吉本ばななのおすすめランキング

プロフィール

一九六四年東京都生まれ。日本大学藝術学部文芸学科卒業。八七年「キッチン」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。八九年『キッチン』『うたかた/サンクチュアリ』で芸術選奨文部大臣新人賞、同年『TUGUMI』で山本周五郎賞、九五年『アムリタ』で紫式部文学賞、二〇〇〇年『不倫と南米』でドゥマゴ文学賞を受賞。著作は三十カ国以上で翻訳出版されており、海外での受賞も多数。noteにてメルマガ『どくだみちゃんとふしばな』を配信中。

「2022年 『気づきの先へ どくだみちゃんとふしばな7』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉本ばななのおすすめランキングのアイテム一覧

吉本ばななのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『キッチン (角川文庫)』や『TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)』や『キッチン (新潮文庫)』など吉本ばななの全311作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

キッチン (角川文庫)

19875
3.82
吉本ばなな 1998年6月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これは雰囲気を感じるお話だなぁ。肉親との別れ。辛さ、迷い、そして願いや希望に向かってゆく過程の気持ち。きっと、読む年齢によっても感じ方がかわってくるのだろ... もっと読む

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)

14813
3.74
吉本ばなな 1992年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女子にとって、親友と彼氏はとても大きな存在。 自分をまるっと受け止めてくれて理解してくれる存在。 病弱でいつも死が頭の片隅にあるつぐみは、人をバカにした... もっと読む

キッチン (新潮文庫)

8258
3.90
吉本ばなな 2002年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

R1.8.31 読了。  ずっと気になっていた作品。大切な人を失くした空虚感にあったみかげを雄一とえり子親子に声を掛けられて同居することになり、徐々... もっと読む

とかげ (新潮文庫)

5976
3.30
吉本ばなな 1996年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今の自分と正直に向き合って、今生きているだけで十分幸せだと思えてくる。 それは、心通わす人が側にいるから。 この本は、そんな希望と優しさに満ち溢れてい... もっと読む

うたかた/サンクチュアリ (新潮文庫)

4973
3.45
吉本ばなな 2002年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ばななさんの作品に流れる、愛する人を亡くした喪失感、そしてそこからの回復。というテーマが流れているのは他の作品群と同様だと思うのだけれど、この二篇の物語は... もっと読む

哀しい予感 (角川文庫)

4952
3.56
吉本ばなな 1991年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あるかたのレビューを見て、吉本ばななさんが無性に読みたくなりました(それはキッチンのレビューだったのだけれど)。こういう出会いに感謝いたします。 弥生1... もっと読む

アムリタ(上) (新潮文庫)

4442
3.53
吉本ばなな 2002年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ばなな先生の本を読んでいると、 なんて自分は乏しい感性の中でつまらなく生きているんだ・・・ と言う気分になります。 流れるままに生きて、... もっと読む

白河夜船 (新潮文庫)

4441
3.53
吉本ばなな 2002年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

奇しくも角田さんのエッセイに続き コレもまた夜をモチーフにした短編集(笑) 表題作『白河夜船(しらかわよふね)』が 大好きな安藤サクラ主演で映画... もっと読む

アムリタ(下) (新潮文庫)

3595
3.53
吉本ばなな 2002年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルのアムリタ。 本棚にもう一冊ありました。野崎まどさんのアムリタ。 これも結構好きでした。 アムリタの何たるや、ですが。読み進めて、昔利尻岳登山をし... もっと読む

体は全部知っている (文春文庫)

3539
3.44
吉本ばなな 2002年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なぜだかすごく好きな本。サラサラ読めるのに、読み終えた最後に何か心に残る。ステキです。 もっと読む

ハチ公の最後の恋人 (中公文庫)

3427
3.55
吉本ばなな 1998年8月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

マオとハチの出会いから別れまでのお話。 マオの実家は新興宗教をしている。ハチは両親に捨てられインド人に育てられ、二人とも特殊な環境に育つ。登場人物も個性... もっと読む

ハネムーン (中公文庫)

2756
3.35
吉本ばなな 2000年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「苦しみはやってきたのと同じ道のりで淡々と去っていく。 」 ユニークな家族構成を持つ二人の男女のリリカルでふんわりとした空気の中での痛い、心が痛くなる... もっと読む

N・P (角川文庫)

2657
3.42
吉本ばなな 1992年11月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

N・Pという小説を書いて自殺した小説家の父をもつ3人の子どもらと、その小説の翻訳をして自殺した男の恋人だった主人公とのつながりを描く。 高校生の時に何回... もっと読む

ハードボイルド/ハードラック (幻冬舎文庫)

2307
3.31
吉本ばなな 2001年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ハードボイルド」 奇妙な夜の出来事が描かれている。 人と別れることはすごくつらい。けどあらゆる罪悪感から抜け出して、ハードボイルドに生きなくちゃ、と... もっと読む

哀しい予感 (幻冬舎文庫)

2217
3.78
吉本ばなな 2006年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

吉本ばななさんの初期の作品が懐かしくなって、再読しました。 私立高校の音楽教師をしていた30歳独身のおば、ゆきの。 ひとり眠るようにただひっそりと、古い... もっと読む

1日10分のごほうび NHK国際放送が選んだ日本の名作 (双葉文庫)

2129
3.55
赤川次郎 2020年3月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

NHK国際放送ラジオで紹介されたショートストーリー集 第二弾。 今回は赤川次郎、江國香織、角田光代、田丸雅智、中島京子、原田マハ、森浩美、吉本ばなな の8... もっと読む

ミトンとふびん

1883
3.90
吉本ばなな 2021年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編集。大切な人の死。喪失感を抱えながら旅し、日常とかけ離れた時を過ごしながら少しずつ傷を癒していく。軽やかだが深みもあり、読むと自然と心が軽く穏やかにな... もっと読む

おとなになるってどんなこと? (ちくまプリマ―新書)

1741
3.61
吉本ばなな 2015年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

優しく語りかけるように書かれていました。 個人的には 「〈インタビュー〉将来を考える」の内容が一番共感できたように思えます。 もっと読む

TUGUMI(つぐみ)

1476
3.82
吉本ばなな 1989年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

R2.3.30 読了。  引き込まれるように読破してしまった。もう少し、つぐみを見ていたかった。 ・「つぐみは生まれた時から体がむちゃくちゃ弱くて、あ... もっと読む

ひな菊の人生 (幻冬舎文庫)

1471
3.45
吉本ばなな 2006年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

よしもとばなな氏が好きかと問われたら、はいと言えない気がする。それなのに、作品中そこここに言葉のきらめきを感じる。それが私がよしもと作品を読む理由になって... もっと読む
全311アイテム中 1 - 20件を表示

吉本ばななに関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×