吉田右子のおすすめランキング

プロフィール

筑波大学大学院図書館情報メディア研究科教授。
主な著書に、『メディアとしての図書館』(日本図書館協会、2004)、『デンマークのにぎやかな公共図書館』(新評論、2010)、『オランダ公共図書館の挑戦:サービスを有料にするのはなぜか?』(新評論、2018)など。

「2020年 『時代のなかの図書館・読書文化』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉田右子のおすすめランキングのアイテム一覧

吉田右子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『デンマークのにぎやかな公共図書館-平等・共有・セルフヘルプを実現する場所』や『フィンランド公共図書館: 躍進の秘密』や『オランダ公共図書館の挑戦: サービスを有料にするのはなぜか?』など吉田右子の全15作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

デンマークのにぎやかな公共図書館-平等・共有・セルフヘルプを実現する場所

207
3.83
吉田右子 2010年11月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

はっきり言って、最期のまとめ以外には、参考にし難い主観的な描写が多く、突っ込んだ質問・応答もされていないように感じてしまう。 それはともかく、紀行として... もっと読む

フィンランド公共図書館: 躍進の秘密

163
3.87
吉田右子 2019年11月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

国民から信頼され、勢いよく利用されているフィンランドの図書館についての見聞録です。 情報へのアクセスポイントとして、更には3Dプリンター等創作ツールの提供... もっと読む

オランダ公共図書館の挑戦: サービスを有料にするのはなぜか?

137
3.75
吉田右子 2018年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

有料にするのはなぜかの答えはいかに? 有料なのは図書館が出来た歴史的背景による 無料で提供されるサービスに対する軽視の記載もある どちらかというとオ... もっと読む

読書を支えるスウェーデンの公共図書館: 文化・情報へのアクセスを保障する空間

104
3.48

感想・レビュー

読み終わって、まあ日本政府としては、おそらく将来の日本の図書館のモデルとしてスウェーデンを考えていて、本著は、そのモデルにあわせられる図書館体制をつくるた... もっと読む

文化を育むノルウェーの図書館: 物語・ことば・知識が踊る空間

67
3.67

感想・レビュー

ノルウェーはこれまであまり注目したことなかったが、図書館が文化の拠点となって能動的に様々な取組みをしていることがこの本をよんでよくわかった。日本の図書館も... もっと読む

レファレンスサービス演習 (図書館情報学の基礎)

13
4.00
吉田右子 2006年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

司書資格の参考文献として使用。 レファレンスサービスの活動と意義から、 各検索対象の探索方法をコンパクトにまとめた1冊。 各章の後ろに少し演習が載っ... もっと読む

新たな図書館・図書館史研究―批判的図書館史研究を中心にして

6
4.00

感想・レビュー

いつかひらめいて参考にする日がありそうなのでメモメモ。 もうちょっと勉強が必要だわ~~ もっと読む
全15アイテム中 1 - 15件を表示
ツイートする
×