吉田ルイ子のおすすめランキング

吉田ルイ子のおすすめランキングのアイテム一覧

吉田ルイ子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ハーレムの熱い日々 (講談社文庫)』や『自分をさがして旅に生きてます (講談社文庫)』や『吉田ルイ子のアメリカ (講談社文庫)』など吉田ルイ子の全42作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ハーレムの熱い日々 (講談社文庫)

293
3.86
吉田ルイ子 1979年1月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エネルギッシュで今読んでも全く色褪せを感じない生気あふれる一冊、名著です! 圧倒的に理不尽な人種差別に苛まれ、ドラッグに売春が常態化していて、住人は... もっと読む

自分をさがして旅に生きてます (講談社文庫)

79
3.73

感想・レビュー

世界の当事者であること、 自らの生き方を決め、律し続けること、 この輝く人々のあふれる世界で 自らも輝きを放つべく努力し続けること、 忘れたくない。と思っ... もっと読む

リトル・チルドレン (ちくま文庫)

35
3.42

感想・レビュー

貧しい少年、移民たち、当たり前の差別。 それでもアメリカが好きだと言える登場人物たちの強さ。 もっと読む

わたしはネコロジスト―てのひら絵本 (中公文庫―てのひら絵本)

21
4.25
吉田ルイ子 2003年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

知ってる名前だわ って思ったら、ずっと昔に、この作者の<br>ハーレムの黒人の男の子の目が印象的な表紙の本を持ってたわ。<br>そして今回は、子猫寅之介の... もっと読む

南ア・アパルトヘイト共和国

20
3.67
吉田ルイ子 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私はこの国の事をよく知らなかった 無知の知 知らない事に恥ずかしさを感じる もっと読む

ハーレムの熱い日々 (1979年) (講談社文庫)

13
3.60
吉田ルイ子 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

吉田ルイ子さんの姿勢がかっこいいです。 写真もすごくいい。 もっと読む

フォト・ジャーナリストとは?―撮れなかった1枚の写真 (岩波ブックレット (No.100))

11
3.00
吉田ルイ子 1987年10月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(1992.07.04読了)(1992.07.04購入) 撮れなかった1枚の写真 もっと読む

アパルトヘイトの子どもたち―ぼくたちは怒っている (ポプラ社教養文庫)

8
4.00

感想・レビュー

(1994.05.08読了)(拝借) ぼくたちは怒っている (「BOOK」データベースより)amazon 今、南アフリカ共和国で起きていること、それ... もっと読む

少女マギー―南アフリカ・アパルトヘイトをのりこえて (心にのこる文学)

8
3.50

感想・レビュー

(1996.07.06読了)(1996.07.06購入) 南アフリカ・アパルトヘイトをのりこえて (「MARC」データベースより)amazon 黒人... もっと読む

ぼくの肌は黒い (ポプラ・ブックス 54)

8
4.00

感想・レビュー

(2000.10.01読了)(2000.08.08購入) ☆関連図書(既読) 「フォト・ジャーナリストとは?」吉田ルイ子著、岩波ブックレット、19... もっと読む

世界おんな風土記 (旺文社文庫)

7
3.00

感想・レビュー

古本屋のワゴンセールで買った本。 80年台が懐かしくて。 どういう時代かというと、世界ルポという場合に、 ・アメリカはベトナム戦争のショックから抜け... もっと読む

いま、アジアの子どもたちは…―戦争・貧困・環境 (10代の教養図書館)

7
3.00

感想・レビュー

図書館で吉田ルイ子という名前が目にとまったので『いま,アジアの子どもたちは・・・』という本を借りてみた。吉田ルイ子さんの写真を初めて見たのは1年前。岩崎ち... もっと読む

子どもは見ている―The Family of Child

6
4.00
吉田ルイ子 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こういうミックスって初めてだ〜!写真と絵。ちひろさんのは絵なんだけれど、とっても瞳の力が強い。ちひろさんの画集も読んでみたいな。どうせならいろいろな子供の... もっと読む
全42アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×