吉田恒雄のおすすめランキング

プロフィール

駿河台大学名誉教授

「2019年 『親族法・相続法〔第5版〕』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉田恒雄のおすすめランキングのアイテム一覧

吉田恒雄のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『死のドレスを花婿に (文春文庫)』や『ブルックリンの少女 (集英社文庫)』や『パリのアパルトマン (集英社文庫)』など吉田恒雄の全38作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

死のドレスを花婿に (文春文庫)

1259
3.84

感想・レビュー

2020.10.11 再読 出だしからハラハラするジェットコースターのように堕落していくソフィー。謎が明かされていくものの、やはり怖いのは女なんじゃない... もっと読む

ブルックリンの少女 (集英社文庫)

613
3.60

感想・レビュー

タイトルのブルックリンという街は、アメリカの街の名である。 しかし、物語の始まりは、そこから遠く離れたフランスのアンティーブ。 婚約者であるアンナ... もっと読む

パリのアパルトマン (集英社文庫)

254
3.78

感想・レビュー

40代半ばの人間嫌いな戯曲作家ガスパールと、30代半ばの精神不安定な元刑事マデリンは、クリスマスをパリで過ごすためにそれぞれ、とあるアパルトマンを借りた。... もっと読む

死のドレスを花婿に

142
3.77

感想・レビュー

この着想、このテンポ! 今話題の「その女アレックス」の作者の一作目。 なるほど~才能あります☆ ソフィー・デュゲは20代後半、裕福な家庭のベビー... もっと読む

作家の秘められた人生 (集英社文庫)

132
3.72

感想・レビュー

ミュッソの洗礼を受ける作品。 ミステリーというとどんでん返しや種明かしがあり、再読によって初めて理解されるというのが王道。大半のミステリーは揺るぎない真実... もっと読む

IKEAのタンスに閉じこめられたサドゥーの奇想天外な旅 (小学館文庫)

95
3.73

感想・レビュー

雑誌の書評欄で紹介されていて、「なんだこれは!」とタイトル買いで飛びついた1冊。この直前に読んだトロワイヤ『仮面の商人』といい、流行りものとは言いにくい仏... もっと読む

私はホロコーストを見た(上): 黙殺された世紀の証言1939-43

95
3.80
ヤン・カルスキ 2012年8月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「誠意と勇気。個人の冒険がそのまま世界の運命につながっている。どうしてこれがフィクションでないのだ?」池澤夏樹 『ショアー』の証人の一人、ポーランド・レジ... もっと読む

ブラン・マントー通りの謎 (ニコラ警視の事件1) (ランダムハウス講談社文庫)

89
3.31

感想・レビュー

ルイ15世治下のフランス・パリが舞台のミステリー。 推理系にはまって色々読みあさってましたが、たまには舞台が現代じゃないのもいいなと思って。 パリと聞... もっと読む

死のドレスを花婿に (文春文庫)

69
3.36
ピエール・ルメートル 電子書籍 2015年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読後感がイヤ〜な感じのミステリのことをイヤミスというそうだが、このピエール・ルメートルという作家のミステリはどれもそのイヤミスに当てはまる(といっても読ん... もっと読む

私はホロコーストを見た(下): 黙殺された世紀の証言1939-43

67
4.07
ヤン・カルスキ 2012年8月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

祖国を守るために命を賭してナチスと戦った、ポーランドレジスタンスの人びとの勇気、強靭な意志、団結心、愛国心に圧倒される想いだ。それとは対照的に連合国の人々... もっと読む

宇宙探査機 (ポピュラーサイエンス)

56
4.00

感想・レビュー

「はやぶさ」のプロジェクトリーダーの川口さんが、うちの会社に講演に来て頂いた時に紹介された本です。 宇宙好き、メカ好きには垂涎ものの本ですかね。 宇宙に... もっと読む

鉛を呑まされた男 (ニコラ警視の事件2) (ランダムハウス講談社文庫)

48
3.69

感想・レビュー

面白かったけど、やっぱり翻訳が不満… Google翻訳みたいな印象を持ってしまう。もう少し日本語として自然でこなれた読みやすい訳をつけてもらいたかった。フ... もっと読む

通過者 (BLOOM COLLECTION)

46
3.82

感想・レビュー

グランジェの作品は読んだのは初めながら、映画は数本見ていて十分面白かったのだが…本は別次元の完成度。 2段組、しかも細かいフォントで700ページ超で... もっと読む

ロワイヤル通りの悪魔憑き (ニコラ警視の事件3) (ランダムハウス講談社文庫)

43
3.75

感想・レビュー

少しの間、ミステリーを読む気分になれず 途中でつん読状態に。。 ニコラ警視の事件3は、なんだかとっても 切ない結末でした。 もっと読む

時空を超えて (小学館文庫)

41
3.88

感想・レビュー

30年前に失った女性、ずっと忘れられずにいる彼女にもう一度会うことが出来たら…? 2006年、ボランティアでカンボジアでの医療活動をしていた60歳の医師... もっと読む

タルタロスの審問官 (ランダムハウス講談社文庫 テ 1-1)

38
3.33

感想・レビュー

サイコキラー、スナッフムービー、プロファイリング、異常性愛、超常現象…ひとつひとつの要素は面白いのだが、詰め込み過ぎで、どれも今一歩中途半端な感じ。女性心... もっと読む

ショアーの歴史:ユダヤ民族排斥の計画と実行 (文庫クセジュ 982)

33
3.67

感想・レビュー

本文150ページほどとさして長い本ではない。しかし、途中から唸りながら読み、かなりの時間を掛けての読書となった。 ショアーはヘブライ語で惨事を意味す... もっと読む

七匹の蛾が鳴く (ランダムハウス講談社文庫)

32
3.83

感想・レビュー

前作から読めばよかった…。 蛾に始まり蜘蛛とか蚊とか節足動物てんこ盛りでゾワゾワしながら読んだ。そういう手口もありなのかと感心したりもしたんだけど、詳し... もっと読む

メッセージ そして、愛が残る (小学館文庫)

23
3.00

感想・レビュー

訳者のあとがきにの「当地フランスでも主に女性読者の圧倒的支持を得て、パリのメトロや、ことに夏場のバカンス先の浜辺で涙を誘い、それを目撃できる機会も少なくな... もっと読む

コットンをめぐる世界の旅――綿と人類の暖かな関係、冷酷なグローバル経済

20
2.40

感想・レビュー

コットンに関する歴史の本だと思って読み始めたら期待外れ。 文字通り「世界の旅」なのね。 読まずに返します。 もっと読む
全38アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×