吉村達也のおすすめランキング

プロフィール

小説家

「2015年 『白骨温泉殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉村達也のおすすめランキングのアイテム一覧

吉村達也のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『生きてるうちに、さよならを (集英社文庫)』や『文通 (角川ホラー文庫)』や『王様のトリック (双葉文庫)』など吉村達也の全617作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

生きてるうちに、さよならを (集英社文庫)

357
3.14
吉村達也 2007年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

---------- 帝塚山大学図書館OPAC http://lib.tezukayama-u.ac.jp/mylimedio/search/sear... もっと読む

文通 (角川ホラー文庫)

269
2.91
吉村達也 1994年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

気軽な気持ちから文通相手を募集した女子高生の元に届く、不気味な手紙の数々…。 再読。ペンパルという言葉に時代を感じますね。 不特定多数に個人情... もっと読む

王様のトリック (双葉文庫)

258
2.87
吉村達也 2010年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

途中までは面白かったです。 でも、オチが...ううーん...。 説明しにくいのですが、ミステリーというか、二時間ものサスペンスという印象です。 もっと読む

ビンゴ (角川ホラー文庫)

245
3.31
吉村達也 2005年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

吉村達也氏のホラーは発想は面白いのだが、怖がらせようとするあまり一周周って全然怖くないというか笑えてくるところがある。スキー場のリフトで4人がバタバタ死ん... もっと読む

姉妹―Two Sisters (角川ホラー文庫)

232
3.25
吉村達也 2004年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

かなりぞわぞわしました。韓国という設定がまたよく、姉妹の残酷で愛、、父の苦難、色々な感情がうごめいています。 もっと読む

初恋 (角川ホラー文庫)

201
3.29
吉村達也 1993年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

かなり昔に書かれたストーカーもの。 ホラーというよりはスリラー。 もっと読む

トンネル (角川ホラー文庫)

165
3.01
吉村達也 2003年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

謎解きチームと犯人側が接触しないのが新しいなと思いました。つぅか事件解決にもほとんど関与してないよね…読者に解説するためだけに存在しているようだ。 ... もっと読む

ボイス (角川ホラー文庫)

164
3.07
吉村達也 2003年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うーん。小説としては微妙! もっと読む

先生 (角川ホラー文庫)

153
3.30
吉村達也 1995年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ぼくをいじめないでと懇願する幼児の頃のままのような中身の一方で簡単に次々と人殺しをする、雪のように白い女の子のような肌を髭で覆った、相手が子供ならばと考え... もっと読む

ケータイ (角川ホラー文庫)

148
2.98
吉村達也 1999年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

吉村達也版 『着信アリ (http://booklog.jp/item/1/4041745144)』という話。 立て続けに、女子高生、女子中学生が7人惨... もっと読む

誘拐 (角川文庫)

140
3.16
有栖川有栖 1997年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 誘拐モノて、実はそんなに好きではないんですよ。  ハラハラするのが苦手というか、探偵側が追いつめられるのが苦手なので。  でも、収録作品はわりとおもしろ... もっと読む

樹海 (角川ホラー文庫)

128
3.18
吉村達也 2003年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「卒業」から二十余年、当時三歳だった真美の大学生の弟の恋人である高校生のルイと暗い森の悪夢と出生の秘密。母子は同一の存在だという主張は受け入れ兼ねた。老婆... もっと読む

ふたご (角川ホラー文庫)

126
3.06
吉村達也 1996年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ジャンルはホラーミステリーでいいのかな? 最初はミステリーだったんだけど、読み進むうちにホラーになり、最終的にSFか?ってくらいスケールが大きくなってた... もっと読む

卒業 (角川ホラー文庫)

125
2.86
吉村達也 2002年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

目の前に現れた赤い文字に死なずに殺せと迫られ奇妙な老人と少女に二十年待てと言われ卒業式の日の自殺を思い止まった康明が時を経て突然導かれるように平然と復讐に... もっと読む

かげろう日記 (角川ホラー文庫)

125
3.16
吉村達也 2003年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

無性に最近ホラー小説が読みたくて、ホラーと名のつくモノを手当り次第に読んでいます。 この小説は何だか名前からして不思議な空気をかもし出してそうだなぁ... もっと読む

踊る少女 (角川ホラー文庫)

120
3.17
吉村達也 1999年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

踊る少女と11037日目の夫婦はホラーというよりなんだか奥さんがかわいそうで悲しい気持ちになった。うちの奥さんにもおんなじ思いさせてんのかなぁって思いまし... もっと読む

鬼の棲む家 (集英社文庫)

115
3.18
吉村達也 2008年4月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

結婚して別人のように豹変した夫。暴力に耐えきれず、妻は夫を殺してしまう。 「あの家には鬼がいる」錯乱した様子の娘が不憫で奔走する父親。最後に知る“鬼”... もっと読む

スイッチ (角川ホラー文庫)

106
2.94
吉村達也 2004年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あんまり恐くない。 話が簡単で安易すぎる。 以上 もっと読む

お見合い (角川ホラー文庫)

100
3.03
吉村達也 2001年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

USJジュラシック・パーク・ザ・ライドの宣伝みたいな本。オカルト系ミステリ? 思いつきで「お見合いでもしてみようかな」と言ったところ、予言でもしていたか... もっと読む
全617アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする