吉田修一のおすすめランキング

プロフィール

吉田 修一(よしだ しゅういち)
1968年長崎県生まれ。法政大学経営学部卒業後、スイミングスクールのインストラクターのアルバイトなどを経験。
1997年「最後の息子」で第84回文學界新人賞を受賞しデビュー。同作は第117回芥川龍之介賞候補にもなった。
2002年『パレード』で第15回山本周五郎賞を同年「パーク・ライフ」で第127回芥川龍之介賞、2007年『悪人』で第61回毎日出版文化賞及び第34回大佛次郎賞、2010年『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞をそれぞれ受賞。2016年には芥川龍之介賞選考委員に就任している。
その他の代表作に、2014年刊行、本屋大賞ノミネート作の『怒り』。2016年に映画化され、数々の映画賞を受賞。体当たりの演技を披露した広瀬すず出世作としても名を残すことになる。

吉田修一の関連サイト

吉田修一のおすすめランキングのアイテム一覧

吉田修一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『悪人(上) (朝日文庫)』や『パレード (幻冬舎文庫)』や『悪人(下) (朝日文庫)』など吉田修一の全224作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

悪人(上) (朝日文庫)

7059
3.69
吉田修一 2009年11月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本当はずっと誰かに、ただ自分だけを見てほしかったんだと思う。話は上手く出来ないけれど、自分の目を見て微笑んで欲しかっただけなんだと思う。うん、うん。そうだ... もっと読む

パレード (幻冬舎文庫)

6871
3.57
吉田修一 2004年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映画を観てから、どうしても読みたくなって購入した。 結論としては良かった。5人のより詳細で繊細な感情が伝わってきた。 先に映画を観ていたせいか、脳内に出... もっと読む

悪人(下) (朝日文庫)

6459
3.76
吉田修一 2009年11月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

下巻は、心揺さぶる言葉が多かったです。そして祐一の光代に対する最後の行いの意味とか考えると、読み終えてからもしばらくいろんな想いが駆け巡って。ふいに涙が溢... もっと読む

パーク・ライフ (文春文庫)

4297
3.01
吉田修一 2004年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『パークライフ』 芥川賞受賞作。 何か大きな事件が起きることなく淡々と話が始まり、え、もう終わり?みたいな感じ。 でも、主人公にも「スタバ女」にも共... もっと読む

横道世之介 (文春文庫)

4194
4.08
吉田修一 2012年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ものすごく、ものすごく面白かった。 面白かったけれど、物語が終わりに近づくにつれて、ページを捲るのが惜しくて、惜しくて。。。1ページ、1ページ、1行、1... もっと読む

悪人

3556
3.85
吉田修一 2007年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おもしろかったです。九州の話で、博多弁や知っている地名がたくさんでたから余計に親近感が持てました。 この本はぱらぱらとページをめくって、目次を見たと... もっと読む

怒り(上) (中公文庫)

3016
3.84
吉田修一 2016年1月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ミステリーなのか、ヒューマンドラマなのか…上巻を読んだ限りでは全くストーリーの全貌が見えて来ない。冒頭に描かれる惨殺事件と全く無関係に描かれる順風満帆とは... もっと読む

横道世之介

2819
3.96
吉田修一 2009年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どこにでもいるような大学生「横道世之介」くん。 大学入学とともに上京してきてからの1年間が書かれている。 とくにこれといった出来事もなく、何気ない日常... もっと読む

怒り(下) (中公文庫)

2716
3.92
吉田修一 2016年1月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

3つの場所での話と殺人事件がどう絡むのかが気になり 下巻はものすごい速度で読めます。 ううむ、 胸の中にどろっとしたようなものが残る作品。 だからといっ... もっと読む

最後の息子 (文春文庫)

2245
3.41
吉田修一 2002年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「羊と鋼の森」の宮下奈都さんが選んだ 「大切な人へ贈る本」 と書店のポップにあったので衝動買い。 あー吉田修一さん、やっぱり私は好きなんだなあ。 同世... もっと読む

怒り(上)

2153
3.74
吉田修一 2014年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

八王子で起きた殺人事件。 夫婦が殺害され、現場に残された「怒」の文字。 逃亡を続ける犯人の山上一也。 その事件から1年後のこと。 遠く離れた3... もっと読む

さよなら渓谷 (新潮文庫)

2061
3.53
吉田修一 2010年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

薬丸岳さんの【死命】を読んだ後、この本を読んだからでしょうが… しんどかった… 大学時代レイプ事件の加害者だった男性と被害者だった女性。 贖罪の... もっと読む

日曜日たち (講談社文庫)

1874
3.36
吉田修一 2006年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

吉田修一さんの本は8冊目。 表紙には連作短編集と書かれていますが、連作の意味がじわじわとわかってきます。 後半になればなるほど、じわじわ良い感じ。... もっと読む

怒り(下)

1871
3.83
吉田修一 2014年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

寝食忘れてというのはいささか大げさだが、睡眠時間を削って上下巻一気に読み切った。 続きが気になって気になって。 でも、これはないよ。こんな終わり方って... もっと読む

女たちは二度遊ぶ (角川文庫)

1637
2.95
吉田修一 2009年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

BeeTVのCMで見て気になってたもの。キャッチフレーズは「愛されるより、忘れられない女になる」。『悪人』『パレード』も面白かった吉田修一氏の作品だけどこ... もっと読む

東京湾景 (新潮文庫)

1598
3.37
吉田修一 2006年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いまいち今回はどの登場人物にも感情移入出来ないなと思っていたら最後の最後で。。。 とにかく今すぐ『日蝕』を借りに行きたい。 もっと読む

初恋温泉 (集英社文庫)

1527
3.17
吉田修一 2009年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

実在する温泉宿を舞台にした短編で、思わずネットで宿を検索して想像しながら読んでしまった。 どの宿も行ってみたくなったけど、青森の青荷温泉は描写も細かかった... もっと読む

7月24日通り (新潮文庫)

1316
3.31
吉田修一 2007年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルが私の誕生日と同じだ…! また母の実家が長崎であり、主人公の小百合も母と同じ名前(字は違うけど)。そんな偶然が重なったので、それ以来愛読していま... もっと読む

さよなら渓谷

1295
3.44
吉田修一 2008年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

さよなら渓谷…たしか映画で観たいと思っていた作品。どんな内容だったっけ??とあらすじを思い出せずに読み始めました。 4歳の男の子が行方が分からなくな... もっと読む

ひなた (光文社文庫)

1207
3.22
吉田修一 2008年6月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一組の夫婦と一組のカップル(その夫婦とカップルの男は兄弟)の春夏秋冬。 それぞれの関係、それぞれの家族との関係、それぞれの仕事仲間との関係、そして少しの... もっと読む
全224アイテム中 1 - 20件を表示

吉田修一に関連する談話室の質問

ツイートする