなってくる。 どこかで誰かが救えたんじゃないかと。 もっと読む

M/世界の、憂鬱な先端

46
3.59
吉岡忍 2001年12月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2016年1月4日、読了。 もっと読む

フリーランス・ライターになる方法 (生活人新書)

29
3.10
吉岡忍 2003年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ライターの仕事模様をライトに知ることができるかな、と思いきや、新書にしてはけっこう濃密に書いてくれてる本やった。結局かなりの人脈やったり、バイタリティーや... もっと読む

墜落の夏―日航123便事故全記録

28
3.75
吉岡忍 1986年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日航 墜落 御巣鷹山 もっと読む

ある漂流者のはなし (ちくまプリマー新書(014))

21
2.75
吉岡忍 2005年6月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

軽く読める新書だが、強い印象を受けた。一人っきりの漂流。だからこそなのか時間の流れは曖昧になり、生と死さえも曖昧に…。迷いに囚われたくなくてその元となる水... もっと読む

日本人ごっこ (文春文庫)

20
3.20
吉岡忍 1993年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイの貧しい少女が、ある機会に覚えた片言の日本語を用いて、自分は日本人なんだと思わせて周囲に事件を起こしていく。貧しさと豊かさ、憧れと劣等感などがない交ぜ... もっと読む

「事件」を見にゆく (文春文庫)

20
3.14
吉岡忍 1992年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2016年8月24日、読了。 もっと読む

ベトナム戦争 (コレクション 戦争×文学)

20
3.50
開高健 2012年4月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私のリアルタイムに脳裏に焼き付いているヴェトナム戦争のシーンは、アメリカ空母の甲板からヘリコプターを海に投棄しているところでした。もちろん、その後数々のド... もっと読む

日本人ごっこ

15
3.50
吉岡忍 1989年12月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

さすがの取材力と巧みな構成。1980年代半ばのタイ社会の発展の光と影をタイ人らしいといえばタイ人らしい「日本人ごっこ」という事件から描き出す。当時の物価を... もっと読む

司馬遼太郎がゆく―「知の巨人」が示した「良き日本」への道標

14
3.67
半藤一利 2001年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

司馬さんの著書の内容は、司馬さんの人物像、時代背景 などなどとても興味深い内容だった。燃えよ剣は早速読ん でみたくなった。 もっと読む

ペンの力 (集英社新書)

14
3.00
浅田次郎 2018年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いくら声明を出しても現実社会になんらの影響を与えないのが虚しい。 オリンピック、万博、ペンクラブの国際大会。 もっと読む
全52アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする